English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2016年11月24日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2016年12月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2017年1月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:大木麻理
入場
無料
日時
曲目
  • J. S. バッハ: イタリア協奏曲 BWV 971から第1楽章(C. クロンプ編曲)
  • ハイラー: タンツ・トッカータ
  • シューマン: 『バッハの名による6つのフーガ』から 第3フーガ:柔らかな音色で
  • リスト: バッハの名による前奏曲とフーガ
出演
オルガン:大木麻理
入場
無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
 
平成28年度劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2016年12月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2017年1月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:大木麻理

東京芸術大学卒業、同修士課程修了。オルガンを菊池みち子、廣野嗣雄、椎名雄一郎、A.ガスト、M.ラドレスクに師事。DAAD、ポセール財団の奨学金を得てリューベック国立音楽大学、デトモルト音楽大学に留学し、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。大学院アカンサス音楽賞、「静岡の名手たち」受賞、マインツ国際オルガンコンクール第2位、第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝、第65回「プラハの春」国際音楽コンクール・オルガン部門第3位、併せてチェコ音楽財団特別賞受賞。日本のほか欧州各地で演奏を行っており、室内楽やオーケストラとの共演も多い。東京芸術大学教育研究助手、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員、日本福音ルーテル市ヶ谷教会オルガニスト。
http://mariohki.com/
~出演者メッセージ~
   ようこそサントリーホール・オルガンプロムナードコンサートにお越し下さいました!一昨年に引き続き2度目の出演となります。再びこの素晴らしいオルガンを演奏させて頂けることに大きな喜びを感じています。

   さて本日のプログラムは、皆さまがよくご存知のJ. S. バッハ『イタリア協奏曲』の第1楽章で幕を開けます。普段はチェンバロやピアノの演奏を耳にすることが多い作品ですが、本日はC.クランプによるオルガン編曲版をお楽しみ頂きます。この生気に満ちた音楽はバッハの生前中にも人々から絶大な人気を誇っていたそうです。

 『タンツ・トッカータ』を作曲したA.ハイラーはオーストリアのオルガニストとして、とりわけバッハ作品の演奏で高い評価を受けていました。ヒンデミットと同様に、現代的な手法と共に、バロック的な要素を音楽の中に取り入れています。「タンツ」とはドイツ語でダンスという意味で、その名前の通り、踊り狂うようなトッカータをオルガンならではの様々な音色でお聴き下さい。

   今も昔も多くの音楽家が憧れ、音楽の父として君臨するJ.S.バッハ。それはいつの時代においても同じでした。ロマン派を代表する作曲家シューマン、リストの両者もバッハへの畏敬の念を音楽で表現しています。B-A-C-Hという名前はシ♭-ラ-ド-シとそのまま音に置き換えることができ、本日演奏する2曲はその音列を主題として書かれた代表的な作品です。どちらの作品でもBACH主題が曲の冒頭から、最後まで形を変えながら何度も(執拗に…!)登場します。シューマン自身の祈りのような美しい『BACHの名によるフーガ』、そしてリストならではの超絶技巧で手も足も目まぐるしく鍵盤の上を駆け巡り、オルガンの最弱音から最強音を堪能出来る『BACHの名による前奏曲とフーガ』、サントリーホールのオルガンをフルに使い、2人の作曲家のバッハへの思いを皆さんにお届け致します。
   どうぞ最後までお楽しみください!
(大木麻理)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。