English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2016年7月21日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2016年9月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年10月27日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年11月24日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:野田美香
入場
無料
日時
曲目
  • コレア・デ・アラウホ: 第5旋法のティエント第5番
  • ムファット: トッカータ第7番
  • J. S. バッハ: 心よりわれは求めん BWV 727
  • カルク=エラート: 『大聖堂のステンドグラス』op.106 から第5曲「天使の挨拶」、第6曲「シオンよ、救い主を讃えよ」
出演
オルガン:野田美香
入場
無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
 
平成28年度劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2016年9月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年10月27日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年11月24日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:野田美香

武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ・プログラム修了。国内外のマスタークラスにて研鑽を積む。ソロ活動の他、オーケストラや吹奏楽団との共演、合唱の伴奏等を行う。佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラによるディズニーオフィシャルCD『ディズニー・オン・ブラス』にゲストミュージシャンとして参加。近年、柳澤文子とデュオを組み、連弾のコンサートも行っている。オルガンを酒井多賀志、池田泉、藤枝照久、三浦はつみ、志村拓生、早島万紀子に師事。ローランド・ミュージック・スクール及びトート音楽院渋谷クラシックオルガンコース講師。立正佼成会大聖堂オルガニスト。日本オルガニスト協会会員。
~出演者メッセージ~
   小型のパイプオルガンが長崎に上陸し、有馬に日本初のセミナリヨが設けられた頃、スペインに生まれたコレア・デ・アラウホは、セビリアやセゴビアでオルガニストとして活躍しました。彼の作品は『オルガン技法』に難易度順に収められています。“喜びを与える旋法”とされた第5教会旋法による対位法的な作品「ティエント」は、均整のとれたテーマがオクターブのカノンで始まり、装飾的な音型と躍動的に展開されます。
   ムファットは、フランスやイタリアでその当時の先端の音楽を学び、自身のスタイルを創り出しました。「トッカータ第7番」は、調性は統一されていますが、フランス風序曲を思わせる部分、和声的な部分や快活な舞曲風の部分で構成されています。
   J. S. バッハはオルガンにおいて、トッカータとフーガなどの自由作品と、コラールをもとにした作品を書きました。「心よりわれは求めん」の旋律は、『マタイ受難曲』でも使われている、キリスト受難のコラールです。
   ライプツィヒ音楽院の作曲家の教授であったカルク=エラートは、ドイツばかりでなく、イギリスとアメリカ合衆国でバッハ以来最も重要なオルガンの作曲家として評価されました。『大聖堂のステンドグラス』の第5曲「天使の挨拶」では聖母のお告げの祝日、そして第6曲「シオンよ、救い主を讃えよ」では聖体の祝日のためのグレゴリオ聖歌が用いられています。教会で歌われていたグレゴリオ聖歌を、“画家が描くような”色彩的な後期ロマン派の繊細かつ大胆な和声で仕上げた作品です。
(野田美香)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。