English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2015年10月22日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2015年11月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年12月17日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年1月14日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年2月25日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:中田恵子
入場
無料
日時
曲目
  • J. S. バッハ: 前奏曲とフーガ ト長調 BWV 550
  • メルニエ: インヴェンションⅡ
  • フランク: コラール第1番 ホ長調
出演
オルガン:中田恵子
入場
無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
  
平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2015年11月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年12月17日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年1月14日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2016年2月25日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:中田恵子

東京女子大学文理学部社会学科卒業後、東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。2011年に同大学院音楽研究科修士課程を卒業、その後渡仏。パリ地方音楽院で研鑽をつみ、2014年、審査員満場一致の最優秀の成績で演奏家課程を修了。これまでにオルガンを内海恵子、三浦はつみ、廣野嗣雄、廣江理枝、クリストフ・マントゥに師事。チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明、ノエル・スピートに師事。2013年にフランスのビアリッツにて行なわれた第11回アンドレ・マルシャル国際オルガンコンクールにて優勝。併せて優れた現代曲解釈としてGiuseppe Englert賞を受賞する。
日本キリスト教団鎌倉雪ノ下教会オルガニスト、玉川聖学院オルガニスト。
~出演者メッセージ~
   オルガン音楽と聞き、真っ先に浮かぶ作曲家といえばJ. S.バッハではないでしょうか。私も最も好きな作曲家、そしてオルガニストを志すきっかけとなった作曲家です。バッハのオルガン作品はバラエティに富みますが、本日は、若き日に書かれた、明るく溌剌としたエネルギー溢れる一曲、『前奏曲とフーガ』ト長調 BWV 550をお届けしたいと思います。私自身弾いていてフーガの途中あたりから自然と笑みが溢れてしまうくらい、元気をもらえる曲です!
   ベルギーに生まれたブノワ・メルニエは、今現役で活躍されているオルガニストであり作曲家です。『インヴェンションII』は彼がフランスで師事し、若くして亡くなったオルガニスト、ジャン・ボワイエ氏に捧げられていますが、同時に、インヴェンションという名からも連想されるようにJ. S. バッハへのオマージュでもあります。バッハは『インヴェンションとシンフォニア』の序文で、インヴェンションとは「探求・発見されるべき曲想」だと語っていますが、機械的なリズムで始まるこのメルニエの『インヴェンションⅡ』も、その後それがどのような展開を迎え、終着するかの探求が見事に描かれています。
   最後に演奏しますセザール・フランクもまた、バッハに魅せられた作曲家です。メルニエと同じくベルギーで生まれ、フランスで活躍しました。フランクは晩年「バッハのしたように、死ぬ前にオルガンコラールを書くつもりだ。しかし、バッハとはまったく違う方法で。」と弟子に言い残していました。彼の最後の完成作品となったこの『3曲のコラール』は、フランクの音楽遺書とも呼ばれます。
どうぞ、バッハで繋がる様々な世界、お楽しみください!
(中田恵子)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。