English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2015年3月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2015年4月16日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年5月14日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年6月25日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年7月16日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年9月10日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年10月22日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年11月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年12月17日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:中川紫音
料金
入場無料
日時
曲目
  • ミューテル: 幻想曲 ト短調
  • D. バック: フォスターのメロディー『故郷の人々』による変奏曲
  • J.S.バッハ: おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け BWV622
  • モーツァルト: 幻想曲 ヘ短調 K608
出演
オルガン:中川紫音
料金
入場無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
助成
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2015年4月16日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年5月14日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年6月25日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年7月16日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年9月10日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年10月22日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年11月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年12月17日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:中川紫音

東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了。安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。ドイツ・ブレーメン芸術大学音楽学部古楽オルガン科卒業、最優秀の成績にて国家演奏家資格取得。同大学にてオルガン科・教会音楽科助手を務めた。アメリカ・ニューヨーク州ロチェスター大学イーストマン音楽学校大学院修士課程演奏研究科在籍中には、オルガン科助手としてEROIフェスティバルの運営及び楽器保守作業に当たった。オルガンを今井奈緒子、廣野嗣雄、ハラルド・フォーゲル、ハンス・ダヴィットソンに師事。玉川聖学院オルガニスト、音楽科非常勤講師、オルガン教室講師。日本基督教団聖ヶ丘教会、桜新町教会オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
出演者メッセージ
   ミューテルはJ. S. バッハの最後の弟子のひとりで、バッハ作品の写譜などの重要な仕事を引き受けていました。師の死後、ドイツで引き続き勉強し、リガ(現在のラトビア共和国)で活躍しました。『幻想曲』にはオルガンの持ち味が随所に生かされており、手と足が鍵盤を縦横無尽に走り回ります。
   アメリカで最初期のコンサート・オルガニストとして全米各地で演奏を行ったバックの作品には、知られたメロディーに基づく変奏曲やオーケストラ作品などの編曲も多くあります。いずれの曲にも、彼の持っていた高い演奏技術を通してオルガンの魅力を伝えようとする心意気が感じられます。『「故郷の人々」による変奏曲』は、最初のテーマの後、4つの変奏曲からなり、テーマが右手、左手、ペダルのそれぞれによってつむがれます。
   受難節(レント)と呼ばれる今の時期に、世界各地のオルガニストによって愛され演奏される名曲、バッハの『おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け』。コラール旋律はたっぷりと装飾を施され、右手でしっとりと演奏されます。
   プログラムの最後には、モーツァルトの作品をお届けします。音楽家として様々な顔を持ち、オペラ、交響曲や器楽曲の作曲家として良く知られていますが、教会オルガニストを務め、高い演奏技術を持っていたとの記述も残されています。『幻想曲』はもともと自動オルガンのために作曲されました。手の大きさや技術的な限界を考慮せずに作られた“完全な”音楽をいかに人間が再現するのか、あくなきチャレンジに挑みます。
(中川紫音)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。