English
<キユーピー スペシャル>
サントリーホール ニューイヤー・コンサート2015 
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
出演を予定していたソプラノのアンドレア・ロストは、急性咽喉頭炎および急性声帯炎のため出演ができなくなりました。代わりまして、天羽明惠が出演いたします。また、それに伴い演奏曲目が一部変更になります。
どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。
日時
2015年1月3日(土) 14:00開演(13:00開場)
指揮
ルドルフ・ビーブル
出演
ソプラノ:天羽明惠
テノール:メルツァード・モンタゼーリ
ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ団メンバー
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
料金
S10,000 A8,000 B6,000 C5,000
日時
曲目
  • J.シュトラウスⅡ: オペレッタ『こうもり』序曲
    : オペレッタ『ヴェネツィアの一夜』から「優美なヴェネツィアよ」
    : オペレッタ『こうもり』から「侯爵様、あなたのような方は」
    : ワルツ『春の声』 op.410
    : ワルツ『ウィーンの森の物語』 op.325
    : 新ピツィカート・ポルカ op. 449
    : ワルツ『美しく青きドナウ』 op.314
  • スッペ: オペレッタ『ボッカチオ』序曲
  • レハール: オペレッタ『ジュディッタ』から「友よ、人生は生きる価値がある」
    : オペレッタ『メリー・ウィドウ』から愛のワルツ「ときめく心に唇は黙し」、他
指揮
ルドルフ・ビーブル
出演
ソプラノ:天羽明惠
テノール:メルツァード・モンタゼーリ
ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ団メンバー
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
料金
S10,000 A8,000 B6,000 C5,000
会場
大ホール
主催
サントリーホール
協賛
キユーピー株式会社
後援
オーストリア大使館、ウィーン在日代表部、ウィーン市観光局
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
ソプラノ:天羽明惠
超絶的なコロラトゥーラとリリックな声を併せ持ち、内外で高い評価を得ているソプラノ歌手。1995年ソニア・ノルウェー女王記念国際音楽コンクール優勝。ジュネーヴ大劇場、ドレスデンのザクセン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパーなどヨーロッパ各地の歌劇場や音楽祭に出演。国内でも新国立劇場、サントリーホールのホール・オペラなどへ定期的に登場し、主要なオーケストラの定期公演にもソリストとして出演している。1999年度アリオン賞、2003年新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。サントリーホール オペラ・アカデミー コーチング・ファカルティとして、若手の指導にも力を入れている。
テノール:メルツァード・モンタゼーリ
ウィーンのシューベルト音楽院、ウィーン音楽大学で学ぶ。フォルクスオーパーには2004/05年シーズンにデビュー。08年6月に行われた日本公演『マルタ』のライオネル役では、その類まれな歌唱と容姿があいまって絶賛を博した。フォルクスオーパーのニューイヤー・コンサートへの出演は、テノールとしては最多を数え、09年、10年、12年、14年と日本の聴衆に受け入れられ昨年に引き続き5度目の登場となる。
指揮:ルドルフ・ビーブル
ウィーン・フォルクスオーパー名誉指揮者。1973年より専属指揮者となり、同劇場の “オペレッタ黄金時代”を築く。95年から音楽監督を務める「メルビッシュ湖上オペレッタ」を“ウィンナ・オペレッタ”のメッカにした功績等により、オーストリア科学・芸術功労十字賞(第一等)授与。85歳を迎えた今もなお、ウィンナ・ワルツ独特の三拍子やテンポの良さで観客を魅了し、50曲ものオペレッタを暗譜しているという伝説の指揮者。今回で、フォルクスオーパー響との日本ツアーは引退する。
管弦楽:ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
ウィーン・フィルと並び世界最高のウィンナ・ワルツ、ポルカを聴かせてくれるこの楽団は、ウィーンを代表するオペラ、オペレッタハウスとして1898年に皇帝フランツ・ヨーゼフ即位50年を記念して創設されたウィーン・フォルクスオーパー(国民劇場)のオーケストラ・メンバーにより結成。毎年、お正月の日本にウィーンの薫りを届けてくれる。
舞踏:ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ団メンバー
ウィンナ・ワルツの研究と継承、及び典型的なウィンナ・ダンスの保護を目的としてウィーン・フォルクスオーパーを母体に結成されたバレエ団。今回も選りすぐりの2組のペアが、ニューイヤーの舞台に登場する。
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。