English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2014年10月30日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2014年11月20日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年12月18日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年1月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年2月12日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:高橋博子
料金
入場無料
日時
曲目
ムファット(1653~1704):トッカータ 第1番
J. S. バッハ(1685~1750):トッカータ ホ長調 BWV 566
J. S. バッハ:コラール「愛するイエスよ、私たちはここにいます」 BWV 731
ブルーンス(1665~97):プレリューディウム ト長調
出演
オルガン:高橋博子
料金
入場無料
会場
大ホール
後援
港区
助成
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2014年11月20日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年12月18日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年1月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年2月12日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2015年3月19日(木) 12:15~12:45
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:高橋博子

渋谷教育学園幕張高等学校、東京芸術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院修了。安宅賞受賞。明治安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団の奨学金を得て、ドイツ国立ハンブルク音楽大学を卒業し、さらに平和中島財団奨学生として同大学の国家演奏家試験を最優秀で合格。
オルガンを今井奈緒子、W.ツェラー、ハルモニウムを伊藤園子に師事。
1999年ツェレ・ニーダーザクセン国際オルガニスト・コンクール、2000年北ドイツ放送局音楽賞国際コンクール共に優勝。審査員長であったG.レオンハルトから絶賛される。
現在、新宿文化センター専属オルガニスト、明治学院非常勤オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
出演者メッセージ
   秋風の立つころとなりました。一年の中でもわずかな、過ごしやすい気持ちの良い時期ですよね。
   さて、今回はこの気候のような、サラッと適度な湿度の(?)作品を選んでみました。久々にドイツ・バロックのものばかり!             
   まずはムファット。北のブクステフーデに並ぶ、南のムファットとして頂点に立つ人物です。フランスとイタリアの音楽様式を吸収したコスモポリタンなムファットは、両国の様式をいち早くドイツに紹介した音楽家として知られます。彼のトッカータ第1番は何と言っても、中盤から現れる気が狂ったような速いパッセージが印象的です。トッカータの語源である、“触れる”という意味のtoccareそのもの。とにかく鍵盤の上をめいっぱい駆け回ります。
   続いてJ. S. バッハのトッカータを。トッカータ ホ長調 BWV 566(前奏曲とフーガと呼ばれることもあります)は、彼がまだ20歳代だった1706年頃に作られたと考えられます。ホ長調とハ長調の手稿譜が残されているこの作品には、北ドイツ・オルガン楽派の強い影響が感じられます。そしてもう一曲は、同じくバッハのコラール作品「愛するイエスよ、私たちはここにいます 」BWV 731です。バッハは、このコラールに基づく編曲を4つ残していますが、その中でこのBWV 731が最も有名かもしれません。
   最後はブルーンス、バッハに多大な影響を与えた“北ドイツ・オルガン楽派”の一人です。残されている数少ないオルガン曲には、天賦の独創性が随所に現れており、若くして世を去ったことが惜しまれます。プレリューディウム ト長調は、即興的で華々しい技巧を披露した幻想様式の部分と、同一テーマの変奏による二つのフーガを交互に配置した5部分構成で、両足で二声を受け持つダブル・ペダルの技法、ヴァイオリンの奏法を模倣した音型などが用いられ、若々しい明るくはつらつとした作品です。
ドイツ・オルガン黄金時代の作品を満喫して頂けましたら嬉しいです!!!
(高橋博子)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。