English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2014年7月24日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2014年9月18日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年10月30日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年11月20日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年12月18日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
リオネル・アヴォ
料金
入場無料
日時
曲目
ムソルグスキー(1839~81)/ヴァンサン・ジャンヴラン編曲:『展覧会の絵』から「キエフの大門」
ベートーヴェン(1770~1827)/イヴ・ラファルグ編曲:交響曲第7番 op. 92から 第2楽章:アレグレット
フランク(1822~90):カンタービレ
フランク(1822~90):英雄的小品
出演
リオネル・アヴォ
料金
入場無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
助成
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2014年9月18日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年10月30日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年11月20日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年12月18日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:リオネル・アヴォ

1988~92年リール地方音楽院にてJ. ボワイエ、A. ウルトマットにオルガンを師事。金メダルとパーフェクショヌモンのプリを取得。98年オランダの聖パーヴォ大聖堂のコンクール第3位。またビアリッツ、ヴィリニュス(リトアニア)の現代音楽国際コンクール入賞。パリのノートルダム大聖堂、サン=シュルピス教会、リガの大聖堂(ラトヴィア)やリューネブルクの聖ヨハネ教会(ドイツ)など各地で演奏活動を行う。現在エピネイ・シュール・オルジュのJ. アラン音楽院教授、ミュータン・カヴァイエ=コル・オルガンのあるパリのエトワール教会のオルガニスト。2010年にC. フランクのCD (Editions Hortus)をリリース。
出演者メッセージ
    『展覧会の絵』は、ヴィクトル・ハルトマンによる絵画展の印象を音楽に仕立てたものです。ハルトマンはムソルグスキーが親交を結んだ画家で、1873年、39歳の若さで亡くなりました。その翌年、サンクトペテルブルクの美術アカデミーで開催された彼の遺作展に行ったムソルグスキーは、そこで見た絵に触発されてこの作品を作曲しました。原曲はピアノ曲で、モーリス・ラヴェルによるオーケストレーションがよく知られていますが、本日演奏するのは、私の友人のオルガニスト、ヴァンサン・ジャンヴランによるオルガンのための編曲です。力強い終曲「キエフの大門」をお聴きいただきます。
   ベートーヴェンの交響曲第7番は、ボヘミアの温泉地テープリッツで静養中の1811~12年に作曲されました。第2楽章のアレグレットは、初演時にもっとも評判が高く、アンコールを求められました。その後も交響曲の演奏とは別に、単独でも頻繁に演奏されています。本日聴いていただくオルガン版は、札幌コンサートホールの第2代専属オルガニスト(1999~2000年)として日本との強い絆を築いたリヨンのオルガニスト、イヴ・ラファルグによる編曲です。
    作曲家、ピアニスト、オルガニスト、教師として功績を残したフランクは、1858年から1890年に亡くなるまで、サント・クロティルド教会のオルガニストを務めました。彼が、フランスの著名なオルガン建造家カヴァイエ=コルの3段手鍵盤オルガンに出会ったのはこの教会です。『カンタービレ』と『英雄的小品』は、1878年、パリ・トロカデロ宮のカヴァイエ=コル・オルガン披露演奏会のために作曲され、フランク自身によって初演された作品です。

(リオネル・アヴォ)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。