English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2014年1月23日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2014年2月20日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年3月13日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年4月10日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年5月15日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:浅井美紀
料金
入場無料
日時
曲目
メシアン(1908~92):永遠の教会の出現
サン=サーンス(1835~1921)/浅井美紀編曲:アヴェ・マリア
フランク(1822~90):コラール第1番 ホ長調
出演
オルガン:浅井美紀
料金
入場無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
助成
平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2014年2月20日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年3月13日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年4月10日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2014年5月15日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:浅井美紀

東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。安宅賞およびアカンサス音楽賞受賞。横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ修了。オルガンを池田泉、廣野嗣雄、早島万紀子、三浦はつみ、チェンバロを故小島芳子、通奏低音を今井奈緒子、廣野嗣雄に師事。これまでに、東京芸術大学助手、青山学院高等部講師をつとめた。現在、青山学院高等部オルガニスト、水戸芸術館主催「幼児のためのパイプオルガン見学会」オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
出演者メッセージ
   1月のオルガンプロムナードコンサートでは、メシアン、サン=サーンス、フランクの作品をお届けいたします。いずれもフランス音楽を代表する作曲家であるとともに、オルガニストとしても歴史に名を残した人物です。本日のプログラムを通して、フランス音楽の香りとサントリーホールの大オルガンの色彩豊かな響きをご堪能頂けましたら幸いです。
   メシアンは1931年、22歳の若さでパリの聖トリニテ教会のオルガニストに就任し、その後60年以上も務めています。『永遠の教会の出現』は1932年、若き日の作品です。メシアンは同年、最初の妻クレール・デルボスと結婚しています。神秘的な音の塊が重厚な推進力とともに音量を増す時、私たちの前にはその音色によって壮麗な「教会」が描かれます。
サン=サーンスは1857年、やはり22歳の若さでパリのマドレーヌ教会のオルガニストに就任し、即興演奏などで大活躍します。『アヴェ・マリア』はオルガン独奏用ではありませんが、本日は編曲して演奏いたします。気高く透明感のある旋律が、私たちを優しく包み込んでゆきます。
   フランクは1858年、パリの聖クロティルド教会のオルガニストに就任し、最晩年に至るまでその職を全うします。1890年、交通事故に遭ってしまったフランクはそれでも作曲を続け、同年11月にこの世を去ります。その時に書かれていたのがコラール 第1番を含む『3つのコラール』であると言われています。音楽に、そしてオルガンに真摯に向き合ったフランクの生き様が、その作品を通して映し出されます。
(浅井美紀)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。