English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2013年6月20日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2013年7月11日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年9月19日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年10月10日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年11月14日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年12月12日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
水野均(Org)
料金
入場無料
日時
曲目
  • J. S. バッハ(1685~1750): 前奏曲とフーガ ニ短調 BWV539
  • 石田秀実(1950~):フローズン・シティーⅡ
  • マンツ(1919~2009):アリア
  • デュボア(1837~1924):『オルガンのための12の小品集』(1889)から 「トッカータ」
出演
水野均(Org)
料金
入場無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
助成
平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2013年7月11日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年9月19日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年10月10日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年11月14日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2013年12月12日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:水野均

国立音楽大学器楽科オルガン専攻および同大学院音楽研究科器楽専攻修了。ミラノ市立音楽院古楽器科に留学。東京芸術大学音楽学部大学院音楽研究科後期博士課程修了。オルガンを廣野嗣雄、吉田實、L. ギエルミに師事。日本、ヨーロッパ各地でソリストとしての演奏活動、オーケストラ、室内楽、合唱との共演など活発に行っている。またこれまで、盛岡市民文化ホール、カザルスホールの専属オルガニストとして、オルガン音楽の啓蒙活動の一環として、数多くのコンサートの企画およびコーディネートに携わる。2002年SACD「アーレントオルガン at カザルスホール」をリリース、10年CD「バッハ at カザルスホール」をリリース。桐朋学園大学音楽学部古楽器科講師、盛岡市民文化ホールオルガン・アドヴァイザー。日本基督教団早稲田教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。
出演者メッセージ
   今回は、サントリーホールのオルガンの多彩な音色と幅広い表現力を楽しんで頂くプログラムで構成しました。

   J. S. バッハの前奏曲とフーガ ニ短調は、手鍵盤のみで演奏される短い前奏曲と、『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第1番』BWV1001の第2曲フーガで構成されています。特にフーガは、ヴァイオリン作品がもつ弦楽器特有の演奏技法が、オルガン版においても充分に表現され、またペダルの使用によって低音域が充実され、各声部の動きがより明確に聞こえる編曲がなされているのが特徴です。

   石田秀実の作品は、音を意図的に操り何かを表現するものではなく、人の創造力の世界に生きる音そのものの存在を認識し、音の姿や性質を捉えようと思いを凝らすことによって生み出されます。何かを超越したような独特の世界観が感じられるばかりではなく、音を確実に有機質化して扱う作曲者の美学には、むしろ音への愛情さえ感じられます。フローズン・シティーⅡは、足鍵盤上で「レ音」が絶えず演奏されるなか、手鍵盤上で確実な必然的存在を有した音が、様々な響きとなって繰り広げられます。

   マンツは、20世紀を代表するアメリカの作曲家で、アリアは、独奏楽器と弦楽アンサンブルによる協奏曲の緩徐楽章を感じさせる作品です。美しさと甘美に満ちた旋律が、静かな伴奏を伴って、表情豊かに歌われます。

   デュボアは、フランクやサン=サーンスの後任を務めたオルガニストで、デュカスやフロラン・シュミットなどを育てた教育者でもあり、また作曲者として数多くの宗教作品を残しています。トッカータは、フランスのシンフォニック・オルガンの荘重な響きをもちながら、非常に快活で親しみやすい作品です。
(水野均)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。