English
CMGスペシャル
車いす利用者のための室内楽演奏会
~東京都立特別支援学校の方々を迎えて~
日時
2013年6月13日(木) 11:30 開演
出演
ヴァイオリン:渡辺玲子
チェロ:堤剛
ピアノ:林絵里
入場
関係者のみ
渡辺玲子
©Yuji Hori
日時
内容
この公演は、昨年9月にサントリーホールで開催された「ストラディヴァリウス・コンサート(主催:読売新聞社、特別協力:日本音楽財団)」からの寄付金を用いて開催します。
日頃コンサートホールで生の演奏に触れる機会の少ない、車いす利用者の方々をお招きして、思う存分に音楽を楽しんでもらいたいという主旨のもと、ヴァイオリニストの渡辺玲子さんに選曲、演奏をお願いしました。
今回は、東京都教育庁のご協力をいただき、都内にある都立肢体不自由特別支援学校の中高生の方々をお招きします。
演奏者と聴衆の距離が近いブルーローズの特性を生かして、世界最高レべルの室内楽の響きを、肌で感じていただければと思います。

各都立肢体不自由特別支援学校に、ご案内させていただいておりますが、
個別(家族単位)でのご参加をご希望の方は、下記までお問い合わせください。
東京都立光明特別支援学校 03-3323-8421
出演
ヴァイオリン:渡辺玲子
チェロ:堤剛
ピアノ:林絵里
入場
関係者のみ
会場
ブルーローズ
主催
サントリーホール
お問い合わせ
サントリーホール 企画制作部 03-3505-1010(平日10時~18時)
ヴァイオリン:渡辺玲子

©Yuji Hori
超絶的なテクニック、玲瓏で知的な音楽性、切れ味鋭い官能性と幅広いレパートリーで、世界のヴァイオリン界をリードする逸材。1984年ヴィオッティ、86年パガニーニ両国際コンクールで最高位を受賞。これまでにワシントン・ナショナル響、ロザンゼルス・フィル、セントルイス響、ヴァンクーヴァー響、フィルハーモニア管、BBC響、ウィーン・トーンキュンストラー管、ロシア・ナショナル管、バンベルク響、NHK響、香港フィルなどと共演。中でもシノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレ、サンクトペテルブルク響との共演はCDもリリースされ、大好評を博した。秋田の国際教養大学特任教授(秋学期)。2005年第35回エクソン・モービル音楽賞奨励賞受賞。ニューヨーク在住。日本音楽財団より貸与されたストラディヴァリウス 1725年製ヴァイオリン「ウィルヘルミ」を貸与されている。http://www.reikowatanabe.com/
チェロ:堤剛

©鍋島徳恭
名実ともに日本を代表するチェリスト。桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋学園高校音楽科を通じ齋藤秀雄に師事。1961年アメリカ・インディアナ大学に留学し、ヤーノシュ・シュタルケルに師事。63年よりシュタルケル教授の助手を務める。同年ミュンヘン国際コンクールで第2位、ブダペストでのカザルス国際コンクールで第1位入賞を果たし、現在に至るまで、日本、北米、ヨーロッパ各地、オーストラリア、中南米など世界各地で定期的に招かれている。2013年は、みなとみらいホールでのJ.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を行うなど、益々精力的に活動の場を広げている。レコード録音における活躍も目ざましく、『バッハ無伴奏チェロ組曲全6曲』、『ベートーヴェン・チェロ・ソナタ全集』などで数々の受賞歴を誇るほか、10年には演奏活動60周年記念盤「アンコール」、12年には最新作「オリオン」(ともにマイスターミュージック)がリリースされ、絶賛を浴びている。09年秋の紫綬褒章を受章。また同年、天皇陛下御在位二十年記念式典にて御前演奏を行った。01年より霧島国際音楽祭音楽監督。1988年秋より2006年春までインディアナ大学の教授を務め、04年4月より桐朋学園大学学長の任にある。07年9月、サントリーホール館長に就任。日本芸術院会員。
ピアノ:林絵里

東京生まれ。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。1986年第8回チャイコフスキー国際音楽コンクールのチェロ部門で、最優秀伴奏者賞を受賞。91年ミュンヘンにて、ワルター・ノータスに師事。これまで、スティーブン・イッサーリス、エドアルド・メルクス、エリック・シューマン、徳永二男をはじめ、数多くの演奏家と共演。現在、国内外で共演ピアニストとして活躍中。
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。