English
サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン
レインボウ21 インターナショナル 
サントリーホール デビューコンサート2013
ウィーン国立音楽大学
日時
2013年6月11日(火) 19:00 開演 (18:20開場)
出演
ウェーベルン木管五重奏団
アダマス・クァルテット(弦楽四重奏団)
トリオ・フリューシュチュック(ピアノ・トリオ)
応募要項
300名様 無料ご招待 ※往復はがきで申込受付します。5月15日(水)必着、応募多数の場合は抽選。【受付終了】
【応募方法】 
往復はがきに(1)~(6)を記入のうえ、お送りください。
(1)希望人数(1名または2名)
(2)住所 
(3)氏名 
(4)年齢 
(5)電話番号 
(6)この公演を何でご覧になったか

送付先:〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1 サントリーホール 
「レインボウ21インターナショナル」係 

応募締切:5月15日(水)必着
当選発表:5月27日(月)以降、返信はがきでお知らせします。

お問合せ:サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017

*往復はがき<返信>の「宛名面」に応募者のご住所・お名前をご記入ください。裏面には何も記入しないでください。
*応募は往復はがきのみ、電話やインターネットでは受け付けません。 
*未就学児の方はご応募・ご来場いただけません。
*ご記入いただいた個人情報は、お申込みの確認、抽選・発表の管理と、お申し込みに関するお客様との連絡にのみ利用させていただきます。 公演終了後に全ての個人情報は速やかに破棄いたします。
日時
曲目
  • ベートーヴェン: 弦楽五重奏曲 変ホ長調 op.4(レヒトマン編曲による木管五重奏版)
  • リゲティ: 6つのバガテル
  • コルンゴルド: 弦楽四重奏曲第2番 変ホ長調 op.26
  • ブラームス: ピアノ・トリオ第3番 ハ短調 op.101
出演
ウェーベルン木管五重奏団
アダマス・クァルテット(弦楽四重奏団)
トリオ・フリューシュチュック(ピアノ・トリオ)
応募要項
300名様 無料ご招待 ※往復はがきで申込受付します。5月15日(水)必着、応募多数の場合は抽選。【受付終了】
【応募方法】 
往復はがきに(1)~(6)を記入のうえ、お送りください。
(1)希望人数(1名または2名)
(2)住所 
(3)氏名 
(4)年齢 
(5)電話番号 
(6)この公演を何でご覧になったか

送付先:〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1 サントリーホール 
「レインボウ21インターナショナル」係 

応募締切:5月15日(水)必着
当選発表:5月27日(月)以降、返信はがきでお知らせします。

お問合せ:サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017

*往復はがき<返信>の「宛名面」に応募者のご住所・お名前をご記入ください。裏面には何も記入しないでください。
*応募は往復はがきのみ、電話やインターネットでは受け付けません。 
*未就学児の方はご応募・ご来場いただけません。
*ご記入いただいた個人情報は、お申込みの確認、抽選・発表の管理と、お申し込みに関するお客様との連絡にのみ利用させていただきます。 公演終了後に全ての個人情報は速やかに破棄いたします。
会場
ブルーローズ
主催
サントリーホール
後援
オーストリア大使館、ウィーン在日代表部
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
ウェーベルン木管五重奏団

2011年創設。オーストリア外務省の2012-13プログラム「New Austrian Sound of Music」のサポートを得て国外への演奏旅行を実施。12年ヨーゼフ・ウィンデッシュ室内楽コンクール第1位。13年3月にはウィーン楽友協会へのデビューを予定。

【フルート:マリア・ヤウク】 オーストリア生まれ。2003年よりウィーン国立音楽大学で音楽教育、声楽、フルートを専攻。06年から本格的にフルートを同音楽大学のギスラー・ハーゼに師事。
【オーボエ:ユリア・ツールス】 ウィーン生まれ。6歳でピアノを、13歳からオーボエのレッスンを始める。2003年からウィーン国立音楽大学のリーンバッハーに師事。
【クラリネット:ベルンハルト・ミットメッサー】 1991年オーストリア生まれ。99年からミュラーのもとでクラリネットを始め、2007年からウィーン国立音楽大学のヒントラー教授の門下生となる。
【ファゴット:ヨハネス・ホーフバウアー】 ザルツブルク出身。2007年からウィーン国立音楽大学のガラー教授に師事。2009年ミュンヘン・フィルのインターンシップを得る。国内のオーケストラとの共演多数。
【ホルン:アルミン・ベルガー】 ウィーン生まれ。2006年ザルツブルクでジュニス・オーケストラのサマー・キャンプに参加。現在、研鑽を積む傍らウィーン国立歌劇場やザルツブルク音楽祭で活躍。
アダマス・クァルテット(弦楽四重奏団)

2004年結成。09年シューベルト国際コンクールで優勝及び最優秀解釈賞。10年、ペンデレツキの弦楽四重奏曲第2番の演奏で「ポーランド音楽賞」を受賞。12年ドイツの国際コンクールVerfemte Musik 2012において優勝及び特別賞を受賞。

【ヴァイオリン:クラウディア・シュヴァルツル】 1985年グラーツ生まれ。ザルツブルク・モーツァルテウムのシュミット教授にヴァイオリンを、室内楽をウィーン国立音楽大学のマイスル教授に師事。
【ヴァイオリン:ヴェロニカ・ヴィンコア】 リンツのブルックナー音楽院にて研鑽を積み、2007年からウィーン国立音楽大学にてコヴァシッチに師事。勉学の傍ら現在ソロ、室内楽、オーケストラで活躍している。
【ヴィオラ:アンナ・デカン】 1983年ウィーン生まれ。7歳からヴァイオリンを始める。2008年よりウィーン国立音楽大学でフュールリンガー教授とヴィンコア教授にヴィオラを、マイスル教授に室内楽を師事。
【チェロ:ヤコブ・ギスラー】 1982年生まれ。7歳からチェロを始める。ウィーン国立音楽大学エルベン教授とアイヒンガー教授に師事。2007年からアダマス・クァルテットのメンバー。
トリオ・フリューシュチュック(ピアノ・トリオ)

2010年に結成。ウィーン古典派や多彩なジャンルの現代音楽などに取り組む。11年ブラームス国際コンクールで特別賞を受賞。オーストリアやヨーロッパ全土で幅広く活動し、現代音楽の作曲家とも共同している。

【ヴァイオリン:マリア・サヴェルタール】 ウィーン生まれ。ウィーン国立音楽大学にてアルテンブルガーに師事。奨学金を得てカナダに留学。2010年、カメラータ・ザルツブルクのメンバーとなる。
【チェロ:ゾフィー・アブラハム】 1986年オランダ生まれ。2010年ウィーン国立音楽大学に入学。ラインハルト・ラツコーに師事。
【ピアノ:クララ・フリューシュチュック】 ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でピアノを、ウィーン国立音楽大学で室内楽を学ぶ。2010年、トリオ・フリューシュチュック結成。
指導教官:ヨハネス・マイスル(ヴァイオリン)
ウィーン国立音楽大学を最優秀の成績で卒業後、アメリカで更に研鑽を積む。1982年よりアルティス・カルテットのメンバー。ソリストとしても活躍しており、グランプリ・ドゥ・ディスク、ディアパソン・ドール、ドイツ・レコード大賞などを受賞。現在、ウィーン国立音楽大学教授、ECMA(ヨーロッパ室内楽アカデミー)芸術監督などを務め、芸術・教育活動を通して、文学、文化、歴史、学理や哲学と、様々な分野の演奏・舞台芸術を結びつける役割を果たす為に尽力を注いでいる。近年では指揮者としても活動。
聴きどころ
19世紀初頭にウィーン楽友協会(ウィーン・フィルの本拠地)音楽院として創設されて以来、ウィーンを舞台に活躍した作曲家、演奏家、指揮者を次々輩出。ウィーン独特の音楽づくりを支える優れた芸術家の生まれるところとして、今日も国内外から優秀な人材が集うウィーン国立音楽大学。ウィーン・フィルメンバーの多くがこの卒業生であり、ドイツ・オーストリアの音楽伝統が息づくキャンパスで学ぶ若者たちは、その継承者としての誇りと実力を備えた俊英です。
18世紀から現代にわたってウィーンにゆかりのある、ベートーヴェン、リゲティ、コルンゴルド、ブラームスという4人の作曲家を取り上げ、ウィーンの今を生きる若者たちの木管五重奏、弦楽四重奏、ピアノ・トリオの3組の競演で聴かせます。
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。