~日本オーストリア友好150周年記念~

音楽のある展覧会

ウィーン楽友協会アルヒーフ展「19世紀末ウィーンとニッポン」

特別写真展「素顔のウィーン・フィル」

~日本オーストリア友好150周年記念~

音楽のある展覧会

ウィーン楽友協会アルヒーフ展「19世紀末ウィーンとニッポン」

特別写真展「素顔のウィーン・フィル」

  • ホテルオークラ東京<アスコットホール>での展覧会の様子

サントリーホールは、今秋、日本とオーストリアの友好関係150周年を記念した特別展覧会を、ホテルオークラ東京(別館)にて開催します。
サントリーホールとウィーン楽友協会(ムジークフェライン)は、2006年以来のパートナーシップ提携により、音楽の強い絆を結んでいます。
今回の展覧会では、「ウィーン楽友協会 アルヒーフ・図書館・コレクション」が収集する自筆譜や手紙、絵画や写真などの貴重な音楽資料を公開します。あわせて、ウィーン楽友協会を本拠地とするウィーン・フィルメンバーの、バックステージでの素顔を切り取った写真の数々を展示します。

会期

2019年11月2日(土)~11月17日(日)

会場

ホテルオークラ東京 別館地下2階 <アスコットホール>

ウィーン楽友協会アルヒーフ展「19世紀末ウィーンとニッポン」

ウィーン楽友協会は1812年の創設以来、音楽に関するあらゆる資料の体系的な収集を活動の大きな柱として掲げており、当然、日本に関する資料も当初から収集対象となっています。
19世紀末、世界中の文化交流が進んだこの時代、開国したばかりの日本にヨーロッパ文化の波が押し寄せる一方、ウィーンでも万国博覧会などを通して日本が紹介され、数多くの芸術家や建築家に影響を与えました。ブラームスやブルックナー、リスト、J.シュトラウスやリヒャルト・シュトラウスは、まさにこの時代のウィーンを生きた作曲家達です。
展覧会では、この時代から現代に至るまでの、ウィーンにおける様々なニッポンの知られざる痕跡を音楽・芸術の視点で辿ります。

展覧会会期中には、ウィーン楽友協会アルヒーフ室長のオットー・ビーバ博士、副室長のイングリッド・フックス博士によるレクチャーや、ウィーン・フィルメンバーによるギャラリーコンサートなど、音楽交流の歴史が「聴こえる」展覧会ならではのイベントも予定しています。

ウィーン楽友協会アルヒーフでの展覧会『日本におけるオーストリアの音楽、オーストリアにおける日本の音楽』(6月22日まで開催)より

特別写真展「素顔のウィーン・フィル」

1956年以来定期的に日本での演奏会を行っているウィーン・フィル。そのツアーの合間に、舞台裏で撮りためたポートレートを公開します。メンバー達の楽屋でのひとコマ、生き生きした素顔が垣間見られる秘蔵写真の数々にご期待ください。

【主催】サントリーホール
【協力】ウィーン楽友協会、株式会社ホテルオークラ東京、サントリー美術館、他