ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2018

ダイワハウス スペシャル

フランツ・ウェルザー=メスト指揮

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

2018年11月15日(木)~11月24日(土)

公演情報

2年ぶりとなる
「ウィーン・フィルハーモニー 
ウィーク イン ジャパン」。
本年の公演には、2014年まで
ウィーン国立歌劇場の音楽総監督として活躍し、
ウィーン・フィルと強い信頼関係で結ばれている
フランツ・ウェルザー=メストが登場します。
オープニングとして開催する、
ウィーン・フィルメンバーによる
オペラの名曲を中心とした
室内楽公演にも、
どうぞご期待ください。

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2018 オープニング

室内楽スペシャル

《ウィーン・フィル オペラを謳う》

今年より、新たに「ウィーン・フィルハーモニー ウィ一ク イン ジャパン」のオープニング公演として、特別な一夜をお届けします。今回開催するのは『室内楽スペシャル』と銘打って、ウィーン・フィルのほぼ全てのパートが出演する豪華な室内楽のコンサートです。
ウィーン・フィルの室内楽の取組みとしてはウィ一ン国立歌劇場、ウィ一ン楽友協会で定期的に演奏会が開催されていますが、日本においてウィーン・フィルとしての公式的な室内楽公演は初めてとなります。ウィ一ン国立歌劇場管弦楽団の精鋭が集まるウィーン・フィルのメンバーならではの、オペラの名曲を中心とした、まさに「オペラを謳う」楽しい室内楽をご堪能ください。

11月19日(月)19:00 開演 ※チケット購入はこちらから

R. シュトラウス
オペラ『カプリッチョ』作品85 より 弦楽六重奏曲
ビゼー
オペラ『カルメン』より(コントラバス四重奏)
ポッパ一
演奏会用ポロネーズ 作品14(チェロ四重奏)
マスカーニ
オペラ『カヴァレリア・ルスティカー ナ』より 間奏曲(チェロ四重奏、ハープ)
ワーグナ一
オペラ『ローエングリン』WWV 75より 前奏曲(ヴァイオリン・アンサンブル)
モーツァルト
ハルモニームジ一クによるオペラ・メドレ一(オペラ『フィガロの結婚』K. 492 より)(木管アンサンブル)
ワーグナ一
『ヴェーゼンドンク歌曲集』WWV 91より第5曲「夢」(室内アンサンブル)
ワーグナ一
『ジ一クフリート牧歌』 WWV 103(室内アンサンブル)
ウェーバー
オペラ『魔弾の射手』J. 277 より「狩人の合唱」(ホルン四重奏)
バーンスタイン
ミュージカル『ウェストサイド•ストーリ一 』より シンフォニック・ダンス(打楽器アンサンブル)
フライベルク
『出航のファンファ一レ』(トロンボーン・アンサンブル)

~ ウィーン・フィル楽団長 ダニエル・フロシャウアー インタビュー ~

宮本 明(音楽ライター)

今年の「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン」は、このシリーズで初めての試みとなる楽団員による室内楽公演、「室内楽スペシャル 〜ウィーン・フィル オペラを謳う」で幕を開けます(11月19日・大ホール)。6月中旬、キュッヒル・クァルテットの一員(第2ヴァイオリン)として「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」に出演した、ウィーン・フィル楽団長のダニエル・フロシャウアーさんが、公演の魅力、そして予定されている演奏曲目について、1曲ずつ、たっぷりと話してくれました。

もっと見る

ウィーン・フィルと室内楽

オーケストラは大きな室内楽です。お互いによく聴き合うことが大切なのです。そして私たちはオペラで演奏するオーケストラです。オペラではいつも、歌手をよく聴いて演奏しなければなりません。たとえ指揮者がどう振ろうとね(笑)。それは単に合わせるという意味だけではなく、歌手と一緒に歌うことで、より良い、いつもと違うものが出てくるんですね。ですから、室内楽とオペラはとても似ています。R. シュトラウスやワーグナーの分厚い大編成のオーケストラでも、必ず歌手を聴かなければなりませんから。
ウィーン・フィルにはとても長い室内楽の歴史があります。たとえば私は今夜ブラームスのピアノ五重奏曲を演奏しますが(編注:6月14日、キュッヒル・クァルテットと福間洸太朗によるブラームス・ツィクルスⅡ)、ワーグナーが、ブラームス自身がピアノを弾くあの曲をウィーンで聴いた時、ヴァイオリンを弾いていたのはウィーン・フィル草創期のコンサートマスターで指揮者だったゲオルク・ヘルメスベルガーでした。そしてそのヘルメスベルガーたち初期メンバーの何人かは、ヴァイオリンをヨーゼフ・ベームのもとで学んでいました。ベームはベートーヴェンのもとで彼の弦楽四重奏曲を演奏した人物です。そのように、創立当時から、ウィーン・フィルは偉大な作曲家たちとともに室内楽を演奏していたのです。
いまもとてもたくさんのメンバーが室内楽のグループを組んで演奏しています。私たちのオーケストラで幸せを感じたいのなら、室内楽を演奏しなければいけないと、みんなわかっているのです。私ももう若いとは言えない年齢になって、若い人たちが一緒に室内楽をやりたいと言ってくれるのはとてもうれしいことです。しかしほとんどの場合は、同じ世代のメンバーが集まってアンサンブルを組んでいます。私もそうでしたが、みんな一緒に年をとっていくというのがいいことなのです。
彼らは楽友協会はもちろん、ウィーン少年合唱団の本拠地アウガルテンにあるコンサートホール「MuTh(ムート)」などでも演奏していますが、近年はウィーン国立歌劇場内のマーラーザールで、定期的な室内楽シリーズを開催しています。ドミニク・マイヤーが歌劇場の総裁に就任して以来なので、もう8年になりますね。シーズンオフの7、8月を除く毎月1回、年に10公演が行われています。マーラーザールは入団オーディションの会場でもあるので、メンバーにとっては特別な場所です(笑)。私は以前そのプログラムのリーダーだったので、そのほとんどすべての公演を聴いていますが、私たちのオーケストラを代表するにふさわしい、並外れた素晴らしい室内楽コンサートです。

今回、サントリーホールの、しかも大ホールで私たちの室内楽をお聴かせできるのは本当にうれしいことです。メンバーもみんな楽しみにしていますし、大きな自覚を持って演奏するはずです。
プログラムは「オペラを謳う」。ウィーン国立歌劇場へのオマージュのようなプログラムです。これは本当に素晴らしいことだと思います。なぜなら、ウィーン・フィルは自主運営のオーケストラですが、ウィーン国立歌劇場と契約して、共存しながら活動しているわけですから。

演奏曲の聴きどころ

R. シュトラウス:オペラ『カプリッチョ』作品85 より 弦楽六重奏曲
オペラの幕開けの弦楽六重奏曲で始めるのはとてもいいですね。オペラを観に行ったみたいでしょう?オペラでもこの音楽がとても大事なところですから。
ビゼー:オペラ『カルメン』より(コントラバス四重奏)
コントラバスの四重奏! とても楽しみです。コントラバスのヴィルトゥオーゾも楽しんでいただけるし、音楽自体が素晴らしいですよね。カルメンの有名なメロディがたくさん出てくるでしょう。これは絶対におすすめですね。
ポッパー:演奏会用ポロネーズ 作品14(チェロ四重奏)
ダーヴィト・ポッパーは私たちのオーケストラのチェロ奏者だった作曲家です。若い時に首席奏者になった人なんですよ。現在私たちのソロ・チェロ奏者になぜ3人もハンガリー人がいるのか。それはポッパーから来ている伝統だと思います。ポッパー自身はチェコ人でしたが、フランツ・リストがブダペストの音楽院に呼び寄せたのです。
マスカーニ:オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より 間奏曲(チェロ四重奏、ハープ)
超有名な曲ですね。それもチェロ四重奏とハープというのがとても興味深い。私もまだ一度も聴いたことがないのですが、弦楽器4本とハープ。うーん、きっととても魅力的なものになると思います。こういう有名な曲を演奏すると、お客さまが一緒に歌ってしまわれる可能性もあるから気をつけないといけない。歌わないでくださいね(笑)。
ワーグナー:オペラ『ローエングリン』WWV 75 より 前奏曲(ヴァイオリン・アンサンブル)
ワーグナーとウィーン・フィルには長い歴史があります。彼は私たちのオーケストラの指揮もしました。1875年、バイロイトの音楽祭が始まる前にウィーンに来て、私たちのオーケストラを指揮したんですね。私たちのオーケストラが、『神々の黄昏』の一部を、初めて演奏した時でした。
モーツァルト: ハルモニームジークによるオペラ・メドレー(オペラ『フィガロの結婚』K. 492 より)(木管アンサンブル)
ウィーン・フィルの室内楽のプログラムでは、やはり絶対にモーツァルトを演奏すべきですね。ウィーン・フィルが演奏するモーツァルトは、まず私たちがオペラを演奏するオーケストラであるということが、大きな特色になっているのではないでしょうか。私も年をとるにつれてますます感じているのですが、モーツァルトの作品は、シンフォニーも含めて本当にすべてオペラの音楽だと思うのです。
また私たちは多くの偉大な指揮者たちとモーツァルトを演奏してきました。ベーム、カラヤン、クライバー、ムーティ、アーノンクール……。それぞれが彼らの個性を表現してモーツァルトを演奏してくれたのです。
そして私たちの木管アンサンブル。オーボエ、クラリネット、ホルンなど、私たちの管楽器奏者はウィーン式の独特な楽器で演奏しています。そのアンサンブルの響きを聴いていただけるのはとてもいいですね。
ワーグナー:『ヴェーゼンドンク歌曲集』WWV 91 より 第5曲「夢」(室内アンサンブル)
ワーグナー:『ジークフリート牧歌』WWV 103(室内アンサンブル)
室内アンサンブルでワーグナーを2曲。ヴェーゼンドンクの歌曲「夢」は、楽劇『トリスタンとイゾルデ』の第2幕にほとんど同じ曲が出てきます。『トリスタンとイゾルデ』は、ウィーンで66回もリハーサルをして、結局上演できなかったという逸話が残っています。いまでは私たちのスタンダード・レパートリーになっていますけれどね(笑)。
ウェーバー:オペラ『魔弾の射手』J. 277 より「狩人の合唱」(ホルン四重奏)
「狩人の合唱」をホルン四重奏でというのはいいですね。最近もホルン四重奏を聴く機会が何度かあったのですけれども、残念ながらこの編成の音楽はよくお葬式の時に演奏されるんです。でもウィンナー・ホルン4本のアンサンブルの響きは本当に素晴らしいです。お葬式でなくても涙が出てしまうぐらい。
特別なサウンドになると思います。
バーンスタイン:ミュージカル『ウェストサイド・ストーリー』より シンフォニック・ダンス(打楽器アンサンブル)
私たちの打楽器パートはいまとても若いメンバーで構成されていて、しかもそれぞれがすごく上手いんです。本当ですよ。ウィーン国立歌劇場での室内楽シリーズでも一度だけやりましたが、打楽器アンサンブルはなかなか実現が難しいんです。いろんな楽器が必要でしょう? そういう意味でも、この打楽器アンサンブルを日本のサントリーホールで聴いていただけるのは素晴らしいことです。
フライベルク:『出航のファンファーレ』(トロンボーン・アンサンブル)
トロンボーンにもいま若いメンバーがたくさん入って来ています。私もぜひこれを聴きたいと 思っていますよ。

このようなプログラムを演奏できる機会を与えていただけたことを本当にうれしく思っています。実際に演奏するメンバーはもちろん、それをサントリーホールで皆さんに聴いていただけることは、私たちのオーケストラにとって非常に大事なことです。
実は、こうしたプログラムは、全員が一緒にいる日本公演だからこそ実現できる企画です。(定期演奏会以外の時期に)ウィーンにこれだけのメンバーが揃っていることは滅多にないですからね。これをウィーンでやろうと思ったら、編成ごとに何回かに分けて演奏して、きっと5年はかかってしまうと思います。
今年のウィーン・フィルの日本公演を、もし1公演だけ選ばなければならないとしたら、私は絶対にこの「室内楽スペシャル」を買って聴きに行きます。私も1枚予約するので、チケットを取っておいてくださいね(笑)。

閉じる

~ オペラを知り尽くし、室内楽をこよなく愛する「ウィーン・フィルの音楽」~

宮本 明(音楽ライター)

「今年のウィーン・フィルの日本公演を、もし1公演だけ選ばなければならないとしたら、私は絶対に『室内楽スペシャル』を買って聴きに行きますよ。ほんとに」
6月中旬、キュッヒル・クァルテットの一員(第2ヴァイオリン)として「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」に出演した、ウィーン・フィル楽団長のダニエル・フロシャウアーさんは、さも当然とばかりに真顔でそう言いました。楽団長がイチ押しの「室内楽スペシャル」とは──。

もっと見る

2年ぶり16回目の開催となる「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン」のオープニングを飾るコンサートが、新たな趣向となる楽団員による室内楽公演、「室内楽スペシャル ~ウィーン・フィル オペラを謳う」です(11月19日・大ホール)。
「オペラ」をテーマにした室内楽コンサート。ご存知のとおり、ウィーン・フィルの「本籍地」はウィーン国立歌劇場です。毎晩のように劇場のオーケストラ・ピットで演奏している彼らの音楽作りの根幹には、「歌」や「オペラ」があります。
つまり、ウィーン・フィルの伝統の原点とも言うべき「オペラ」と、これまたオーケストラのアンサンブルの原点である「室内楽」とが融合したのが、この「室内楽スペシャル」なのです。そして、その中身がたいへんに魅力的! さまざまな編成のアンサンブルが次々に登場して、あの手この手でオペラの音楽を楽しませてくれます。「翌日からオーケストラ公演もあるし、ピアノ伴奏のヴァイオリンやチェロでオペラ・アリアでも弾いておけばいいや」という手軽な発想は、彼らには1ミリもないようです。当たり前といえば当たり前ですが、プロ根性も一流のウィーン・フィル!
編成を見てみると、まず弦楽器のアンサンブルが、弦楽六重奏、コントラバス四重奏(!)、チェロ四重奏、ヴァイオリン・アンサンブル。管楽器は、木管アンサンブル、ホルン四重奏、トロンボーン・アンサンブル。もちろん管弦混合のアンサンブルや、さらには 打楽器アンサンブルまで登場します。「私たちの精緻なアンサンブルの秘密を、セクションごとに解剖してお聴かせしますけど、それが何か?」とでもいうような彼らのプライドが伺えると同時に、「室内楽やりたい人!」という呼びかけに、「僕も!」「私も!」とみんな揃って手を挙げる無邪気な音楽キッズの素顔も垣間見えます。19世紀の創立当時からずっとリレーで受け継がれてきた彼らの室内楽の伝統と、楽団員一人ひとりのアンサンブルへの貪欲な興味が、ウィーン・フィルの音と音楽を研ぎ澄ましているのです。
曲目も実に多彩で、オペラと室内楽を絶妙なつながり具合で結んでゆきます。いくつかの例を挙げると、
R. シュトラウス最後のオペラ『カプリッチョ』の、序曲に当たる導入の音楽である弦楽六重奏曲。モーツァルト『フィガロの結婚』によるメドレーは、当時大流行した木管アンサンブル「ハルモニームジーク」の編成です。録音のなかった時代、劇場外でオペラの音楽を楽しむためにも、この編成は大人気でした。ワーグナーの歌曲「夢」のメロディは、同じ時期に書かれた楽劇『トリスタンとイゾルデ』にも使われているものです。同じくワーグナーが、妻コジマへの私的なプレゼントとして作曲したのが『ジークフリート牧歌』。「ジークフリート」は彼らの息子の名前ですが、曲中の旋律素材が、後年書かれた楽劇『ジークフリート』にも転用されています。
濃淡さまざまな「オペラつながり」の選び方は、実に洒落ていて、唸らされます。うーむ、さすが。そこに、彼らの持つ世界最高峰のオペラ経験が反映されるのですから鬼に金棒です。出演者詳細は9月頃に発表される予定ですが、首席奏者クラスが惜しげもなく投入されるに違いありません。オペラを知り尽くし、室内楽をこよなく愛する「ウィーン・フィルの音楽」を楽しみましょう。

フロシャウアー楽団長によれば、こんな凝ったプログラムの室内楽コンサートは、ウィーンでもなかなか実現できないのだそう。
「(定期演奏会以外の時期に)ウィーンにこれだけのメンバーが揃っていることは滅多にないですからね。全員が一緒にいる日本公演だからこそ実現できる企画です。これをウィーンでやろうと思ったら、編成ごとに何回かに分けて演奏して、きっと5年はかかってしまうと思いますよ」
フロシャウアーさんは、「私も1枚予約するので、チケットを取っておいてくださいね」と言って帰っていきました(楽団長、ほんとに自腹!?)。ウィーン・フィルの魅力をぎゅっと濃縮して、そのエッセンスを巧みにふりかけたようなコンサート。なにせウィーン・フィルの「5年分」が聴けるのですから、これは聴き逃せませんね。

閉じる

オーケストラ公演

チケットは予定枚数の販売を終了いたしました。
9月23日(日)10時より、二次発売(関係者席開放)を行います。
詳細は下記、公演日をクリックしたページより8月以降ご覧いただけます。

11月20日(火)19:00 開演

モーツァルト オペラ『魔笛』序曲 K. 620
モーツァルト ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491 (ピアノ:ラン・ラン)
ブラームス 交響曲第2番 ニ長調 作品73

11月23日(金・祝)16:00 開演

ブルックナー 交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105 (ノヴァーク版)

11月24日(土)16:00 開演

ドヴォルジャーク 序曲『謝肉祭』作品92
ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
(ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイデ、チェロ:ペーテル・ソモダリ)
ワーグナー
(ウェルザー゠メスト 編曲)
舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』<第3夜>楽劇「神々の黄昏」より抜粋

サントリーホールとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、「音楽文化の実り豊かな発展」という共通の願いのもと、通常の演奏会のほかに特別プログラムを開催します。

サントリーホール&ウィーン・フィルの青少年プログラム

11月20日(火)11:30 開演

  • フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)
  • ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 関係者のみ
  • 中高生を対象とした、学校単位でご参加いただく特別プログラム(要事前申込み)
過去の公演より

ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス[ファゴット]

11月21日(水)19:00 開始 ※チケット購入、受講申込はこちらから

講師:
ハラルド・ミュラー
(ファゴット)
  • 通訳付
  • 受講生募集
    8月27日〜9月12日必着
過去のマスタークラスより

無料公開リハーサル

11月23日(金・祝)10:00~13:00(予定)※ご招待応募はこちらから

  • フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)
  • ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 要事前応募
  • 9月3日~9月30日必着
過去の公開リハーサルより

プロフィール

他都市公演

川崎公演

日時

11月15日(木)19:00開演

会場

ミューザ川崎シンフォニーホール

曲目

ドヴォルジャーク:

序曲『謝肉祭』作品92

ブラームス:

ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102(ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイ デ、チェロ:ペーテル・ソモダリ)

ワーグナー(ウェルザー゠メスト 編曲):

舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』<第3夜> 楽劇「神々の黄昏」より抜粋

お問い合わせ

ミューザ川崎シンフォニーホール

044-520-0200

大阪公演

日時

11月16日(金)19:00開演

会場

フェスティバルホール

曲目

モーツァルト:

オペラ『魔笛』序曲 K. 620

モーツァルト:

ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491(ピアノ:ラン・ラン)

ブラームス:

交響曲第2番 ニ長調 作品73

お問い合わせ

フェスティバルホール

06-6231-2221

長野公演

日時

11月18日(日)15:00開演

会場

ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)

曲目

モーツァルト:

オペラ『魔笛』序曲 K. 620

モーツァルト:

ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491(ピアノ:ラン・ラン)

ブラームス:

交響曲第2番 ニ長調 作品73

お問い合わせ

ホクト文化ホール

026-226-0008

Page Top