English

サントリーホール スペシャルステージ2014
五嶋みどり

【日程・内容】

2014年 10月6日(月) 公開マスタークラス
  10月7日(火) ヴァイオリン・リサイタルⅠ
  10月8日(水) ヴァイオリン・リサイタルⅡ
  10月9日(木) スペシャル・コンサート~アクティブ・シニアでいるために
  10月10日(金) 協奏曲の夕べ

※各公演名をクリックすると表示される「公演スケジュール」ページに、公演詳細情報を掲載しています。また、同ページよりチケットをご購入いただけます。

世界のMIDORIの“今”がここに。
世界のビッグアーティストの“今”に焦点をあて、その音楽を多角的に捉え、披露する「サントリーホール スペシャルステージ」。今年は、世界のMIDORI、五嶋みどりが登場、5日間連続でリサイタルをはじめとする多彩な企画を開催します。
リサイタルではロマン派以前(10/7)および近現代の作品(10/8)にそれぞれ集中したプログラムを披露、「協奏曲の夕べ」ではバッハと現代曲のコントラストが楽しめます。さらに、開演前のプレコンサート(10/7・8・10)では、マスタークラスの受講生および楽器指導を行っている支援学校の生徒たちへ演奏機会を提供します。
演奏のみならず、社会活動、後進の育成にも精力的に取り組んでいるアーティスト五嶋みどりの魅力が詰まった、情熱溢れる5日間にご期待ください。
*五嶋みどりの社会活動「ミュージック・シェアリング」についてはこちら

【エッセー】

音楽ジャーナリスト・林田直樹によるエッセー
  「“本物の音楽”とは何か?を問う、五嶋みどりの妥協なきプログラム」
  サントリーホールの情報誌「Enjoy! Suntory Hall」Vol.8より(PDF843KB)

※8月23日(土)10時より、10月7日・10日公演の追加販売をサントリーホールチケットセンター 0570-55-0017での電話申込、およびメンバーズ・クラブWEBにて行います。各プレイガイドおよび発売初日のサントリーホール窓口での取扱いはございません。一部発売しない席種もございますので、あらかじめご了承ください。

【出演】

ヴァイオリン:五嶋みどり
指揮:ヘルマン・ボイマー(10日)
ピアノ:オズガー・アイディン(7日・8日・9日)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団(10日)

五嶋みどり
11歳でニューヨーク・フィルとの共演以来、指揮者ではバーンスタイン、アバド、メータ、小澤、ラトル、ヤンソンス、エッシェンバッハ、器楽奏者ではスターン、ズッカーマン、ヨーヨー・マ、オーケストラではベルリン・フィル、ウィーン・フィル、パリ管、コンセルトヘボウ管をはじめ世界の著名な音楽家と共演を重ねる。アメリカの教科書や教育番組「セサミストリート」にも登場する欧米でも最もポピュラーなクラシック音楽家。現代音楽の初演や委嘱プロジェクトなど、将来を見据えた音楽啓蒙活動も精力的に行っている。
コミュニティー・エンゲージメント活動にも意欲的に取り組み、1992年にニューヨークに非営利団体「Midori&Friends」と「みどり教育財団東京オフィス(現:認定NPO 法人ミュージック・シェアリング)」を設立。ミュージック・シェアリングでは、2006年からアジア圏にも活動を展開している。アメリカではPiP(室内楽地域活性化団体)やORP(地方ユースオーケストラ支援プロジェクト)など、目的に合わせた様々なプロジェクトや団体を創設。20年以上にわたる地域社会を意識した先導的音楽活動は、社会全体に影響を与え、強い支持を得ている。
南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校弦楽学部長兼「ハイフェッツ・チェアー」、特別教授。2007年より国連ピース・メッセンジャー。
CD はソニー・クラシカル、ONDINE、ONYX よりリリース。ソリストとして参加した「パウル・ヒンデミット作品集」は第56回グラミー賞最優秀クラシック・コンペンディアム賞(2014年)を受賞。
使用楽器はグァルネリ・デル・ジェス「エクス・フーベルマン」(1734年作)。
公式サイト http://www.gotomidori.com/japan/

●サントリーホールでのこれまでの演奏会より

五嶋みどり & オスガー・アイディン デュオ・リサイタル(2011年6月)

クリストフ・エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団 ヴァイオリン:五嶋みどり(2008年5月)

サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。