<バークレイズ証券株式会社 特別協賛>

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」 2019年シーズン
「音楽レシピ~音楽は何でできている?」

PDFファイル(2.39MB)

日本で初めての子どものためのオーケストラ定期演奏会、2019年は4月・7月・9月・12月の日曜日に計4回開催します。
テーマは「音楽レシピ」。音楽がどんな要素で出来上がっているのか、その謎を解き明かします。
フル編成のオーケストラ演奏とわかりやすいお話で、お馴染みの曲も知らない曲も楽しく聴けるコンサート。お子さんはもちろん、大人の方にもおすすめです。

※公演日をクリックしたページに公演詳細情報を掲載。1回券をリンク先のページよりご購入いただけます。

4公演とも11:00開演 司会:坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー)

*こども定期演奏会ネット
こどもピアニスト、こども奏者、チラシの絵、テーマ曲の応募方法についてご覧いただけます。これまでの公演動画やプログラムノートも紹介しています。

*佐治敬三ジュニア・プログラムシート ご招待対象公演
第72回12月15日公演
募集期間:2019年10月16日(水)~11月25日(月)

PDFファイル(2.39MB)

  • 【動画】4月指揮者:角田鋼亮

  • 7月指揮者:沼尻竜典

    7月指揮者:沼尻竜典

  • 9月指揮者:下野竜也

    9月指揮者:下野竜也

  • 12月指揮者:飯森範親

    12月指揮者:飯森範親

9月8日(日)  第71回「スタイル」
指揮者・下野竜也インタビュー

小山実稚恵さんとこどもピアニストとの共演/大人の「本気」を感じて

山田治生(音楽評論家)

下野竜也さんの「こども定期演奏会」への登場は、2014年4月、2017年11月に続いて、今回で3度目。今回も、2年前に引き続き、ピアニストの小山実稚恵さんをゲストに招き、ピアノ協奏曲の演奏のほか、こどもピアニストとの連弾も披露されます。

  • 指揮:下野竜也

    指揮:下野竜也

    ©Naoya Yamaguchi
    (Studio Diva)

2年前の「こども定期演奏会」も小山実稚恵さんとの共演でしたね。こどもピアニストも登場した、そのコンサートの感想からお聞かせください。

こどもピアニストは、一年に一度、こども奏者がオーケストラに参加しているように、ピアノでもオーケストラと共演できたらいいねということで始まりました。小山さんに連弾をしていただき、オーケストラの皆さんにも優しく接していただき、お子さんお二人が、我々の心配を通り越して、楽しく、堂々と弾いていたのは、うれしい限りでした。楽しかったし、立派だと思いました。こども定期演奏会ならではの企画だと思います。前回はピアノがフィーチャーされ、小山さんが、ラフマニノフとモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏してくださいました。聴きに来ていたお子さんでピアノを習っている人は多かったでしょうから、そういう子どもたちにもオーケストラに接するよい機会となったと思います。

  • 2014年4月12日こども定期演奏会初登場

    2014年4月12日こども定期演奏会初登場

今回の「こども定期演奏会」のプログラミングについて、お話ししていただけますか?

今回も、ピアノを通じて、いろいろな音楽と出会います。シーズンのテーマが「音楽レシピ」で、今回は「スタイル」ということなので、バッハ、ベートーヴェン、シューベルト、ムソルグスキーの作品を時代順に演奏することによって、様々な音楽の形式だけでなく、オーケストラが大きくなっていく、そういう編成も含めて、スタイルの変化を聴いていただければと思っています。また、好評を博した、こどもピアニストの企画をもう一度やることになりました。
まずは、バッハ「平均律クラヴィーア曲集」第1巻 第1番の前奏曲を演奏します。小山さんにピアノを弾いていただきますが、ちょっとした仕掛けがありますので楽しみにしていてください。
次に、ベートーヴェンの「皇帝」の第1楽章を、長いけれども、がっつりと聴いていただこうと思います。いきなり独奏ピアノで始まるオープニングは当時としてはセンセーショナルでした。ベートーヴェンの革新性や、彼がピアノの可能性を広げたことを聴いていただきたいと思います。小山さんとは、ラフマニノフでは何度も共演し、シューマンやブラームスのピアノ協奏曲も共演していますが、ベートーヴェンの協奏曲は第4番だけで、「皇帝」は今回が初めての共演となります。小山さんのベートーヴェンも素晴らしいですから、とても楽しみです。

小山さんと数多く共演されている下野さんにとって、小山さんはどういうピアニストだと思われますか?

小山さんは、どこのオーケストラからも愛され、歓迎され、信頼されているピアニスト。彼女が練習場に入ってくると、練習場の空気が変わります。広範なレパートリーを持ち、ベテランになってもレパートリーが偏らず、さらに新しい作品、珍しい作品を取り上げる姿勢は素晴らしい。来年2月には、広島交響楽団の定期演奏会で、伊福部昭の「ピアノと管弦楽のための協奏風交響曲」を共演します。ラフマニノフのピアノ協奏曲は、小山さん様式といえる、温かくも思いの深い音楽。特に第2楽章の表現は心にしみます。また、小山さんは教育や啓蒙にも力を入れ、地元の東北で毎年、子どもたちとのコンサートをひらいたりしています。

  • 2017年11月4日こども定期演奏会 こどもピアニスト&小山実稚恵の共演

    2017年11月4日こども定期演奏会
    こどもピアニスト&小山実稚恵の共演

演奏会の後半は、こどもピアニストの登場ですね。

こどもピアニストでは、お子さんがオリジナルのピアノ連弾譜を弾き、それにオーケストラが加わります。ドビュッシー「小組曲」は前回の続きで、それと、シューベルトの有名な軍隊行進曲を取り上げます。
最後は、ムソルグスキー「展覧会の絵」から「バーバヤガーの小屋」と「キエフの大きな門」。もともとがピアノ曲ということで選びました。ラヴェルの編曲したオーケストラ版で、東京交響楽団のゴージャスな音を楽しんでいただきたいと思います。

既に2度、指揮されている、この「こども定期演奏会」についてはどのような印象をお持ちですか?

私は、子ども向けといって、手を抜いたりするのが嫌いで、子どもを特別扱いしたくありません。子どもに対しても、燕尾服を着て、特別な空間を作り、いつも真剣に演奏する、「こども定期演奏会」は素晴らしい。大人の本気の姿勢が好きです。
それから、子どもにはわからないと決めつけない。わかるかわからないかを決めるのは子どもですから。2014年のこども定期演奏会でウェーベルンの(無調性の)作品を演奏しましたが、子どもたちの反応は悪くなかったですよ。
コンサートは、大人にとっては、日常の喧騒から逃れる非日常の心地よい空間です。お子さんにとっても、そういう空間であってほしい。こういう空間を大切にして、クラシック音楽に少しでも親しんでもらって、大人になったときにクラシック音楽もいいなと思うような経験をしてもらいたいですよね。そういう将来のお客さんを育てる場所でもある。このサントリーホールという日本でも最高峰のホールで演奏を聴くというのはすごく良い経験になります。私は、地方出身ですから、こういうコンサートがある東京がとても羨ましいです。
私には小学1年生の息子がいまして、今回、初めてこども定期演奏会を聴きに来ます。ピアノを少しやっていますが、音楽は好きみたいです。音楽を好きでいてくれることはうれしいですね。

下野さんは現在、広島交響楽団の音楽総監督を務めておられますね。

広響とは今、ベートーヴェン・チクルスをやっています。1年間に4回、ベートーヴェンの交響曲を番号順に取り上げ、細川俊夫さんの作品と組み合わせます。第九は別枠です。ここ10年くらい、いろいろなスタイルでのベートーヴェン演奏が模索されていますが、私は、ベートーヴェンの前衛性を現代のオーケストラでとらえていきたいと思います。昨年は、東京交響楽団とも「運命」と「田園」を演奏しました。若い頃からベートーヴェンを続けてきたのが良かったと思います。何度見た譜面でも、新しい発見があります。ベートーヴェンがあってこそ、ブラームスやブルックナーやマーラーがあるわけで、自分のなかで新しい、珍しいレパートリーもやりつつ、ベートーヴェンを掘り下げていきたいと思います。
また、広響では、邦人作品をやっていきたいと思っていまして、今シーズンは伊福部作品と矢代秋雄の交響曲を演奏します。細川俊夫さんには広響のコンポーザー・イン・レジデンスになっていただきました。広島のお客さまに邦人作品が受け入れられるかどうか、責任があります。今は、広響との仕事が軸になっています。

最後に「こども定期演奏会」への期待やメッセージをいただけますか。

今は、インターネットの普及によって、いろいろ便利になりましたが、逆に、コミュニケーションが希薄になってきていると思います。このような子どものための演奏会で、あるいは、学校や教育にたずさわる方と連携して、目を見て話して、肌を感じるような、直接のコミュニケーションの大切さを、大人たちが訴える必要があると思います。その先に、コンサートに行ってみようかなという気持ちがあるのだと思います。
分断化がすすんで、コンサートホールで演奏を聴く機会が一部の特別な人たちのものになっている危惧があります。コンサートホールにはみんなに来てほしい。いろいろな人に聴いていただける環境を作ることが大切ですし、直接的なコミュニケーションの復活を訴えたいですね。親になったからそう思うのかもしれません(笑)

  • 2017年11月4日こども定期演奏会 演奏風景

    2017年11月4日こども定期演奏会
    演奏風景

  • 司会の坪井直樹と和やかにトーク

    司会の坪井直樹と和やかにトーク

Page Top