<バークレイズ証券株式会社 特別協賛>

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」 2019年シーズン
「音楽レシピ~音楽は何でできている?」

PDFファイル(2.39MB)

日本で初めての子どものためのオーケストラ定期演奏会、2019年は4月・7月・9月・12月の日曜日に計4回開催します。
テーマは「音楽レシピ」。音楽がどんな要素で出来上がっているのか、その謎を解き明かします。
フル編成のオーケストラ演奏とわかりやすいお話で、お馴染みの曲も知らない曲も楽しく聴けるコンサート。お子さんはもちろん、大人の方にもおすすめです。

※公演日をクリックしたページに公演詳細情報を掲載。1回券をリンク先のページよりご購入いただけます。

4公演とも11:00開演 司会:坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー)

*こども定期演奏会ネット
こどもピアニスト、こども奏者、チラシの絵、テーマ曲の応募方法についてご覧いただけます。これまでの公演動画やプログラムノートも紹介しています。

*佐治敬三ジュニア・プログラムシート ご招待対象公演
(第72回12月15日公演の募集は10月中旬頃から開始)

PDFファイル(2.39MB)

  • 【動画】4月指揮者:角田鋼亮

  • 7月指揮者:沼尻竜典

    7月指揮者:沼尻竜典

  • 9月指揮者:下野竜也

    9月指揮者:下野竜也

  • 12月指揮者:飯森範親

    12月指揮者:飯森範親

7月7日(日)  第70回「メロディー」
指揮者・沼尻竜典インタビュー

家族みんなで楽しめる「こども定期演奏会」

こども定期演奏会2019年のテーマは「音楽レシピ」。
2回目の7月公演「メロディー」を担当する指揮者・沼尻竜典さんにお話を聞きました。

  • 沼尻竜典(指揮)

    沼尻竜典(指揮)

7月公演のテーマは「メロディー」です。今回演奏される曲の聴きどころを教えていただけますか。

ワーグナー:楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より 第1幕への前奏曲
ドイツでは物を作る職人は「マイスター」と呼ばれてすごく尊敬を受けています。昔のマイスターたちは地域の文化の担い手でもありました。このオペラでは独身の職人たちが、エヴァという美しい女性に求婚する権利を賭けて、それぞれ自分の作った曲を持ち寄って歌う「歌合戦」の様子が描かれています。この前奏曲ではマイスターたちの入場のテーマ、勝者となるヴァルターの歌、緊張してボロボロになって負けてしまうベックメッサーをからかう民衆のざわめきなど、様々なメロディーを聴くことができます。いくつかのメロディーが一緒に使われている部分もあって、ワーグナーの優れた作曲技法が存分に活かされています。
ちなみに、エヴァにはどうしても「この人はムリ」という場合のために、拒否権が与えられていました(笑)。

チャイコフスキー:『懐かしい土地の思い出』より「メロディー」作品42-3
チャイコフスキー:バレエ音楽『白鳥の湖』より 第2幕 「情景」

メロディーメーカーといえばチャイコフスキーを第一にあげる人も多いでしょう。今回はヴァイオリンソロでも良く演奏される「メロディー」と、有名なバレエ音楽「白鳥の湖」から「情景」を選びました。「メロディー」は明るい長調、「白鳥の湖」は短調なので、それぞれの雰囲気の違いを味わってみてください。

  • 錦織健(テノール)

    錦織健(テノール)

    ©大八木宏武(都恋堂)

プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」
ドイツオペラの代表的巨匠がワーグナーなら、イタリアオペラのそれはプッチーニでしょう。イタリアオペラの最大の魅力は美しいメロディー。フィギュアスケートの音楽として使われて以来とても有名になった「誰も寝てはならぬ」を、日本を代表するテノール歌手である錦織健さんの歌声でお聴きいただきます。

  • 錦織健(テノール)

    錦織健(テノール)

    ©大八木宏武(都恋堂)

池辺晋一郎:『黄金の日日』(1978年NHK大河ドラマ テーマ曲)
武満徹:『波の盆』
日本にも素晴らしいメロディーメーカーがいます。どちらの作品もテレビドラマのテーマ曲でしたが、とても素敵な音楽なので放送から数十年経った今でも時おり演奏されているのです。短い時間の中に表現したいことをぎっちり詰め込んであるドラマのテーマ曲は、作曲家の腕の見せ所です。

カプア:「オー・ソレ・ミオ」
ここではもう一度、錦織健さんに歌っていただきます。タイトルを直訳すると「おお私の太陽よ」。イタリアでは全ての物の名前を男性と女性に分けて考えるのですが、太陽は「男性」とされています。イタリアの力強い太陽を想像しながら聴いてみましょう。ついでに言うと、日差しのまろやかなドイツでは、太陽を「女性」と考えます。それぞれの土地の気候によって見方も変わるのですね。

シベリウス:交響詩『フィンランディア』作品26
合唱付きで歌われることもあるこの作品は、フィンランド第二の国歌とも言われています。ロシアがフィンランドを配下にしていた頃、この曲の演奏は禁止されていました。それくらいフィンランド人の心をギュッとつかんでしまうメロディーなのです。森と湖の国、フィンランドの情景が浮かんでくるような前半と、勝利を喜ぶかのような後半との対比を楽しんでみてください。

昨年、「こども定期演奏会」に初めてご出演いただきました。子どもたちの反応など感想を教えていただけますか。
また、沼尻さんが感じておられる「こども定期」ならではの魅力を教えてください。

どの曲も反応が良かったので演奏者も乗せられて行き、最後に向かってどんどん盛り上がりました。とても楽しいコンサートだったと思います。
子どもだけではなく家族みんなで楽しめるようになっているので、お家で感想を話し合ったりできるところが大きな魅力でしょう。

今年から「こども定期」は日曜開催になり、新しいお客様も迎えています。来場者に向けてメッセージをお願いします。

「こども定期」というタイトルでも内容は超本格的。これを聴いた子どもたちはみんなオーケストラが大好きになって、きっと将来、東京交響楽団の定期会員になってくれると思います。

  • 「こども定期演奏会」2018年7月 指揮:沼尻竜典 バリトン:晴雅彦 司会:坪井直樹 東京交響楽団

    「こども定期演奏会」2018年7月
    指揮:沼尻竜典 バリトン:晴雅彦 司会:坪井直樹
    東京交響楽団

Page Top