<バークレイズ証券株式会社 特別協賛>

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」 2019年シーズン
「音楽レシピ~音楽は何でできている?」

PDFファイル(2.39MB)

日本で初めての子どものためのオーケストラ定期演奏会、2019年は4月・7月・9月・12月の日曜日に計4回開催します。
テーマは「音楽レシピ」。音楽がどんな要素で出来上がっているのか、その謎を解き明かします。
フル編成のオーケストラ演奏とわかりやすいお話で、お馴染みの曲も知らない曲も楽しく聴けるコンサート。お子さんはもちろん、大人の方にもおすすめです。

※公演日をクリックしたページに公演詳細情報を掲載。1回券をリンク先のページよりご購入いただけます。

4公演とも11:00開演 司会:坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー)

*こども定期演奏会ネット
こどもピアニスト、こども奏者、チラシの絵、テーマ曲の応募方法についてご覧いただけます。これまでの公演動画やプログラムノートも紹介しています。

*佐治敬三ジュニア・プログラムシート ご招待対象公演
第72回12月15日公演
募集期間:2019年10月16日(水)~11月25日(月)

PDFファイル(2.39MB)

  • 【動画】4月指揮者:角田鋼亮

  • 7月指揮者:沼尻竜典

    7月指揮者:沼尻竜典

  • 9月指揮者:下野竜也

    9月指揮者:下野竜也

  • 12月指揮者:飯森範親

    12月指揮者:飯森範親

こどもたちに豊かな音楽経験を

飯田有抄(クラシック音楽ファシリテーター)

  • 指揮:ジョナサン・ノット ファゴット:福井蔵(2018年4月)

    指揮:ジョナサン・ノット ファゴット:福井蔵
    (2018年4月)

「東京交響楽団&サントリーホール こども定期演奏会」は、子どもたちが本格的なコンサートホールに足を運び、豊かなオーケストラの響きに触れながら、音楽的な経験を重ねていくことのできる演奏会です。小学校1年生以上のお子さんがご入場いただけます。
大人たちが通うオーケストラの定期演奏会と同じように、年間4回のコンサートには、毎回異なる指揮者が登場します。2018年は東京交響楽団音楽監督のジョナサン・ノット、沼尻竜典、原田慶太楼、飯森範親が登場し、ユニークなプログラムを企画・披露しました。

  • 指揮:ジョナサン・ノット ファゴット:福井蔵(2018年4月)

    指揮:ジョナサン・ノット ファゴット:福井蔵
    (2018年4月)

  • 指揮・ピアノ:沼尻竜典 バリトン:晴雅彦(2018年7月)

    指揮:沼尻竜典 バリトン:晴雅彦
    (2018年7月)

曲目は、年間テーマ(2016年は「音楽の情景」、2017年は「楽器ア・ラ・カルト」、2018年は「音楽と感情」)に沿って、指揮者たちが「子どもたちにぜひ聴いてほしい!」と願う作品が並びます。いわゆる有名曲ばかりではなく、演奏機会の少ない珍しい曲も含まれ、保護者の大人たちにとっても聴きごたえ十分。「子どもを過度に“子ども扱い”しない」というコンセプトは、「こども定期演奏会」が2002年にスタートした時から、変わることなく続けられてきました。親しみやすい名曲も、見知らぬ新鮮な響きも、オーケストラの磨き上げられた演奏は子どもたちの柔らかな感性へとまっすぐに届き、豊かな心を育んでくれるのです。
本格的な内容ですが、子どもたちが集中してコンサートを楽しめるように、1曲は長くても15分、指揮者やソリストから作品や楽器についてのお話も入ります。全体で約90分のコンサートは、司会の坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー)がナビゲート。堅苦しくなく楽しい雰囲気の中で、本物の芸術に触れる。そんなひと時を、親子でも、大人の方だけでも過ごしていただけるコンサートなのです。

  • 指揮・ピアノ:沼尻竜典 バリトン:晴雅彦(2018年7月)

    指揮:沼尻竜典 バリトン:晴雅彦
    (2018年7月)

  • 指揮:原田慶太楼 ヴァイオリン:木嶋真優 (2018年9月)

    指揮:原田慶太楼 ヴァイオリン:木嶋真優
    (2018年9月)

  • 2018年度テーマ曲の作曲者:石﨑ひかり(小学2年生) 司会:坪井直樹

    2018年度テーマ曲の作曲者:石﨑ひかり(小学2年生) 司会:坪井直樹

  • こどもレセプション

    こどもレセプショニスト

  • こども奏者が飯森範親指揮の東京交響団と共演

    こども奏者が飯森範親指揮 東京交響楽団と共演

オーケストラと夢の共演も! いろいろな参加企画

「こども定期演奏会」には、コンサートを「聴く」という体験だけでなく、子どもたちが参加できるさまざまな企画もあります。チラシやプログラム冊子を飾るイラスト、オープニングで演奏されるこども定期の年間テーマ曲は、子どもたちの応募作品から選ばれます。また、年間会員になれば、サントリーホールの「ロビー・ツアー」に出かけたり(4月)、ホールの制服を着て「レセプショニストのお仕事体験」ができたり(7月)、東京交響楽団のメンバーが指導する楽器体験(9月)や、指揮者の飯森さんやオーケストラメンバーとのお話もできます(12月)。
またオーディションで選ばれたお子さんは、2019年にはピアニストの小山実稚恵さん・下野竜也さん指揮東京交響楽団と共演ができたり(9月)、オーケストラメンバーと一緒に、サントリーホールのステージで演奏することもできます(12月)。

  • こどもレセプション

    こどもレセプショニスト

  • こども奏者が飯森範親指揮の東京交響団と共演

    こども奏者が飯森範親指揮 東京交響楽団と共演

2019年からは日曜の朝! テーマは「音楽レシピ」

これまで土曜日の午前11時からスタートしていた「こども定期演奏会」ですが、2019年からは曜日が変わり、日曜日に開催されることになりました。「音楽レシピ~音楽は何でできている?」をテーマに、バラエティ豊かな曲目を、豪華な指揮者・ソリストとともにお届けします。 4月14日「ハーモニー」と題し、指揮者の角田鋼亮、ヴァイオリン独奏に千住真理子を迎えて、マスネ「タイスの瞑想曲」やブラームスの交響曲第1番など、奥深いハーモニーの作品をたっぷりと演奏します。
7月7日「メロディー」。オペラの指揮でも大活躍の沼尻竜典、テノール歌手の錦織健が登場し、ワーグナー、プッチーニのゴージャスな作品から、武満徹や池辺晋一郎の日本の響きまでを取り上げます。
9月8日「スタイル」。指揮の下野竜也とピアニストの小山実稚恵のコンビが2年ぶりに「こども定期」再登場! オーディションで選ばれた「こどもピアニスト」と、ドビュッシーやシューベルトの作品を共演します。
12月15日「リズム」。東響正指揮者の飯森範親と同団首席チェリストの伊藤文嗣の共演でピアソラの「リベルタンゴ」を。「こども奏者」の参加で「美しく青きドナウ」、そしてラヴェルの「ボレロ」といったリズム表現豊かな作品を聴かせます。どうぞご期待ください。

  • 角田鋼亮

    角田鋼亮

  • 千住真理子

    千住真理子

  • 沼尻竜典

    沼尻竜典

  • 錦織健

    錦織健

  • 下野竜也

    下野竜也

  • 小山実稚恵

    小山実稚恵

  • 飯森範親

    飯森範親

  • 伊藤文嗣

    伊藤文嗣

Page Top