サントリーホール30周年記念事業

サントリーホール「フロンティア・プロジェクト」 at ブルーローズ

Suntory Hall Frontier Project at Blue Rose

サントリーホールのブルーローズ(小ホール)の名称の由来は、初代館長・佐治敬三の残した「やってみなはれ」精神に基づいた「音楽を愛する人々の可能性が花開く場所であれ」との願いからきています。 このホールはシンプルな空間を特徴とし、様々な活用の可能性を秘めています。
「フロンティア」の意味する、芸術の新しい境地を切り拓く創造的でチャレンジングな企画をサントリーホールが応援します。
新しい可能性の「つぼみ」から、素晴らしい花を一緒に咲かせましょう。

PDFファイル(4.1MB)
【応募企画の条件】
  • ・音楽だけに留まらず、様々な文化・芸術(例えば文学、美術、演劇、映像 など)と結びついた演目で、かつ、ホールの空間、音響、雰囲気の特性を活かすことのできる2時間程度の舞台作品の上演。
  • ・下記の期間で、10:00~17:00の間を本番とする公演であること。
    2016年9月26日(月)~9月29日(木)
  • ・一般的な制作業務(出演者との交渉・契約、必要なスタッフの確保、チケット販売などの公演収支管理)を責任もって行える団体(もしくは個人)であること。
【採用数】 3企画程度
【支援内容】

採用された企画はサントリーホールの名義主催事業となり、主催公演に準じる公演としてサントリーホールが以下のような支援を行ないます。

  1. (1)公演実施日およびリハーサルのためのホール基本使用料金の免除。
    基本的な付帯設備の使用とその技術操作、案内係は上記料金に含まれます。
    ※ただし、大掛かりな演出照明、音響機器の使用など、基本使用を超える舞台経費および人件費については参加団体の負担となります。詳細につきましては、審査段階でご相談させていただくことがあります。
  2. (2)サントリーホールの所有する楽器・備品等を無料(一部、実費要)で貸し出します。
  3. (3)サントリーホール30周年記念事業関連の広報ツール(各種印刷物やホームページ)を通して企画の広報・宣伝を行います。
 【応募方法】

以下(1)(2)をご提出ください。

  1. (1)規定のフォーマットによる「申請書」と「収支予算書」
    申請書(432KB)
    収支予算書(881KB)
  2. (2)企画内容がわかる資料(企画書、音資料、映像資料など)
【応募締切】 2015年12月25日(金)
条件に最も適する企画をサントリーホールで選考の上、結果につきましては全応募者に2016年1月25日(月)までに郵便にて返答します。
【送付先】 107-8403 東京都港区赤坂1-13-1
サントリーホール「フロンティア・プロジェクト」係
【この件に関する
 お問い合わせ】
 サントリーホール企画制作部 03-3505-1010(平日10:00~18:00)
  • ※過去に行われた企画の様子

サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。