English

サントリーホール リニューアルオープン! 2017年9月1日

2016年に開館30周年を迎えたサントリーホールは、よりお客様にご満足いただけるホールを目指して、2017年2月より7ヶ月間に亘り、過去最大規模の全館の改修工事を行いました。
改修の概要についてご案内します。

記者会見および内覧会の様子(2017年8月29日)

全館改修工事の概要

1.伝統の継承 ー 響と意匠

響きとその雰囲気を継承し、大ホールは舞台床板を全面張替え、オルガンのパイプを取り外しオーバーホールと整音を行いました。
大ホール、ブルーローズ(小ホール)とも客席椅子を建設時と同じ素材・色・柄の生地を使用して、布地、クッションの張替え、および木部の補修を実施しました。
ブルーローズは、床の寄木細工の全面張替えを行いました。

2.ダイバーシティデザイン ー すべてのお客様のために

段差のないアプローチによるウエストエントランスを新設し、大ホール1、2階客席用にエレベーターを新設しました。
これまでの段差解消機に代わり、1階ホワイエにスロープを増設。大ホール2階に車椅子スペースを新設(2席)しました。
また、大ホールのトイレ、洗面台を増設し、女性トイレには空室表示サイン、化粧直し用カウンターを設置しました。

3.設備のさらなる充実 ー 次世代音楽空間創造へ

大ホール、ブルーローズ(小ホール)とも客席・舞台のLED化を行いました(一部を除く)。また、館内にデジタルサイネージを導入しました。
楽屋内の家具を更新して、出演アーティストにより快適なスペースとしてご利用いただけるようになりました。
音調室のミキシング・コンソール(調整卓)を最新のものに更新しました。

改修工事の様子(2017年2月~8月)

サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。