主催公演

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2021 ラインナップ
2021年6月6日(日)~6月27日(日)

CMG2021総合チラシ表紙
(全公演情報はページ下部のチラシPDF参照)

国境や世代を超えた音楽家たちが、室内楽の輪を広げる
10周年ならではの色どり・実り豊かで充実した「室内楽の庭」全28公演

アンサンブルの醍醐味を発信し続けてきた室内楽フェスティバル「チェンバーミュージック・ガーデン(CMG)」。CMG10周年とホール開館35周年を迎える2021年は、例年よりも長い22日間にわたり、親密なブルーローズ(小ホール)を舞台に、28公演開催します。

最も奥深い室内楽といっても過言ではない「ベートーヴェンの弦楽四重奏曲」全曲演奏会「ベートーヴェン・サイクル」。今年は活動開始から25周年を迎えて今まさに円熟の境地に立つエルサレム弦楽四重奏団が登場します。
まさに万華鏡のような煌びやかな音色を、サロン風の空間で味わえる「フォルテピアノ・カレイドスコープ」(全4回)。サントリーホール所蔵のエラールをはじめ、様々な時代や国で制作された計4台を間近でご覧いただけます。佐藤俊介、鈴木秀美、渡邊順生、酒井淳ら実力者たちがCMG初登場です。
サントリーホールと縁が深いキュッヒル・クァルテットヘーデンボルク・トリオが“ウィーンの薫り”をお届けするほか、「キラめく俊英たち」では、海外でいっそう評価を高めている若手注目株グループ(ノブースQ、シューマンQ、葵トリオ)が、個性を存分に発揮します。
実力派ピアニスト小菅優が臨む究極の室内楽―「武満徹 「愛・希望・祈り」~戦争の歴史を振り返って~」(全2回)では、内外の気鋭の音楽家たちが2日間にわたり、没後25年を迎える武満徹と同時代の作品に取り組みます。
CMG期間中、サントリーホール室内楽アカデミーのフェロー(受講生)は、成果発表や海外演奏家との共演を通じて、大きな成長を遂げていきます。
有料配信による「CMGオンライン」も週末7公演で同時開催します。リアルなコンサートと、お好きな時間と場所で何度でも楽しめるライブ配信(見逃し配信付き)、それぞれの良さ・楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。
その他、平日昼間のトーク付きコンサートなど、初心者から室内楽通まで幅広くお楽しみいただける公演をご用意し、色どり・実り豊かで充実した「室内楽の庭」が実現します。

CMG2021総合チラシ表紙
(全公演情報はページ下部のチラシPDF参照)
エルサレム弦楽四重奏団
  • 2020年公演より CMGオンライン 堤 剛プロデュース
    チェロ:堤 剛 ピアノ:小菅 優
  • 2020年公演より CMGオンライン エラールの午后
    フォルテピアノ:川口成彦 ヴァイオリン:原田 陽 チェロ:新倉 瞳

チケット発売

【先行発売】
一般発売よりも早く、期間限定の特別価格でご購入いただける「早割」対象公演がございます。「早割」には枚数に限りがございます。お早めにお買い求めください。
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行:2021年2月6日(土)10時~19日(金)

※セット券・指定早割は、サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売期間のみの販売。
※先行(早割)期間中は窓口での販売はございません。
※ペア券・学生席はサントリーホールチケットセンター(WEB・電話・窓口)のみ取り扱い。
※学生席は25歳以下、来場時に学生証提示要。

【一般発売】2021年2月27日(土)10時~