サントリーホール30周年記念

パイプオルゴール新曲 鈴木優人:トッカータ 30 on B-A-C-H

サントリーホールの玄関を彩り、毎日正午の定時と開場時に、ホール前アーク・カラヤン広場に高らかに響きわたるオルゴール。パイプが仕込まれた本格的なオルゴールの音色は、歯車を回す人形と共に親しまれてきました。

このたびサントリーホール30周年を記念して、鈴木優人氏に新曲を委嘱しました。 指揮者・オルガニストとして、またバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして、サントリーホールの数多くの公演に出演されている鈴木優人氏が、敬愛するバッハへのオマージュを込めた作品を、サントリーホール30周年お祝いの曲として寄せてくださいました。

バッハの名前をもじった4つのドイツ語音名による音列(B=シ♭、A=ラ、C=ド、H=シ)が、サントリーホールの頭文字Sを意味するEs(エス)音=ミ♭の30連打の上で展開されています。
12月31日までの開場時間、30周年にふさわしい華やかなパイプオルゴールの音色が響きわたります。

サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。