ニュースリリース

ニュースリリース

  • (2017/12/1)

ついに「最終章!」
ペプシストロング 桃太郎「Episode.5(鬼ヶ島)」篇 12月1日(金)公開!
野村周平をリーダーに援軍の一般応募キャストが
桃太郎(小栗旬)を助け、鬼との最終決戦に挑む!!

■7月に実施した「Pepsiを飲んで、桃太郎を助けよう!」キャンペーンで当選した一般応募キャストがそれぞれ異なるオリジナル衣装を身にまとい桃太郎の援軍として熱演!
■最終章は映画級のスケールと見応え!長尺90秒も公開!
■小栗旬さんと野村周平さんCM初共演!お二人のインタビューコメントも必見!

 サントリー食品インターナショナル株式会社は、桃太郎が鬼ヶ島で倒れ、「桃太郎、敗れる?」という衝撃のシーンが映し出された、今年7月オンエアのTVCM「桃太郎を助けよう!」篇の続編として、鬼との最終決戦に挑むペプシ桃太郎CM最終章「Episode.5(鬼ヶ島)」篇を12月1日(金)からウェブにて公開、12月3日(日)より全国でオンエアを開始します。
 前回の「桃太郎を助けよう!」篇では、野村周平さんが初めて本シリーズに登場し、鬼ヶ島で倒れた桃太郎を助けるべく、ペプシを左胸にかざす「スケダチポーズ」を決め「行くぜ!」と呼びかけ、「Episode.5(鬼ヶ島)」篇へのCM出演者総勢50名の募集を行いました。そして今回、その応募で出演権を獲得した一般応募キャスト49名が、野村周平さんをリーダーに援軍として参加し、桃太郎(小栗旬さん)を助けに行く最終章、「Episode.5(鬼ヶ島)」篇が最高の迫力をもって公開されます。
 また、ペプシブランドサイト(www.pepsi.co.jp)では、映画級にスケールが大きく見応え抜群のペプシストロング 桃太郎「Episode.5(鬼ヶ島)」篇(90秒)や一般応募キャストの視点で撮影風景を追いかけたドキュメンタリーメイキングムービーも公開します。

ペプシストロング 桃太郎「Episode.5(鬼ヶ島)」篇 概要
■ペプシストロング 桃太郎「Episode.5(鬼ヶ島)」篇(30秒)/(90秒)
出演:小栗旬(桃太郎役)、野村周平(援軍リーダー役)、一般応募キャスト49名(※)(援軍役)ほか
WEB公開日:2017年12月1日(金)
TVCMオンエア日:2017年12月3日(日)
オンエア地域:全国(地上波)
WEB URL:
30秒バージョン )https://www.youtube.com/watch?v=Zu6hgDhDIl4
90秒バージョン )https://www.youtube.com/watch?v=5tFCsH9KrbI
メイキング映像 )https://www.youtube.com/watch?v=cBaRrY_qWfo

※キャンペーンにて50名が出演権を獲得し、うち49名が参加。

ペプシストロング 桃太郎「Episode.5(鬼ヶ島)」篇 ストーリー (90秒Ver.)

鬼ヶ島での圧倒的な鬼の強さに苦戦する、犬、キジ、そして桃太郎(小栗旬)。その様子を離れたところから見ていたサルは、3人を残してその場から立ち去ります。

時を戻して、サルと桃太郎の出会いのシーン。サルは、我こそが最強と自負していたものの、桃太郎との一騎打ちに敗れてしまいます。戦いの後、サルの強さを感じ取った桃太郎は、力を貸して欲しいと静かに願うのです。

再び鬼ヶ島を脱出して海を渡るサル。力尽き、島に打ち上げられたところを人間の若者たち(一般応募キャスト)に助けられます。意識が戻ったサルは、人間たちに猛然と訴えます。「桃太郎を助けてくれ!」サルの訴えに人間たちも立ち上がります。「これは自分たちの問題なのだ」と。

サルを先頭に人間たちも鬼ヶ島へ上陸。それを迎える桃太郎・犬・キジ。そして、みんなで鬼に向かっていく…自分より強いヤツを倒せ。FOREVER CHALLENGE PEPSI

ペプシストロング 桃太郎「Episode.5(鬼ヶ島)」篇 の見どころ

■7月に実施した「Pepsiを飲んで、桃太郎を助けよう!」キャンペーンで当選した一般応募キャストがそれぞれ異なる衣装を身にまとい桃太郎の援軍として熱演!

今年7月、総勢50名を桃太郎新CMのキャストとして募集する「Pepsiを飲んで、桃太郎を助けよう!」キャンペーンを開始し、当選された一般の方々49名にエキストラではなく、桃太郎の援軍キャストとして、CM撮影に参加いただきました。
キャストということで、49名それぞれ異なるオリジナル衣装をデザイナーが制作。その衣装をまとい、悪天候の中、雨や風にも負けず撮影を行いました。

一般応募キャストからのコメント
・スタッフの多さやセットなど、映画のようでビックリしました。とても楽しかったです。(東京都 30代女性)
・(エキストラではなくキャスト(俳優)ですよ!)みんなに自慢します!なかなか体験できないことで、とても刺激になりました。今後の人生(仕事や生活など)を「よりやるぞ!」と思いました。(栃木県 20代男性)
・あっと言う間に終わっちゃいました。でも、良い経験ができたのでとても楽しかったです!!(三重県 20代男性)
・こんなにも多くの人が関わり、時間を掛けて作られているとは知らなかったです。とても楽しかったし、大変な分、感動もしました。またこのような機会が与えられるのであれば是非参加したいです。(千葉県 20代女性)

■2014年から続くペプシ桃太郎CMでまだ発表されていなかった桃太郎と「サル」との出会いも描かれる

 2014年12月オンエア「Episode.2」篇では、桃太郎の仲間である「犬」に焦点をあて、2015年7月オンエア「Episode.3」篇では「キジ」、さらに双子の兄「カラス」も登場。そして今回の「Episode.5」では「サル」との出会いから桃太郎との決闘、仲間としての活躍ぶりが描かれています。

■桃太郎(小栗旬)と一般応募キャスト49名の援軍、「サル」「キジ」「犬」が戦いに挑むシーン

 小栗旬さんが演じる桃太郎と、桃太郎の仲間である「サル」「キジ」「犬」とともに一般応募キャスト49名の援軍がたいまつを持って戦いに挑むシーンは、この作品の中でも1番の見どころ。迫力のある緊迫感が撮影現場を覆いました。

撮影エピソード
 雨こそ小降りながら強風が吹く撮影現場では、そんな天候もなんのその。逆に「リアル鬼ヶ島感」が出ているとばかりに、小栗さんや野村さんをはじめ49名の一般応募キャストの方々も、そしてもちろんスタッフも、気合たっぷりに撮影に挑みました。
 撮影序盤は緊張していた一般応募キャストも撮影を重ねるたびに、徐々に役者の顔に。一般応募キャストの本気度がじわじわと伝わってきました。中でも、全員でたいまつを掲げるシーンは、圧巻の一言。それぞれの鬼気迫る表情が印象的でした。そして、撮影終了間際には、なんと、一般応募キャストが控えていたバスに小栗さんが挨拶に来てくれるサプライズが!一般応募キャストの声援に笑顔で気さくに応じてくださる“本物の桃太郎“の粋な計らいに、全員が大感激!素敵な思い出として胸に刻まれました。

ドキュメンタリーメイキングムービー
 一般応募キャストの目線から見たCM撮影現場のドキュメンタリーメイキングムービーは、その様子を3台のカメラがキャストに密着して制作し、あたかも自分がこの現場に参加しているような感覚になってもらうこと狙いです。各シーンとも臨場感あふれるキャスト一人ひとりの真剣な表情に注目です。悪天候や強風にも負けじと参加している姿は、もはや本当の桃太郎の仲間のように頼もしく見えました。特に全員でたいまつを掲げるシーンでは、キャスト同士の結束が非常に強くなっていることを感じさせます。
 メイキング映像 )https://www.youtube.com/watch?v=cBaRrY_qWfo

ペプシ桃太郎CMシリーズについて
 2014年よりオンエアしている本シリーズは、2014年、一般社団法人全日本シーエム放送連盟(略称:ACC)が主催している「ACC CM フェスティバル」で最高賞の総務大臣賞/ACC グランプリに選出され、YouTubeではシリーズ累計1,160万回以上再生されるなど、多くの皆様からご好評をいただいています。

■これまでのペプシ桃太郎CMストーリー
2014年3月オンエア「Episode.ZERO」篇
巨大な鬼の一族の襲来を噂に聞いた桃太郎が、犬・サル・キジを仲間にして鬼ヶ島に旅立ちました。
2014年5月オンエア「Episode.1」篇
桃太郎は3人の仲間に出会う前、一人で鬼に挑み、敗れます。
剣の達人「宮本武蔵」を訪ね、武蔵のもとで修行を積み、再び鬼に挑むべく旅に出ました。
2014年12月オンエア「Episode.2」篇
桃太郎の仲間である「犬」に焦点をあて、壮大な雪山のシーンの中で、犬の生い立ちから桃太郎と出会うまでのストーリーを描きました。
2015年7月オンエア「Episode.3」篇
桃太郎の仲間である「キジ」の双子の兄「カラス」も登場。キジは奪われた兄の心を取り戻すため、鬼と化したカラスと戦う決意をし、激しい戦いを繰り広げました。
2016年8月オンエア「Episode.4」篇
桃太郎の宿敵である“オニ”の過去に隠された、悲しくもドラマティックなエピソードが語られました。

そして、最終章となる今回の「Episode.5(鬼ヶ島)」篇では、野村周平をリーダーに一般応募キャスト49名が
桃太郎(小栗旬)を助け、鬼との最終決戦に挑みます。

以上