伊右衛門の味わい

「一番茶」を贅沢に使用

ほどよい苦みとさわやかな香り 一番茶 4月下旬~5月(涼しい季節)

  • 二番茶・三番茶 一番茶を摘んだ後に成長する茶葉のため、栄養を蓄える期間が短く、香り・旨みは一番茶の方が豊か。6月~8月(暑い季節)
  • 秋冬番茶 茶葉が大きくなり収穫量は多いが、栄養分は春から夏に摘まれる茶葉の方が多い。9月下旬~10月(涼しい季節)

サントリー緑茶「伊右衛門」は一番かぶせ茶を加えることで、清涼な香りと心地よい旨渋みの後味を感じる味わいを実現しました。また、上級な茶葉であるほど、緑茶の旨み成分である“テアニン”が多いとされており、伊右衛門は含有量がNO.1です。

旨味成分テアニンとは
< 一番茶比率 >