• EXILE ATSUSHI

  • 生島淳

  • 石井貴

  • 石田雄太

  • 上原浩治

  • 江川卓

  • 大枝茂明

  • 小倉智昭

  • 片岡安祐美

  • 黒木知宏

  • 後藤武敏

  • 小谷野栄一

  • 権藤博

  • 澤井芳信

  • 沢村栄純

  • SKE48
    須田亜香里

  • Dustin Pedroia

  • 田中大貴

  • 中嶋聡

  • 二宮清純

  • 長谷川穂積

  • ハロルド作石

  • 東尾修

  • 平石洋介

  • 藤平尚真

  • 村田修一

  • 山本昌

  • 渡邊佳明

  • Sports Graphic Number
    編集部

  • EXILE ATSUSHI

    READ MORE
  • 生島淳

    READ MORE
  • 石井貴

    READ MORE
  • 石田雄太

    READ MORE
  • 上原浩治

    READ MORE
  • 江川卓

    READ MORE
  • 大枝茂明

    READ MORE
  • 小倉智昭

    READ MORE
  • 片岡安祐美

    READ MORE
  • 黒木知宏

    READ MORE
  • 後藤武敏

    READ MORE
  • 小谷野栄一

    READ MORE
  • 権藤博

    READ MORE
  • 澤井芳信

    READ MORE
  • 沢村栄純

    READ MORE
  • SKE48 須田亜香里

    READ MORE
  • Dustin Pedroia

    READ MORE
  • 田中大貴

    READ MORE
  • 中嶋聡

    READ MORE
  • 二宮清純

    READ MORE
  • 長谷川穂積

    READ MORE
  • ハロルド作石

    READ MORE
  • 東尾修

    READ MORE
  • 平石洋介

    READ MORE
  • 藤平尚真

    READ MORE
  • 村田修一

    READ MORE
  • 山本昌

    READ MORE
  • 渡邊佳明

    READ MORE
  • Sports Graphic Number
    編集部

    READ MORE
EXILE ATSUSHI
ボーカリスト

15年来の友人。「同じ歳にこんなにも素晴らしい野球界のスーパースターがいることをいつも誇りに思っています。」

生島淳
スポーツライター

「いくらでも待つ。最高の大輔を、もう一度。」

石井貴
楽天イーグルス 二軍投手コーチ

西武ライオンズ時代のチームメイトであり、教育係。「大輔は、今でも大切な後輩。まだまだ頑張って、今度は奢ってほしい(笑)。」

石田雄太
スポーツジャーナリスト

雑誌「Number」で長期にわたり松坂を密着取材。そんな彼が、もう一度見たい名勝負の記憶。

上原浩治
読売巨人軍 投手

国際大会でのエピソード。次の日の先発が決まっていて、緊張で全く箸の進まない上原を気にもせず、松坂はうまそうにカレーを食べていた。

江川卓
野球解説者(元・読売巨人軍 投手)

昭和の怪物。「"全て良い方に考える”。どんな状況でも前向きに捉える姿勢が、僕と似ている。これからも、その姿勢を貫いてほしい。」

大枝茂明
元・江戸川南リトルシニア 監督

松坂の原点ともいえるリトルシニア時代、監督が常に教え子に語っていたチームの合言葉。

小倉智昭
キャスター

「西武ファンだが、大輔は特別。ずっと応援してきたし、これからも活躍を願っている。」

片岡安祐美
茨城ゴールデンゴールズ 選手兼任監督

「小学生の頃、甲子園で活躍する松坂投手の記事を夢中でノートに貼っていました。あの頃から今まで、松坂投手以上の”怪物”を私は見たことがないです。」

黒木知宏
野球評論家
(元・千葉ロッテマリーンズ 投手)

「激励の言葉は必要ない。なぜなら、本人は自分がまだ"やれる"ことを分かっているから。」

後藤武敏
楽天イーグルス 二軍打撃コーチ

横浜高校時代のチームメイト。「自分たちの世代の最後の1人になるまで闘ってほしい。」

小谷野栄一
楽天イーグルス 一軍打撃コーチ

「結局、小学校のときから一度も打てなかったけど、勝負はまだ終わっていない。俺がコーチをしている選手が必ず打つ。」

権藤博
野球評論家
(元・横浜ベイスターズ 監督)

「なんだかんだいって、ここぞという時は大輔。」という想いで、いつも松坂の試合を見ている。

澤井芳信
京都成章高校野球部OB

1998年、夏の甲子園大会決勝。澤井の打球が抜けていれば、松坂のノーヒットノーランは幻となっていた。

沢村栄純
青道高校野球部『ダイヤのA(エース)』

週刊少年マガジンで連載中の野球漫画、『ダイヤのA(エース)』の主人公。出所の見えないクセ球が持ち味。

SKE48
須田亜香里
アイドル(中日ドラゴンズ応援大使)

「愛知に来てくれたことが嬉しい。一緒に夢を追いかけたい。」

Dustin Pedroia
ボストン・レッドソックス 内野手

ボストン・レッドソックス時代のチームメイト。
2007年当時、優勝を一緒に成し遂げたメンバーで、唯一レッドソックスに残る現役の選手。「Dice」は松坂の愛称。

田中大貴
スポーツアンカー

2018年夏、同学年の友人として食事に行った時の思い出。

中嶋聡
オリックス・バファローズ
二軍監督(元・西武ライオンズ 捕手)

西武ライオンズ時代の先輩。よくバッテリーを組んでいた。「まだまだやれるよな?という激励の気持ちを、この言葉で伝えたい。」

二宮清純
スポーツジャーナリスト

「長いスポーツライティング活動の中でも、彼のこの言葉は忘れられません。」

長谷川穂積
元・プロボクサー(世界3階級制覇王者)

「同じように世界で戦った者として、先に現役を引退した者として、そして友人としてこの言葉を。」

ハロルド作石
漫画家(『ストッパー毒島』作者)

松坂が高校時代、愛読していた野球漫画『ストッパー毒島』の作者。彼のチェンジアップは、主人公「毒島大広」が投げる「ブスジマチェンジ」から学んだ。

東尾修
野球解説者(元・西武ライオンズ 監督)

西武ライオンズへの入団直前、自身の“200勝ボール”をプレゼント。「将来200勝したら、そのボールを俺にくれ。」と約束をしている。

平石洋介
楽天イーグルス 監督

1998年、夏の甲子園準々決勝、延長17回の激闘を繰り広げた。「どんな時でも、自分を貫いてほしい。」

藤平尚真
楽天イーグルス 投手
(横浜高校野球部OB)

横浜高校野球部の後輩。「大先輩にこんな言葉は恐縮ですが(笑)。」

村田修一
読売巨人軍
ファーム打撃兼内野守備コーチ

「松坂は、高校時代からのライバルであり、生涯の憧れ。」

山本昌
野球解説者(元・中日ドラゴンズ 投手)

中日を優勝に導いてほしい。ベテランとして、チームを引っ張っていってほしいという願い。

渡邊佳明
楽天イーグルス 内野手
(横浜高校野球部OB)

横浜高校野球部の後輩。「昔、サインをもらった時に、『プロで待ってるから』と言われた。これからは、同じプロの立場。挑戦していきたい。」

Sports Graphic Number
編集部

ときに華々しく、ときに傷つきながらも、時代を駆け抜けた、松坂大輔選手。
その勇姿は、多くの人に感動や勇気を与え続けてきました。
そんな平成の怪物を、ルーキーだった20年前から追いかけてきたNumberは、これからもあなたを応援し続けます。

1998年、夏。あの、延長17回の激闘を制し、
「平成の怪物」として、その名を球界に
轟かせ始めてから、早20年。

数々の栄光を手にしてきたこの20年は、
決して順風満帆だったわけではないでしょう。
新天地で結果を残せないときもあった。
調子を崩して思うようにいかないときもあった。
同世代の仲間の引退に気を落とし、
若いやつらに、してやられることだってあった。

それでも、それでもあなたはまだ、
今も変わらず、投げつづけている。

平成が終わっても、怪物は終わらない。

いつまでも挑みつづけるあなたに、
次の時代もその姿で、
多くのひとを勇気付けるであろうあなたに、
ささやかながら、エールを。
平成最後の寄せ書きです。

伊右衛門ブランドサイトへ
あなたも松坂投手にエールを贈りませんか?
メッセージが書けるボール画像の
ダウンロードはこちらから

拝啓、平成の怪物へ。28球のエール

「平成の怪物」松坂大輔投手へ、
平成最後のサプライズ。