“ブランド価値×イノベーション”

私たちが長年培ってきた、ブランドという資産。
そのブランドを活用しながら、さらに価値を向上させていく。
そんな好循環を生み出すため、研究開発生産マーケティング販売というあらゆる活動において
私たちはイノベーションを起こし、新たな価値をご提案してきました。
この好循環こそが持続的な成長につながると信じ、これからも挑戦を続けてまいります。

研究開発

高付加価値商品を生み出す研究開発

私たちの事業をさらに成長させていく上で欠かせないのは、
お客様の新たなニーズを創造する高付加価値商品の開発です。
その原動力となっているのが、私たちの長年の研究開発の積み重ねです。

伊右衛門 特茶

伊右衛門 特茶
<「伊右衛門 特茶」の事例>

「伊右衛門 特茶」は、トクホ飲料*1です。従来のトクホ飲料の多くは、食事と一緒に摂ることで、脂肪を吸収しにくくするものでした。しかし「伊右衛門 特茶」は、トクホ飲料で初めて、脂肪の「分解」というメカニズムに着目しました。その特徴は、すでに体についてしまった体脂肪に働きかけるため、食事の際 だけでなく仕事中や運動時など、さまざまなシーンでの飲用に適していること、毎日飲み飽きないおいしさを実現したことです。 長年にわたるポリフェノールの研究の中で、たまねぎやブロッコリー、りんごなどの野菜や果物に多く含まれている「ケルセチン配糖体」を発見。これに「体脂肪を減らす」のを助ける働きがあることを見出しました。
単に体脂肪を低減させるだけでなく、毎日おいしく飲んでいただけるトクホのお茶をお届けしたい、私たちはそんな思いで試行錯誤を重ね、研究の開始から約7年という年月を経て、ケルセチン配糖体を配合した「伊右衛門 特茶」を完成させました。
おいしさと機能の両立という価値を、積極的な広告宣伝、営業活動で訴求した結果、2013年10月の発売以来、販売が好調で、3年連続トクホ飲料NO.1*2となりました。

*1 トクホとは特定保健用食品です。健康の維持・増進に役立つことが科学的に証明され、消費者庁に認められた食品です。
*2 インテージSRI・トクホ飲料市場・2014年1月-2016年12月「伊右衛門 特茶」販売金額 (業態:スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア 計)

閉じる

グローバルな事業展開ならではの知見を活かした製品開発

私たちは「ナチュラル&ヘルシー」、「ユニーク&プレミアム」という独自の製品ポートフォリオのもと、これまで日本や海外のグループ会社がそれぞれ培ってきた開発・生産の技術を結集した新製品を、世界で展開しています。

オランジーナ、TEA+

オランジーナ、TEA+
<ブランドを活かした事例>

2012年には、フランスで誕生した果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」を日本でも発売。
2015年には日本と欧州の技術を組み合わせた新たなフレーバー展開として、「レモンジーナ」を発売。さらに、2016年3月には「ブラッドオレンジーナ」を発売しました。

<技術を活かした事例>

2013年には、サントリーウーロン茶の技術を活用し、ベトナムで「TEA+」を、インドネシアで「MYTEA」を発売しました。また2014年にはオーストラリアで、緑茶の抗酸化成分を配合したハイドレーション飲料「OVI」を発売し、ニュージーランドと米国でも発売しました。2016年にはフランスで、低糖のプレミアムアイスティー「May Tea」を発売しました。

閉じる

生産

容器の軽量化イノベーション

生産の現場においても、イノベーションへの取り組みを進めています。その代表例が、ペットボトルをはじめとする、容器や包材の軽量化です。
ペットボトルの軽量化のほか、キャップの軽量化、ロールラベル化等を進めています。これらは環境負荷低減を目指した取り組みであると同時に、生産コスト低減にも寄与しています。

海外でのコスト削減活動

日本だけでなく、海外でもコスト削減に向けた取り組みを進めています。
例えば、ベトナムでは2015年から自社のプリフォーム製造ラインを稼働させています。
ペットボトルは、レジンを原料とした、プリフォームとよばれる原型の中に空気を送り込み膨らますことで作られています。このプリフォームを社内で製造することで、原価低減につなげています。

マーケティング

欧州におけるシュウェップスの展開

お客様のニーズをとらえ、新たな価値を創造する製品を市場に送り出すために、マーケティングにおけるイノベーションは欠かせません。
その成功例のひとつが、欧州におけるプレミアムシュウェップスの展開です。

シュウェップス

シュウェップス
<「シュウェップス」の事例>

私たちは欧州の多くの国でシュウェップスを展開しています。中でも重要なマーケットであるスペインでは、ジントニックのブームを背景に、バーやレストラン等、業務用市場で「シュウェップスプレミアムミキサーズ」が伸長しています。
ジンやトニックのブランドを選んで注文する、という現地の習慣をうまくとらえることができたのです。
営業部隊が、バーやレストランのニーズをきめ細やかに対応しているほか、高級感のあるユニークなボトルも、ブランド力の向上に貢献しています。また様々なスピリッツにあわせるフレーバーも展開しています。
このスペインでの成功を、フランスをはじめ欧州の他の国にも展開し、新たな収益の柱に育てていく方針です。

閉じる

ブランド力を生かした、ニーズの創造

マーケティングのもう1つの特徴は、強いブランド力を生かし様々なカテゴリーに新たな価値を提案する商品展開で、新たなニーズを創造してきたことです。

<「サントリー天然水」の事例>

国内の中核ブランドの1つである「サントリー天然水」は、“清冽でおいしい水”“ナチュラル&ヘルシー”をブランド独自の価値として訴求しています。1991年の発売以来、販売数量の伸長を続けてきた、ミネラルウォーター市場21年連続No.1*1のブランドです。
強いブランド力を生かし、2013年にはスパークリングウォーター、2014年からはフレーバーウォーターといった新たなサブカテゴリーを創造し、お客さまへの価値提案を進めています。2015年に発売した「ヨーグリーナ&南アルプスの天然水」の好調な販売も寄与し、2016年の「サントリー天然水」ブランドの販売数量が1億ケースを達成しました。また、2017年には「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン」を発売しました。

*1 インテージSRI調べ ミネラルウォーター販売実績96年1月-16年12月(金額)
【業態】
96年-01年 スーパー、コンビニエンスストア、一般酒店、食料品店、パン菓子店 計
02年-06年スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、一般酒店、食料品店、パン菓子店 計
07年-16年スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア 計

閉じる

<「サントリー天然水」の事例>

国内の中核ブランドの1つである「サントリー天然水」は、“清冽でおいしい水”“ナチュラル&ヘルシー”をブランド独自の価値として訴求しています。1991年の発売以来、販売数量の伸長を続けてきた、ミネラルウォーター市場21年連続No.1*1のブランドです。
強いブランド力を生かし、2013年にはスパークリングウォーター、2014年からはフレーバーウォーターといった新たなサブカテゴリーを創造し、お客さまへの価値提案を進めています。2015年に発売した「ヨーグリーナ&南アルプスの天然水」の好調な販売も寄与し、2016年の「サントリー天然水」ブランドの販売数量が1億ケースを達成しました。また、2017年には「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン」を発売しました。

*1 インテージSRI調べ ミネラルウォーター販売実績96年1月-16年12月(金額)
【業態】
96年-01年 スーパー、コンビニエンスストア、一般酒店、食料品店、パン菓子店 計
02年-06年スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、一般酒店、食料品店、パン菓子店 計
07年-16年スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア 計

閉じる

<「BOSS」の事例>

缶コーヒーの「BOSS」は発売以来、20年以上にわたり成長を続けているロングセラーブランドです。
時代とともに変化する消費者の嗜好に対応し、「スタンダード」だけでなく「微糖」「ブラック」「カフェオレ」といった新たなカテゴリーを創出し、話題性のあるプロモーションの展開など、様々な提案を行ってきました。2015年には、ボトル缶の「プレミアムボス 微糖」、2017年にはペットボトルの「クラフトボス ブラック」を発売しました。

閉じる

販売

総合飲料サービス提供事業で、新たなビジネスモデルに挑戦

2015年、株式会社ジャパンビバレッジホールディングスおよびジェイティエースター株式会社をわれわれのグループに迎えたことにより、お客様に幅広い選択肢を提供できる総合飲料サービス提供事業(自動販売機事業、ファウンテン事業及びウォーター事業)を得ることができました。これまで私たちが培ったネットワーク、商品や機材の開発力、グループ各社とのシナジー、外部パートナーの力を加えることで、さらにこれを進化させてまいります。

ただお客様に製品をお届けするだけでなく、気分転換のためのリフレッシュメントや、健康への気遣い、さらには、仲間とのコミュニケーションの促進など、一人ひとりの生産性が高めること、すなわち働く場所を活性化するためのソリューションを提供してまいります。

PAGE
TOP