社会、自然との共生を実現し、真に価値ある企業となるために、サントリーグループは企業理念「人と自然と響きあう」の実現に向け、ステークホルダーとともにさまざまな活動を進めています。

トップコミットメント

サントリー食品インターナショナル株式会社 代表取締役社長 齋藤和弘

私たちを取り巻く外部環境の不確実性が増す今こそ、サステナビリティにしっかりと取り組むことが不可欠なことだと考えています。企業は社会の一部であり、社会を含めた全ては自然の一部であり、企業経営と社会、自然は互いに密接に繋がっています。

お客様にお届けする商品に必要となる水や容器等の資源を循環させ、最大限に有効活用し、環境負荷を低減させることは企業活動のみならず、健全で安定した社会生活の維持に貢献できることだと捉え、お届けする商品を通して、お客様一人一人が心身ともに健やかで、潤いある生活を送るサポートをしてまいります。

「水と生きる」を社会との約束として掲げ、創業以来の価値観である「利益三分主義」を実践し続けているサントリーとして、これからも住み続けられる健やかな自然環境を守り育み、次の世代にしっかりと引き継ぐ必要があります。
その責任を果たすために、ステークホルダーの方々との連携を深めながら、事業成長に加えて持続可能な社会の実現に向け、サステナビリティを中心に据えた経営に取り組んでまいります。

サントリー食品インターナショナル株式会社
代表取締役社長 齋藤和弘

サステナビリティビジョン

サントリーグループの
サステナビリティ・ビジョン

サントリーグループが目指す
サステナビリティ

サントリーグループは、水や農作物など自然の恵みに支えられた総合酒類食品企業として、「人と自然と響きあう」を使命に掲げ、人々の生活を潤い豊かにすることと自然環境を守り育むことが共存し、人と自然が互いによい影響を与えあって永く持続していく社会をめざします。この使命を実現するために、私たちは自然への尊敬と感謝を忘れず、水をはじめとする自然の生態系が健全に循環するための様々な活動に取り組んできました。そして、商品・サービスを通してすべての人に人間らしい生活文化を提供することに加えて、バリューチェーン上のすべてのプロセスにおいて、私たち自身の事業成長が持続可能な社会の実現に貢献できるよう努めてきました。
いま世界は、気候変動に伴う水不足や生物多様性等の問題、廃棄物による環境汚染、貧困や人権侵害など、多岐にわたる環境・社会課題に直面しています。2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、持続可能な社会の実現に向けて企業の積極的な取り組みが期待される中、グローバルに事業を展開する私たちサントリーグループも、世界の課題にこれまで以上に真摯に向き合い、「Growing for Good」の志のもと、持続可能な社会の実現に向けて挑戦を続けます。

  • 「SDGs」=2015年9月に国連サミットで採択された、2030年までに全世界が取り組むべき目標(Sustainable Development Goals)
サントリーグループの約束・サントリーグループの理念体系

サントリー食品インターナショナルのマテリアリティ
(重要課題)

当社は、ステークホルダーにとっての重要性・中長期経営戦略の観点から重要課題分析を実施。第三者機関による評価・検証を経て、「持続可能な開発目標(SDGs)」の17目標のうち、目標6「水・衛生」、目標3「健康・福祉」、目標8「働きがい・経済成長」、目標12「責任ある生産・消費」、目標13「気候変動対策」の5つを重要度の高い取り組み目標(課題)とし、今後活動を深化させていきます。

SDGsポスター

※持続可能な開発目標(SDGs)

SDGsは、あらゆる形態の貧困に終止符を打つことを狙いとした国際的な目標のことで、すべての国々に対して、豊かさを追求しながら、地球を守ることを呼びかけています。17の「持続可能な開発目標(SDGs)」は、世界に対してより具体的なアクションをとるように目標が明確化されています。

サントリー食品インターナショナルの推進体制

当社は、「サステナビリティ委員会」を中心に、取締役会と連携しながらグローバルでの活動を推進し、サステナビリティ・ビジョンに基づいた戦略の立案や各案件の進捗共有などのモニタリングを行います。

サントリー食品インターナショナルの推進体制

ステークホルダーとの関わり

サントリーグループの事業活動は、多様なステークホルダーとの関わりの中で進められています。持続可能な社会の実現に貢献する企業であり続けるために、私たちはステークホルダーへの責任を明らかにするとともに、さまざまなコミュニケーションを実施。いただいたご意見や社会のニーズを企業活動に反映し、高い信頼関係や協働関係を継続的に築いていくことを目指しています。

ステークホルダーとのコミュニケーションの機会の図

ステークホルダーとのコミュニケーションの機会

ISO14001認証取得をグループで推進

事業活動と環境活動を一体化し、継続的に進化させていく手法の1つとして、サントリーグループ各社では環境マネジメントシステムの国際規格 ISO14001認証取得を積極的に進めてきました。すでに国内のグループ会社では統合認証取得を完了し、運用が定着したことから、2017年より環境負荷の小さな拠点については順法管理の仕組を強化するとともに認証対象外とし、より効率的な環境マネジメントを行えるようにしています。海外グループ会社においても生産拠点を中心に認証を取得しています。海外グループ会社生産拠点では2021年時点で約70%が取得しています。
サントリーグループ各社では、事業のバリューチェーンに携わる各部門が連携を強め、原材料調達から廃棄までの全段階で環境視点を取り入れた事業活動を推進しています。

  • 日本版SOX法対象のグループ会社

サントリーグループISO14001認証取得一覧

PAGE TOP