環境方針

サントリーマーケティング&コマース環境方針

サントリーマーケティング&コマースは、環境活動を事業活動の一つと認識し、バリューチェーン全体を視野に入れて、生命の輝きに満ちた持続可能な社会を次の世代に引き渡すことが出来るよう努力します。

  • 1. サントリーマーケティング&コマース 重点実施項目
    (1) 「水と生きる SUNTORY」を構成する企業として、水を大切に使います。
    (2) 地球温暖化防止に取り組む企業として、省資源・省エネを行いCO2の削減に努めます。
    (3) 循環型社会を目指す企業として、廃棄物の減量化・再資源化に取り組みます。
    (4) 環境に取り組む企業として、従業員自らエコオフィスを実現し、グリーン調達を推進します。
    (5) 環境に取り組む企業として、エコショップを実現し、環境を意識したお客様対応を推進します。
    (6) 環境に取り組む企業として、広く環境情報の開示に努めます。
  • 2. 環境マネジメントシステムを構築し、環境目的・目標を設定して環境保全活動に取り組み、
    継続的改善・環境汚染の予防につなげます。
  • 3. 環境関連の法規制・協定を順守します。
  • 4. この環境方針は、すべての従業員と組織のために働く全ての人々に周知します。
    また環境教育・啓発などを通じ、従業員の環境意識の向上に努めます。

2017年4月
サントリーマーケティング&コマース株式会社
代表取締役社長 佐藤 隆之

サントリーマーケティング&コマース「環境活動推進委員会」

社員自ら環境目的・目標を設定して環境保全活動に取り組んでいます。

photo

サントリーマーケティング&コマースでは各部署から環境委員を選出し、日々の業務活動の中から‘ムダ’を発見して改善したり、定例会を実施して環境問題に関する情報・意見交換を行ったりするなど、環境負荷の低減を図り、また、環境と業務の調和を実現するために活動しています。

主な取り組み

1 空調で調節!
冷・暖房は、必要な場所で・必要なときだけ・・・
会議室等、使用後はOFFの習慣を心がけます。

冷房時の室温は28℃※に設定
暖房時の室温は20℃に設定

※1日1時間、使用時間を減らした場合の省エネ効果(年間) ・冷房(設定温度28℃)電気18.78kWh、原油にして4.73L CO2削減量7.9kg ※電力の排出係数0.419-CO2/kWhで試算

  • 冬場の取組み:暖房に頼らず、重ね着や軽い体操を取り入れます。
  • 夏場の取組み:オリジナルうちわを製作、社員への環境教育・啓発を行います。
photo
2 照明で節電!
点灯時間を短くしよう・・・
  • 普段の取組み:昼食時、帰宅時には消灯を忘れずに行います。
3 省エネ行動で節電!
こまめなスイッチオフ・・・

外出時、退社時のPC電源OFFを忘れずに実施し、パソコン輝度「50」※設定を守ります。
退社時、ポットの電源OFFも忘れずに行います。

※1日1時間、使用時間を減らした場合の省エネ効果(年間) ・デスクトップ型 電気31.57kWh、原油にして7.96L CO2削減量13.2kg ・ノート型 電気5.48kWh、原油にして1.38L CO2削減量2.3kg ※電力の排出係数0.419-CO2/kWhで試算

ゴミの分別・ゴミ削減の徹底

環境活動の一環として、ゴミの分別・ゴミの削減を徹底するべく、ゴミの分別と削減を徹底的に行っています。

どこに捨てたらいいの?という悩みを解消!分別方法を分かりやすくしました! エコの観点から、ダンボ-ル、緩衝材、ギフトBOX等、リサイクル品としてまだ活用出来るものの「再利用コーナー」を設けました。

  • 普段の取組み:ゴミ箱の前にゴミの分類が一目でわかるポスターを貼りました。
photo