特別講演会

隈 研吾、サントリー美術館を語る

イベント終了

  • 日 時:6月3日(土)14:00〜15:30(13:30開場)
  • 会 場:サントリー美術館(6Fホール)
  • 定 員:120名
  • 料 金:2,500円(自由席・当日入館料込)
  • *未就学児の入場はできません。
    *メンバーズ・クラブの優待はございません。

隈 研吾 氏|建築家

プロフィール

1954年生。東京大学建築学科大学院修了。90年、隈研吾建築都市設計事務所設立。現在、東京大学教授。97年「森舞台/登米市伝統継承館」で日本建築学会賞、2010年「根津美術館」で毎日芸術賞、11年に「梼原木橋ミュージアム」で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
近作に、サントリー美術館、浅草文化観光センター、長岡市役所アオーレ、歌舞伎座、豊島区庁舎、ブザンソン芸術文化センター、FRACマルセイユ、UNDER ONE ROOF project for the EPFL ArtLabがあり、現在、新国立競技場、スコットランドのヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム・ダンディーのほか、フランスのサン・ドニ駅、アルベール・カーン・ミュージアム、イタリアのパドヴァ・コンベンション・センターなど16カ国でプロジェクトが進行中。著書は『小さな建築』(岩波新書)、『自然な建築』(岩波新書)、『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)、『なぜぼくが新国立競技場をつくるのか』(日経BP社)他、多数。

※イベント終了

隈 研吾 氏 建築家

©The Courier