WEB エッセイ/レポート

31 『サントリー学芸賞選評集』刊行記念企画vol.3 言論のアリーナのために 三砂 慶明

 私がはじめてサントリー学芸賞受賞作を読んだのは、大笹吉雄氏の『日本現代演劇史』全8冊(白水社)でした。一冊一冊が分厚くて、重くて、読み通すのに2か月かかりました。卒業論文の資料のつもりが、あまりの面白さに夢中になって最後まで読むのを止められませんでした。サントリー学芸賞は、研究者だけでなく、作家や編集者の著作も対象で、その範囲の広さもさることながら、輪島裕介氏の『創られた「日本の心」神話』(光文社新書)が受賞したときは演歌も入るのかとその目利きにも感銘をうけました。今年度受賞者の溝井裕一氏も言及したように、独自であるがゆえにサントリー学芸賞が注目しなければ陽の目を浴びることがなかった研究も数多く存在するのではないでしょうか。

 毎日出版文化賞や日経・経済図書文化賞など、優れた研究者や浩瀚な研究を顕彰する賞は数多く存在しますが、サントリー学芸賞が特異なのは、出版事業を運営母体としていないことです。ビジネスとは関係なく、良いものは良いと言い切る力強い態度が、効率や利益を重視する今の時代の日本で40年つむがれ続けてきたことは奇蹟のようです。

 財団の副理事長であり哲学者の鷲田清一氏は、『サントリー学芸賞選評賞』*に寄せた「言論のアリーナを劈く」の中で、サントリー学芸賞はあくまで学芸賞である以上、受賞は終点ではなく始点であり、同時代の激動のなかで、「象牙の塔」の住人ではなく専門領域をこえて、「ともに考える言葉を駆使できる人にその栄誉を贈るものである」と述べています。
 また、選考委員をつとめる文芸評論家の三浦雅士氏は、学術賞との違いを、「研究の対象のみならず、研究者自身の人間としての息遣いが分かるということが、学芸と学術を分ける分水嶺になっている。(中略)描かれた人間と描く人間の双方がくっきりとした姿で立ち現れていること、それが学芸賞の最大の要件なのではないか」と紹介しています。

 優れた研究であるだけでなく、その著作を通じてそれを描く人間の姿がはっきりと読者に伝わる本。それは、その本が書かれるまではどこにも存在しなかった世界への扉であり、それぞれの専門領域における幾年にもわたる探究の果てに、ようやく獲得できた新しい知の地平でもあります。
 しかしながら、学術書はその性質上、広く開かれた本ではありません。重厚な扉がぴったりと閉まっているような印象で、中に入るにはノックが必要な気さえします。実際、質、量、値段ともに本の中でも最高峰で、誰でもどうぞお気軽に、といった種類の本ではありません。どれだけ素晴らしい本であっても手に取られなければ書店の店頭にある意味は失われます。

 私にとっての課題はまさしくこの一点で、書店の店頭で出会える混じりけなしの本物の知の面白さをどうしたら伝えられるのかと、お客さまと一緒に探究してきました。
 本棚のガイドを皮切りに、お客さまと一緒に続けてきた読書会、研究者同士の本物の議論、トークショーなどを通じて見えてきたのは、講師と生徒の関係ではなく、単純に著者の人間性や研究者の情熱にふれられたときに化学反応が起こる、ということでした。ご登壇いただく著者が身を乗り出して語りはじめたとき、その情熱は観客にも伝播します。知らないことを知る喜びは、トークショーが終わったあとのお客様の表情にはっきりと表れています。細部が緊密に響き合い、観客の熱気をはらんで少しづつ形を大きくしていく。書店員としてその現場に立ち会えるのは、喜び以外の何物でもありません。

 多くの書店で、サイン会や刊行記念トークイベントなどの催しが日夜開催されていますが、恥ずかしながらやってみてわかったのは、書店は言論のアリーナたり得るということでした。日本最大規模の書店チェーン、ジュンク堂書店の名物店長でありながら、現場で書店と出版文化を研究しつづけてきた福嶋聡氏は『書店と民主主義』(人文書院)で、「願わくは、今日出る書物は、明日に向かった提言で満ち、人の知性を発火させるものであってほしい。そして、書店は、書物が喚起した議論が実り豊かな結果を産み出す、活気に満ちた「闘技場(アリーナ)」でありたい。」と記しています。
 本には手もなく、舌もありませんが、実際に書店は、本の闘技場であり、劇場です。
 本を書く人(著者)、本をつくった人(出版社)、本を届ける人(書店員)、本を読む人(読者)が一堂に集まることのできる劇場なのです。サントリー学芸賞は、毎年暮れに、書店の店頭に果実をもたらしてくれます。私たちが忘れてはならないのは、一本の樹が枝をのばし、葉を茂らせ、果実を実らせるには、種をまく前に、土を耕さなければならないという事実です。この先、サントリー学芸賞が50年、100年と続く傍らで、書店が言論のアリーナとして並走し続けられるように、一冊でも多く次の読者に手渡していけたらと願います。

*『サントリー学芸賞選評賞』は下記サントリー文化財団Webサイト内にてe-pub形式でご覧いただけます。
https://www.suntory.co.jp/sfnd/prize_ssah/list.html

三砂 慶明(みさご よしあき)

梅田 蔦屋書店 人文コンシェルジュ



過去のWebエッセイ/レポート