サントリー芸術財団のサイトへ

  • サイトマップ
  • English
  1. 音楽事業トップページ > 
  2. サマーフェスティバル > 
  3. オレステイアについて 出演者メッセージ

サマーフェスティバル

〈古代ギリシャ悲劇原作のオペラ『オレステイア』について

出演者メッセージ


松平敬©Alain Taquet

松平敬
 
 私が《オレステイア》のバリトン・ソロをはじめて歌ったのは、2003年大阪での完全版による日本初演(演奏会形式/演奏:next mushroom promotion、指揮:川島素晴)においてである。通常のバリトンの唱法とファルセットとの頻繁な歌い分けが要求される、狂気に満ちたこのソロ・パートは、歌唱技術と体力の限界に挑戦する過酷なものであった。そして、その演奏の成功をきっかけに、私は現代音楽を中心に演奏活動を行うこととなった。
 あれから9年、再び《オレステイア》を歌うこととなった。そして、演出を担当する「ラ・フラ・デルス・バウス」の名前を聞き、ほとんど宿命的なものを感じた。私が敬愛し、直接教えも受けたシュトックハウゼンの、オペラ《光の日曜日》の世界初演を、昨年ケルンへ聴きにいったのだが、その演出もラ・フラ・デルス・バウスであった。客席をも含む劇場空間全体を、火、水、映像など、洪水のような情報量で埋めつくす衝撃的な演出に打ちのめされた直後に、偶然にも本公演の出演依頼が舞い込んだのだ。  作品、演出、それぞれの強烈なオーラがぶつかり合う舞台で、一体どんな化学反応が起こるのか、今から楽しみだ。

 
 


山田和樹©Marco Borggreve

山田和樹
 
 「あなた、アクエリアス(水瓶座)か?」初対面で僕の星座をピタリと言い当てたのは、今回の演出家カルルスだった。無論誕生日を知っていた訳ではない、僕の鼻をじっと見つめた後に彼はそう言ったのだ。その瞬間、二人の距離はグッと縮まり、「彼に任せておけば大丈夫」という信頼が生まれたのだから、実に不思議な出会いだった。
 思えば星座も神話の世界と密接であり、古代ギリシア悲劇である「オレステイア」の物語にも通じてくるだろう。
 「オレステイア」は楽譜上は複雑な様相を呈しているのだが、そこから生み出されるシンプルかつ大胆な原始的とも言える響きに僕は魅せられた。大地を揺るがすようなエネルギーが内在されている音楽であり、時に呪術的でもある。僕にとっては、音楽の始まりは歌だったのか叫びだったのか、そんな根本的な問いをも想起させてくれる作品だ。
僕にとって初めてのオペラ公演であり、気合いは十分。演出家カルルスと共に鮮烈な舞台を創り上げるべく全身全霊で臨みたいと思っている。

このページの先頭へ