サントリー美術館(びじゅつかん)へようこそ!

サントリー美術館は、1961年に東京・丸の内に開館しました。1975年に赤坂見附(あかさかみつけ)に移り、2007年に東京ミッドタウンにリニューアル・オープン。美術館のテーマ「生活の中の美」のもとに日本の古美術品を中心に作品を集めたり、展覧会(てんらんかい)を行っています。

現在(げんざい)の収蔵(しゅうぞう)品は絵画・漆工(しっこう)・陶磁(とうじ)・ガラス・染織(せんしょく)など、国宝(こくほう)1件、重要文化財(じゅうようぶんかざい)13件をふくむ約3,000件。

子どもたちに日本美術の魅力を伝えていく活動にも力を入れており、中学生以下は入館無料、さらに鑑賞支援(かんしょうしえん)ツール「おもしろびじゅつ帖」をプレゼントしています。親子ワークショップやフレンドリートークなど、日本美術(にほんびじゅつ)を楽しく学べるさまざまな「エデュケーション・プログラム」を展覧会ごとに開催(かいさい)しています。