烏龍チューハイ
製品情報 ◆こだわりの中味◆ 開発秘話 ◆担当者の挑戦◆ パッケージ ◆ペットボトル◆
開発秘話 ◆担当者の挑戦◆
「今回の味には自信があります。」
今回の商品の担当は、入社5年目の女性研究者の木村。木村は入社以来2年間、烏龍茶(飲料)の担当を経験しました。
その際、日本に2名しかいない、名誉茶師・松井陽吉(サントリー社員)に師事。

烏龍茶の奥深さを知り、その美味しさに虜になりました。その後、現在のチューハイ・カクテルを担当する商品開発研究所に異動。果汁を使ったチューハイやカクテルを作る傍ら、お茶という素材を使ったお酒の研究を重ねてきました。

お客様に喜んでもらえるお茶のチューハイを目指し、試行錯誤の3年間。
お茶のチューハイの可能性をとことん追求してきた研究者だけに、この烏龍チューハイは、彼女にとっては念願の商品化です。
トップページへ