Global One Suntory

Global One Suntoryの実現に向けた人材育成とダイバーシティ経営

全世界3万8千人、その6割が日本以外で働くサントリーグループ。 一人ひとりのたゆまぬ挑戦を礎に“Global One Suntory”として発展していくため、人事では「全社員型タレントマネジメント」と「ダイバーシティ経営」を基本方針としています。人に関わるすべての施策を貫くこの二つの概念は、全社員による「やってみなはれ」のさらなる進化と新しい価値を創出するドライブになっています。

TALENT
MANAGEMENT 全社員型タレントマネジメント

サントリーは「人が命」の会社
適所適材で全社員一人ひとりの
活躍を促す

「サントリーは人が命。一人ひとりが持てる力を最大限発揮し、活躍することが会社の成長につながる」という考えのもと、さまざまな働き方を想定したきめ細かい人材育成施策を展開、個に寄り添った運用を行っています。目指す姿は「全社員が自立したプロフェッショナルとして、自らのキャリアをデザインし、新たな価値を生み出し続けるグローバルカンパニー」です。
上司、人事とともに社員が自らのキャリアを考える「キャリアビジョン」を軸に、会社・部門横断的なジョブローテーションや、 「サントリーリーダーシップコンピテンシー(マネジャー相当職対象)」 「考動項目(メンバー相当職対象)」を通じた現場での育成を通じた適材適所の配置を推進、すべての社員がキャリアをポジティブに楽しみ、活躍できる場の実現に取り組んでいます。

キャリア開発体系 キャリア開発体系
個に寄り添い、長期視点で可能性を開拓

サントリーの人材育成制度の中心にあるのは、社員・上司・人事が三位一体となった「キャリアビジョン」です。社員は自らの将来的なキャリアを見据え、10年後の姿を自らデザインし、そこから逆算して中期や直近でどんな経験を希望したいかを「キャリアビジョンシート」に申告。それをもとに上司と面談を実施、長期的な「なりたい姿」とその実現に向けた取り組みについてプランを策定します。

「人材は全社の財産。全社で個を育成する」と考え、本人の能力を最大限活かす視点で会社や事業・部門をまたがるジョブローテーションも積極的に行っています。イントラネット上の「キャリアビジョン情報サイト」では、多様なキャリアデザインを支援する情報が公開されています。

年1回の「キャリアビジョン」面談のほか、年4回、上司・部下で個々の業務や考課について話し合う面接を実施しています。メンバー層には、年初に上司と設定した業務計画の目標およびプロセスの達成度評価に加え、サントリー社員として求められる社員像を示した「考動項目」に照らした評価もフィードバックされます。評価基準を公開し、計画の立案から結果まで上司ととことん話し合い、明確にフィードバックされる仕組みにより、社員一人ひとりにとって公正かつ納得性の高い評価制度を目指しています。

キャリア体制
サントリー大学概要 サントリー大学概要
育成体系のさらなる進化を目指して
「サントリー大学設立」

人材育成プログラム全てを包含した大きなプラットフォームとして、2015年4月に 「サントリー大学」を開校しました。サントリーに集う全ての人の能力の向上を図り、魅力ある人材を作ること。未来を見据え、ずっと学び続け、成長し続けられる環境を作り出すことがミッションです。さらに、世界中に3万8千人いるサントリーグループ全員が、創業の精神を理解し共通の価値観として強く共有することを通じ、
”Global One Suntory”を実現することを目指します。

コアバリューの共有

創業の精神として大切にする「やってみなはれ」の、国内外のサントリーグループ全体への浸透に積極的に取り組んでいます。2015年には、サントリーグループ全従業員を対象にした「有言実行やってみなはれ大賞」を創設し、新発想にチャレンジングな活動を1年間実施したチームを表彰。海外でも「Walk the walk - Yatte Minahare Award」として浸透し、全世界から500チーム以上が応募しました。

サントリー大学で実施する「アンバサダープログラム」には、2012年開始以来700名以上の海外従業員が参加しています。

有言実行やってみなはれ大賞 表彰式
有言実行やってみなはれ大賞 表彰式

“海外従業員対象のアンバサダープログラム”

サントリーホールにて
サントリーホールにて
「水育プログラム」疑似体験にて
「水育プログラム」
疑似体験にて
早期成長の促進

入社1年後には一人前の社員として責任ある仕事を任せられるよう、OJTとOff-JTの両面から新入社員を育成していきます。入社時集合研修では、グローバルビジネスに関するプログラムや、ビジネスマナーのシミュレーション実習を実践。さらに入社半年後には1泊2日の「VALUE研修」を行い、創業の精神「やってみなはれ」や、「利益三分主義」を体験的に理解します。若手社員のローテーションにも積極的に取り組んでいます。年1回の上司・人事との「キャリアビジョン」面談のほか、入社4年目、9年目の社員全員と人事が面談する仕組みを整え、一人ひとりのキャリアビジョンや適性を直接把握。現場のトップ、人事が一体となり、本人がより成長できるよう営業から広報、マーケティングからシステム部門など、会社や事業・部門をまたがった異動を行っています。

若手のローテーションの具体例としては、次のものがあります。

  • 営業現場での経験を踏まえて宣伝・マーケティングの道へ
  • 飲料マーケティングから酒類マーケティングへの同じ職種で事業をまたがる
  • 財務部での海外会社のM&A業務を経て、その買収先の会社での財務管理に携わる
  • ものづくり現場での経験を踏まえて、商品の開発・味づくりに携わる
グローバル人材の育成

サントリーのグローバルな発展を支えるため、社内のグローバル人材の育成に全力を注いでいます。国内外のビジネススクールに留学し、英語による経営管理学修士(MBA)を修得する制度、グローバル業務遂行に必要なスキルを個別に設定・修得する「キャリアチャレンジ」制度などを用意。
他にも、海外グループ会社に社員を派遣する「トレーニー」制度を設けています。

さらに、国内外のサントリーグループから選抜されたチームリーダー層を対象に、半年間のGlobal Leadership Development Programを実施。世界各国の20名ほどの社員がリーダーシップ開発に取り組んでいます。

グローバル人材の育成
グローバル人材の育成

Pick Up!
トレーニー制度

これまでに18ヶ国に34人を派遣

サントリーグループは、グローバル人材の育成制度を充実させています。2010年よりグローバル人材の育成を目的としたさまざまな研修制度を導入しています。

ここでは、トレーニー制度をピックアップしてご紹介。
グループ各社や未進出エリア(新興国等)の「外部期間プログラム」または「学校への派遣」を実施し、現地でのビジネスをはじめ、語学力・コミュニケーション力および異文化理解力を習得する制度です。

Profile

阿部 誠 Makoto Abe
Vietnam(JICA民間連携ボランティア)/2006年入社

当社は漠然と海外勤務をしたいという想いがあったものの、不安があったのも事実。トレーニー制度がグローバルビジネスに携わるきっかけに。

Profile

藤野 佑一 Yuichi Fujino
PT Suntory Garuda Beverage/2007年入社

現地での工場マネジメントを担当。想像した以上の広範囲な業務をカバーする経験から、大きな成長の実感を得る。

Profile

宮﨑 優 Yuh Miyazaki
Beam Suntory Inc./2010年入社

サントリー発のブランドを世界相手にマネジメントできるようになる、を目標に、トレーニー制度にチャレンジ。

Profile

杉本 陽香 Haruka Sugimoto
Beam Suntory Inc./2010年入社

本が誇れる製品を海外へ広めたい、という想いを実現させるため、海外で現地の人々と同じ立場で仕事ができる体験を。

 

DIVERSITYダイバーシティ経営

多様な価値観を認め合いながら成長するサントリーグループ

サントリーでは、人材の多様性を推進し、多様な価値観や発想を取り入れ、活かすことによって、より大きな価値を創出する「ダイバーシティ経営」を基本方針とし、2017年より、ダイバーシティ推進に対する全世界のサントリーグループ共通の考え方として、「グループダイバーシティビジョン」を定め、各グループ会社での活動を加速しています。

Suntory Group
Diversity Vision:

私たちは一人ひとりの個性を尊重し

互いを信頼しあう

多彩なサントリアンの魅力を高めあい

ひとつになる

多様な考え方、考動、経験を

柔軟に受け入れ

ONE SUNTORYとして

グループの明るい未来を築いていく

「そしてこの実現に向けての重点領域として「4つの超える」を設定し、それらに共通する5つの重点課題に取り組んでいます。
1人1人の個性が響き合う“グローバルやってみなはれ集団”となり、オモシロイことに挑戦しながら、新しい価値をうみだしていくことを目指しています。

ダイバーシティ経営の重点領域 : 取り組む重点課題 ダイバーシティ経営の重点領域 : 取り組む重点課題
ダイバーシティ重点領域での登用実績

性別を超える

近年のダイバーシティ強化に向けた一連の施策が、成果を上げ始めています。
女性の活躍推進を目指し、全女性管理職を対象とした「女性リーダー・フォーラム」の開催、産休前ガイダンス・育休後フォローアップセミナーによる復職者支援、さらに復職者を部下に持つ上司対象の「上司向けガイダンス」など、本人だけでなく職場を巻き込んだ取り組みを進めた結果、出産・育児による休職からの復職率100パーセント、そして女性管理職社員の比率は現在10.0%まで拡大しています。

登用実績

国境を超える

グローバルレベルでの多様性を追求するため、主要グループ会社が参加する人事コミッティでの戦略をもとに、さまざまな取り組みに着手しています。
具体的な取り組み例としては、ボストン・キャリアフォーラムへの参加、北米を中心としたキャンパス・キャラバン等により、外国籍社員の採用を強化。現在、サントリーホールティングスには19国籍・40名の外国籍社員が在籍、日本での生活の立ち上げ支援、日本語の語学学校への通学支援等、入社後のサポートも制度化しています。
また、マネージャー層向け「サントリーリーダーシップ考動項目」をグローバルで統一。業績評価以外の「考動」評価も世界基準にするなど、Global One Suntoryのための仕組み作りも進めています。

年齢を超える・ハンディキャップを超える

シニア層社員のニーズに応えるため、65歳定年制を導入。ベテラン従業員が長年培った経験と知識を活かして、一層活躍できるようサポートを進めていきます。また障がいのある社員に対しても、採用だけでなく現場の受け入れ体制強化にも注力。障がい者雇用率は、サントリーホールディングス(株)2.78%、サントリー食品インターナショナル(株)2.21%に上ります。

「社員の声から生まれたサポート施策」。女性活用に見る重点課題の総合的運用

サントリーでは「女性が働きやすく、かつ成果を上げている会社」を目指し、“復職後の早期フルモード化”を後押ししています。育児との両立支援策として、最長7か月間、認証保育園並みの負担額でベビーシッターサービスを利用できる制度を整備。産休前ガイダンスや育休後フォローアップセミナーも開催しています。「働き方改革」を銘打ち、ワークスタイル革新にも着手。働く場所と時間の制約をなくし、多様な働き方が可能となる仕組みを整えています。週3日の出勤で認められるテレワーク制度には、10分単位で利用できる利便性も相まって登録する社員は約8割に及びます。評価制度においても、昇格が育児などのために遅れるのを防止するため、出勤率が100%に満たない社員にはみなし評価を実行しています。さらに、ライフとキャリアの両立を考える「ライフキャリアマップイベント」や、サントリーグループグローバルの女性管理職を対象としたネットワーキングイベントを開催したり、男性社員が父親になったら働き方を見直してもらうガイダンスを実施し、男性の育休取得を推奨したりすることで、社員全体を巻き込んだ意識改革にも挑戦しています。

  OTHER
SYSTEMその他制度等

福利厚生制度

従業員一人ひとりが心身ともに健康な状態で活躍できるよう、安心して働ける環境を整備しています。

諸手当

住宅手当、家族手当、通勤手当ほか

保険等

社会保険完備・財形貯蓄制度・社内預金制度・共済会など

健康診断等
  • 法定項目以上に詳細な検査項目で、従業員の健康診断を実施しています。人間ドックの利用は、30歳以上は費用補助、40歳以上は定期健康診断として会社指定項目については個人負担なしで年1回必須受診となっています。
  • メンタルヘルス疾患の予防と早期発見のため、全員必須のメンタルセルフチェック、従業員本人・マネージャー層への研修による啓発、知識・制度などの情報提供のほかメンタル専門医、臨床心理士によるカウンセリングなども適宜実施しています。
  • お台場オフィス・大阪オフィスは、国家資格を有するヘルスキーパーがマッサージや指圧などの施術を行う「ヘルスケア(企業内マッサージ師)ルーム」を設置しています。心身の健康改善やリフレッシュ手段の1つとして、年間約2,300名が利用しています。
その他
  • リフレッシュ休暇制度:勤続10年以降5年毎の節目に休暇を取り、心身のリフレッシュを図ってもらう制度です。最長4週間の休暇と奨励金を支給します。
  • 失効年休・介護の休業制度:未消化の年次有給休暇を、年間10日累計60日を限度に積み立て、本人の傷病時や家族の介護時に利用できます。
  • レクリエーション関連:全国の契約福利厚生施設を会員料金で利用できます。宿泊費用補助のほか、大阪には社有のスポーツセンター、またフィットネスクラブの法人会員利用が可能です。
  • 従業員と家族の生活のサポート:外部相談窓口(心の相談・電話相談、SOS相談窓口など)を設置、健康面から法律相談まで従業員とその家族からの相談を受け付けています。また家族対象の人間ドック受診費補助制度なども整えています。
社外からの評価

サントリーの働き方改革やダイバーシティ強化の取り組みは、社外からも高い評価を頂いています。

働き方

「日経スマートワークの大賞」受賞

第2回「日経Smart Work大賞」において大賞を受賞。
日本経済新聞社が実施する「日経Smart Work経営調査2018」において5つ星の最高評価を獲得しました。特に、「人材活用力」の分野で2年連続での「S++」獲得となりました。女性やシニア人材の活用、コラボレイティブセンター設立などの「ダイバーシティの推進」、そして、働き方改革推進リーダーの活躍や業務自動化ソフトウエアRPAの全社導入など「多様で柔軟な働き方の実現」における数多くの取り組みが高い評価につながりました。
(ご参考:「日経Smart Work大賞2019」

NIKKEI Smart Work Award 2019 大賞

「FORTUNE(フォーチュン)」
“世界で最も賞賛される企業(The World’s Most Admired Companies)”4位

米ビジネス誌「FORTUNE(フォーチュン)」の“世界で最も賞賛される企業(The World’s Most Admired Companies)”ランキングの〈飲料・酒類業界部門〉で、2019年、日本企業としては過去最高の第4位に選出されました。

※米ビジネス誌「FORTUNE」が1997年から毎年発表している世界的に権威のある企業ランキング。世界の有力企業約650社を対象に、企業の経営者や金融アナリストなど約4千人へのアンケートをもとにランク付けされます。

多様な人材の活躍推進

「女性の活躍推進が進んでいる企業」としての最高認定「えるぼし(3段階目)」、
「子育てサポート企業」として最高認定「プラチナくるみん」を獲得しました。

(ご参考:厚生労働省HP)

LGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標において最高評価の「ゴールド」を受賞※

※LGBTなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体「work with Pride」が、2016年に日本初の職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取組みの評価指標「PRIDE指標」を策定
(ご参考:サントリー公式HP「サントリーグループのCSR」

Gold 2017

特別支援学校における就労促進貢献に対して高く評価され「東京都教育委員会事業貢献企業」として表彰を受けました。

(ご参考:サントリー公式ホームページ

(ご参考:厚生労働省HP)

Gold 2017