ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.sh0189,No.sma0010   (2015.5.14)

サントリーアートキッズクラブ
いろいろドレドレ
― 美術と音楽に親しむワークショップ&コンサート ―
Vol.1 花鳥風月クラシック
サントリーホールとサントリー美術館が未就学児向けプログラムを共同開発


 サントリーホールとサントリー美術館は、サントリーアートキッズクラブ「いろいろドレドレ」を、サントリーホール ブルーローズ(小ホール)で7月25日(土)〜26日(日)の2日間、1日2回公演で計4回、開催します。
 「いろいろドレドレ」は、クラシック音楽専用ホールであるサントリーホールと、「生活の中の美」をテーマとするサントリー美術館とのコラボレーションでお届けする、3〜6歳の子どもたちを対象とした、美術と音楽に親しむ約1時間のワークショップ&コンサートです。
 第1回目のテーマは「花鳥風月クラシック」。自然の風物に対する日本人の美意識が反映された日本の様々な「文様」は、そのシンプルなデザイン性から、形そのものの面白さを味わうだけでなく、目にみえない音楽のイメージをふくらませるのにも、ぴったりのものです。
 来場した子どもたちは、まず、サントリー美術館の所蔵品にみられる様々な文様をもとにした特製のシールを貼って、舞台看板作成の一翼を担います。それからカーペットに座って、自分だけのオリジナル扇子づくりのワークショップに取り組みます。子どもたちの期待が高まったところで、コンサートを開始。神崎ゆう子(NHK「おかあさんといっしょ」の第16代うたのお姉さん)を案内役に、ヴァイオリン、トランペット、サクソフォーン、テューバ、パーカッション、ピアノというユニークな編成のアンサンブル・ユニットMusic Playersおかわり団が、オリジナルのアレンジで、ヨハン・シュトラウスII世のポルカ『雷鳴と電光』や、チャイコフスキーの『花のワルツ』等を演奏します。子どもたちは、各曲を聴きながら、文様の“かたち”を見るだけでなく、扇子をつかって表現し、音楽のイメージをふくらませます。さらにはみんなで歌うことにより、音楽を立体的なアプローチでとらえることができます。西洋音楽と日本美術、一見遠い二つのクラシック・アートがつながることで、柔軟な子どもたちの創造力と想像力がさらに磨かれ、アートの楽しみが広がるきっかけになるものと期待しています。

 「サントリーアートキッズクラブ」は、中学生以下の子どもたちに音楽と美術をもっと楽しみ親しんでもらうため、2014年4月にスタートしました。サントリーホールとサントリー美術館のキッズ向け活動や情報を一元化して、公式サイトやメールマガジンで発信しており、現在、メールマガジン登録者数は1万人を超えています。ホールと美術館それぞれで実施している教育普及プログラムの経験を活かし、今回この「いろいろドレドレ」で未就学児を対象とした創作と鑑賞の新しい芸術体験プログラムを初めて共同開発しました。サントリーアートキッズクラブ公式サイト http://suntory.jp/ARTKIDS/

[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
   サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007 http://suntory.jp/HALL/
   サントリー美術館 広報部 TEL 03-3479-8604 FAX 03-3479-8644 http://suntory.jp/SMA/

[チケットのお申し込み・お問合せ]
   サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
   サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/

― 記 ―

サントリーアートキッズクラブ
いろいろドレドレ
― 美術と音楽に親しむワークショップ&コンサート ―
vol.1 花鳥風月クラシック

Suntory Art Kids Club
“Iro-iro Do-Re-Do-Re”
Workshop & Concert for Kids - Let's Meet Art and Music

【日時】 2015年7月25日(土)11:00開始(10:45開場)・14:00開始(13:45開場)
2015年7月26日(日)11:00開始(10:45開場)・14:00開始(13:45開場)
*開場中から扇子づくりのワークショップを順次開催します。
1日2回公演(全4公演)、60分プログラム

【会場】サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

【出演】 おはなしと歌:神崎ゆう子 Yuko Kanzaki, host & singer
演奏:Music Playersおかわり団 Music Players “Okawari-dan”, ensemble

プロフィールはこちら

【演奏曲目(予定)】
 ディニク:ひばり
 アンダーソン:馬と馬車
 ヨハン・シュトラウスII:ポルカ『雷鳴と電光』
 チャイコフスキー:花のワルツ
 文部省唱歌:うみ
 他

【主催】サントリーホール、サントリー美術館

【チケット料金】
 親子ペア券(3歳〜6歳のこども1名と同伴保護者1名)2,000円
 こども券(3歳〜6歳)1,000円
 ※対象年齢のこどもが2名以上の場合は、こども券を追加でご購入ください。
 ※大人のみ、こどものみでの購入はできません。
 ※会場の後方に保護者席を設けます。カーペット上でお子様とご一緒の鑑賞も可能です。
 ※3歳未満のごきょうだいは、保護者席で膝上でのご鑑賞となり、カーペット上での活動には参加できません。
   (こども券の追加購入は不要です。)

【チケット発売日】
 下記にて2015年5月20日(水)10時より発売します。
 サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
 メンバーズ会員先行 2015年5月13日(水)10時 〜5月19日(火)
  ※先行期間中は窓口での販売はございません

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

【出演者プロフィール】
■おはなしと歌:神崎ゆう子 Yuko Kanzaki, host & singer
武蔵野音楽大学声楽科卒業。幼少の頃より東京放送児童合唱団(現:NHK東京児童合唱団)に13年間所属。1987年、大学3年生の時にNHK「おかあさんといっしょ」第16代うたのお姉さんに抜擢され、6年間出演。その後はべネッセコーポレーション「こどもちゃれんじ」のビデオに14年間出演。子供向けのCD、ヤマハ音楽教室の教材など、その歌声は多くの方から支持されている。2007年、デビュー20周年記念として童謡CDアルバム「きゅん」「ふわり」を同時発売。テレビやラジオへの出演のほか、オーケストラとの名曲コンサートやファミリーコンサート、ホテルのディナーショー、講演コンサートなど幅広く活躍中。

■演奏:Music Playersおかわり団 Music Players “Okawari-dan”, ensemble
2002年に埼玉県出身の東京芸術大学同期卒業生を中心に結成された、ヴァイオリン、トランペット、サクソフォーン、テューバ、パーカッション、ピアノ、作編曲家の7名による、他に類を見ない編成のアンサンブル・ユニット。クラシック音楽を身近に感じ親しんでいただきたいという趣旨のもと、全曲オリジナルのアレンジで様々なテーマによる自主企画公演を開催するほか、ファミリー向けコンサート、小学校や特別支援学校でのコンサートなどにも数多く出演し、好評を博している。「おかわり団」という名称には、音楽をお腹いっぱいになるまで楽しんでいただき、「もっと聴きたい!おかわり!」と皆様から声をかけていただけるようにとの願いが込められている。

ヴァイオリン:藤田弥生 Yayoi Fujita, violin
トランペット:川上鉄平 Teppei Kawakami, trumpet
サクソフォーン:松井宏幸 Hiroyuki Matsui, saxophone
テューバ:佐藤 桃 Momo Sato, tuba
パーカッション:秋田孝訓 Takanori Akita, percussion
ピアノ:堤 雅那子 Kanako Tsutsumi, piano
作・編曲:内田祥子 Yoshiko Uchida, composition & arrangement



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷