ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.sh0187   (2015.4.21)

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン
レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート2015
国立音楽大学/フェリス女学院大学/東京音楽大学

2014年「レインボウ21」公演より 東京音楽大学 2014年「レインボウ21」公演より 上野学園大学 2014年「レインボウ21」公演より 国立音楽大学
  2014年「レインボウ21」公演より (左から、東京音楽大学、上野学園大学、国立音楽大学)

学生が企画・制作を手がける大学ごとの新人演奏会

 サントリーホールは、音楽を学ぶ学生たちのプロデュース公演、レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート6月8日(月)・9日(火)・10日(水)にブルーローズ(小ホール)で開催します。

 いずれも「サントリーホール ENJOY! MUSIC プログラム」の一環として、次代を担う音楽家や音楽業界を目指す学生たちがキャリアを築く出発点となることを願い、6月の室内楽の祭典「チェンバーミュージック・ガーデン」期間中に実施します。今年は、6大学10企画の応募よりオリジナリティあふれる学生ならではの3企画を採用、国立音楽大学プロデュース「明治を彩った西洋曲〜唱歌となった曲、訳されたオペラ〜」、フェリス女学院大学プロデュース「戦争と音楽〜闇から光へ〜」、東京音楽大学プロデュース「アルカンからの手紙」を展開します。

 「レインボウ21」は音楽を専攻する大学生・大学院生が、今学び、取り組んでいる音楽について、形式や歴史、創造性など様々な角度で考察し、その内容を反映したコンサートを自ら企画、制作し、演奏を行うものです。1996年に大学ごとの新人演奏会としてスタートし、2004年からは学生による企画を大学単位で募集し、学生自身による企画のプレゼンテーションの結果、明確なテーマやねらいに基づいたプログラムを選考するスタイルになりました。

 この公演を企画した学生たちは、出演者、大学およびサントリーホールと連携し、当日の演奏のみならず、チラシやプログラムの制作、広報活動、チケット販売、舞台構成など、公演実施までの各工程を主体的に行います。

[チケットのお申し込み・お問合せ]
   サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
   サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
   サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007
    〒107-8403 東京都港区赤坂1−13−1  http://suntory.jp/HALL/

― 記 ―

サントリーホール チェンバーミュージックガーデン
レインボウ21
サントリーホール デビューコンサート2015
Suntory Hall Chamber Music Garden
RAINBOW 21 Suntory Hall Debut Concert 2015

【日時・公演名】
 2015年6月8日(月) 19:00開演(18:20開場)
 国立音楽大学プロデュース
 明治を彩った西洋曲〜唱歌となった曲、訳されたオペラ〜

 2015年6月9日(火) 19:00開演(18:20開場)
 フェリス女学院大学プロデュース
 戦争と音楽〜闇から光へ〜

 2015年6月10日(水)19:00開演(18:20開場)
 東京音楽大学プロデュース
 アルカンからの手紙

 *各公演の内容につきましては、下記をご参照ください。

【会場】サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
【主催】サントリーホール
【協力】国立音楽大学/フェリス女学院大学/東京音楽大学

【チケット料金】自由2,000円(各日共)

【チケット発売】

 サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
 チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード【国立:257-801】【フェリス:257-803】【東京:257-805】
 イープラス eplus.jp
 ローソンチケット 0570-000-407 【Lコード:39400】(3公演とも)

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート2015
国立音楽大学プロデュース
明治を彩った西洋曲〜唱歌となった曲、訳されたオペラ〜
RAINBOW 21 Suntory Hall Debut Concert 2015
The European Music that adorned the Meiji Era
〜The Music that became Songs and the Operas that translated into Japanese〜
Produced by Kunitachi College of Music

【日時】2015年6月8日(月)19:00開演(18:20開場)

【公演紹介】
文明が花開き、新しい音楽がやってきた約百五十年前の日本。
真新しい音楽に心惹かれた日本人は、それらに馴染もうと様々な挑戦をした。
ある者は旋律に日本語の歌詞をつけ唱歌にし、またある者はオペラを日本語に訳した。
それらの作品は独特でいて、どこか懐かしい……
今宵、西洋の旋律と日本の言葉が織り成す至極のひとときをあなたのもとへ。

【会場】サントリーホール ブルーローズ

【出演】国立音楽大学 学生 卒業生

【曲目・出演】
 <第1部>西洋曲からうまれた唱歌
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン op. 20
 Pablo de Sarasate: Zigeunerweisen, op. 20
 サラサーテ(近藤朔風 詞):汝がとも
 Pablo de Sarasate (words: Sakufu Kondo): thou friend (Zigeunerweisen, op. 20)
 シューベルト(近藤朔風 詞):菩提樹
 Franz Schubert (words: Sakufu Kondo): linden (Der Lindenbaum)
 ヴェルディ(作詞者不詳):祝宴の歌
 Giuseppe Verdi (words: Unknown): song of the feast
 (“La donna e mobile”, Rigoletto)
 シューベルト(近藤朔風 詞):美し夢
 Franz Schubert (words: Sakufu Kondo): beauty dream (Wiegenlied D 498)
 ウェーバー(与謝野晶子 詞):夜
 Carl Maria von Weber (words: Akiko Yosano): night
 (“Wie nahte mir der Schlummer”, Der Freischütz)
 ワーグナー(東宮鉄真呂 詞):婚礼
 Richard Wagner (words: Togu Kanemaro): marriage ceremony (“Treulich geführt”, Lohengrin)

 <第2部>文豪が訳したオペラ
 グルック(森 鷗外 訳):オペラ『オルフエウス』(抜粋)
 Christoph Willibald Gluck (trans.: Ogai Mori): Excerpt from “Orpheus”

【協力】文京区立森鴎外記念館 森鴎外記念会

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート 2015
フェリス女学院大学プロデュース
戦争と音楽〜闇から光へ〜
RAINBOW 21 Suntory Hall Debut Concert 2015
War and Music―From Darkness to the Light
Produced by Ferris University

【日時】2015年6月9日(火)19:00開演(18:20開場)

【公演紹介】
音楽はさまざまな力を持っている。
音楽は自由を奪われ、人々を統制し、支配するために利用されることがあった。一方で、平和を求める人々を団結させ、生きる希望や力を与えたものも音楽であった。
この音楽の力に、あなたは何を思うだろう。
第二次世界大戦終結から七十年。戦後の認識が問われている今、人間の奥底に訴えかける音楽が、私たちの歩むべき道を照らし出す。

【会場】サントリーホール ブルーローズ

【出演】フェリス女学院大学 学生 卒業生

【曲目】
 中田喜直:2台のピアノのための「軍艦マーチによるパラフレーズ」
 Yoshinao Nakada: A Paraphrase of Gunkan-March for 2 Pianos - Four Hands
 たかの舞俐編曲:Children's Songs at Wartime (戦時の唱歌)
 Mari Takano: Children's Songs at Wartime
 尾崎宗吉:ヴァイオリン・ソナタ第2番(1938)
 Sokichi Ozaki: Sonate für Violine und Klavier Nr. 2
 メシアン:『世の終わりのための四重奏曲』から 第8曲「イエスの不滅性への賛歌」
 Olivier Messiaen: Quatuor pour la fin du temps, VIII. Louange à l'immortalité de Jésus
 プーランク:フルート・ソナタ
 Francis Poulenc: Sonate pour flûte et piano
 プーランク:矢車菊
 Francis Poulenc: Bleuet
 プーランク:『ルイ・アラゴンの2つの詩』から第1曲「セー」
 Francis Poulenc: I. ‘C’ from “Deux Poèmes de Louis Aragon”
 武満 徹:死んだ男の残したものは
 Toru Takemitsu: All That the Man Left Behind When He Died
 ブリテン:チェロ・ソナタ ハ長調 op. 65から 第3楽章「エレジア」、第4楽章「マルチア」
 Benjamin Britten: Sonata for Cello and piano in C major, op. 65, III. Elegia, IV. Marcia
 カタルーニャ民謡/カザルス編曲:鳥の歌
 Catalan Folk Song (arr. Pau Casals): El Cant dels ocells

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート2015
東京音楽大学プロデュース
アルカンからの手紙
RAINBOW 21 Suntory Hall Debut Concert 2015
The Letters from Alkan
Produced by Tokyo College of Music

【日時】2015年6月10日(水)19:00開演(18:20開場)

【公演紹介】
私は日ごとに人間を嫌い、女性嫌いになってきています。
行動に移す価値のあることなどなにもありません。(アルカンが親友ヒラーに宛てた手紙より)

ショパンやリストが音楽を紡ぎ脚光を浴びていた時代、彼らの良き友として佇む一人の作曲家がいた。シャルル=ヴァランタン・アルカン(1813〜1888)―
彼のピアノ音楽は超絶技巧と豊かな音楽性を併せ持つ究極の領域に達したが今、その名はほとんど知られていない。今回はそんな彼に、一筋の光を当てる。

【会場】サントリーホール ブルーローズ

【出演】東京音楽大学 学生 卒業生

【曲目】
 <第1部>First Part
 アルカン:練習曲『鉄道』op. 27
 Charles-Valentin Alkan: Le chemin de fer, étude, op. 27
 ショパン:エチュード 嬰ハ短調 op. 10-4
 Frédéric Chopin: Étude in C-sharp minor, op. 10-4
 リスト:『超絶技巧練習曲集』S139から 第4番「マゼッパ」
 Franz Liszt: Etudes d'execution transcendante, S139-4 “Mazeppa”
 アルカン:『悲愴的な様式による3曲』(追憶)op. 15から 第2曲「風」
 Charles-Valentin Alkan: Trois morceaux dans le genre pathétique (Souvenirs), op.15, II.“Le vent”
 ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 op. 35から 最終楽章
 Frédéric Chopin: Sonata for Piano No. 2 in B-flat minor, op. 35, finale

 <第2部>Second Part
 ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 op. 65から 第1楽章
 Frédéric Chopin: Sonata for Cello and Piano in G minor, op. 65, the first movement
 アルカン:ある鸚鵡の死によせる葬送行進曲
 Charles-Valentin Alkan: Marcia funebre sulla morte d'un papagallo
 アルカン:ピアノ独奏のための協奏曲 嬰ト短調 op. 39 Nos. 8-10
 Charles-Valentin Alkan: Concerto for Piano Solo in G-sharp minor, op. 39 Nos. 8-10

【後援】豊島区

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷