ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.sh0186   (2015.4.3)

“The Glassical Concert”(グラスで奏でるクラシックコンサート)
スペシャルムービーを公開
サントリーホールにて、オリジナル<グラスの楽器>で「乾杯の歌」を演奏

“The Glassical Concert”(グラスで奏でるクラシックコンサート)スペシャルムービーを公開 サントリーホールにて、オリジナル<グラスの楽器>で「乾杯の歌」を演奏 “The Glassical Concert”(グラスで奏でるクラシックコンサート)スペシャルムービーを公開 サントリーホールにて、オリジナル<グラスの楽器>で「乾杯の歌」を演奏

サントリーホールは、来場者が演奏会後の余韻をオリジナルの「グラスの楽器」で奏で、響きあい、喜びにあふれるイメージを表現した60秒動画を制作、4月4日(土)よりサントリーホールのホームページなどで公開します。

■サントリーホールについて
 1986年、世界一美しい響きをめざして誕生したサントリーホール。音響的にも視覚的にも演奏者と聴衆が一体となって互いに臨場感あふれる音楽体験を共有できる設計です。また、コンサートを楽しむ文化そのものを日本に根づかせたいとの思いから、開演前や休憩のひとときを楽しんでいただくドリンクコーナーを日本で初めて導入しました。

■スペシャルムービーについて
 この動画は、より幅広い世代にホールで心躍る体験をしていただきたい、という願いから企画。お客様一人ひとりがまるで演奏者のように響きあい、喜びを分かちあえるという新しい試みを、“The Glassical Concert”(グラスで奏でるクラシックコンサート)で表現しました。

■ストーリー
 演奏終了後、お客様が大ホールから出てくると、どこからかメロディーが聴こえます。ふとドリンクコーナーに目をやると、バーテンダーが音符型の氷が入ったグラスを奏でています。お客様は思わずバーにかけより、我先にとグラスを手に取ります。およそ300名の出演者による、壮大な“The Glassical Concert”(グラスで奏でるクラシックコンサート)の開演です。
 また、現在ヨーロッパを中心に一流オーケストラを多数指揮する佐渡裕氏も、企画の主旨に賛同し、ご出演いただいています。

■撮影エピソード
 動画で使用している「グラスの楽器」は、日本独自の製氷融解技術“アイスモールド”で、音符をかたどった氷を製造。グラスの形状、グラスに浮かべた氷、ドリンクの量でつくった音階を大ホールで実際に調律し、音楽を奏でています。
 サントリーホールで行われた撮影では、約300名の方に出演いただきました。撮影中、照明の熱で音符の氷が溶けてしまうなどのハプニングがありながらも、出演者の方々は楽しみながらグラスの楽器を奏でました。

スペシャルムービー、佐渡裕氏インタビューの風景は、こちらよりご覧いただけます。(4月4日公開)
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/glassicalconcert

■佐渡裕氏コメント
「遊び心があるのはやはりいいですね。クラシック音楽はどうしても堅苦しいイメージがある。
もちろん静かな音や、あるいは音自体に1-2時間向き合うわけだが、それ自体は決して堅苦しいことではなく、そこには音の神殿のようなものがあるんですよね。
そうした音は一瞬に消えていくものだけれども、感動した記憶は一生続いて、宝物のように残っていくので、そうしたものが、こうした遊び心で、さらにはっきり記憶に残るものになっていくと思います。」

“The Glassical Concert”(グラスで奏でるクラシックコンサート)スペシャルムービーを公開 サントリーホールにて、オリジナル<グラスの楽器>で「乾杯の歌」を演奏

― 記 ―

<動画について>

・タイトル The Glassical Concert
・公開日 2015年4月4日(土)
・公開WEBサイト(URL)  https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/glassicalconcert
・出演 佐渡裕(指揮者)、他
・使用曲 ヴェルディ:オペラ『椿姫』から「乾杯の歌」

<佐渡裕氏プロフィール>
京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝。1995年第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝。パリ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルンWDR交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、北ドイツ放送交響楽団等一流オーケストラを毎年多数指揮している。2015年9月よりオーストリアを代表する、107年の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任する。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、「題名のない音楽会」(テレビ朝日系列)の司会者を務めている。



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷