ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.sh0163   (2014.5.19)

響け!復興のハーモニー
被災地の高等学校吹奏楽部生による
「みちのくウインド・オーケストラ vol.2」 at サントリーホール

響け!復興のハーモニー 被災地の高等学校吹奏楽部生による「みちのくウインド・オーケストラ vol.2」 at サントリーホール 響け!復興のハーモニー 被災地の高等学校吹奏楽部生による「みちのくウインド・オーケストラ vol.2」 at サントリーホール
 2012年の公演より

福島県相双地区の高校生結集!
吹奏楽の熱い夏をサントリーホールで

 サントリーホールは、2014年8月19日(火)「みちのくウインド・オーケストラvol.2」を大ホールで開催します。また公演に向けて、参加高校生と音楽家による事前交流現地福島県南相馬市にて6月中旬及び8月中旬2回にかけて実施します。

 東日本大震災から1年を過ぎた2012年8月、宮城県を中心とした被災地域の中学・高校生125名による「みちのくウインド・オーケストラ」が結成されました。世界から志ある若い音楽家たちも駆けつけ、吹奏楽への情熱を持った人々が固く結束し、サントリーホールで非常に高いレベルの演奏を披露しました。観客から大きな喝采を受けた被災地の参加中学・高校生は、日本を代表するコンサートホールのひとつであるサントリーホールで演奏した経験を糧に明日への希望と勇気へとつなげました。
 震災から3年を越えた現在、復興を取り巻く状況も刻々と変化していますが、課題はまだ山積の状況です。サントリーホールでは、継続的な音楽(教育)活動支援をするべく、2012年夏のブラバン生達、そして吹奏楽に携わる人々の熱い想いを引き継ぎ、今回は福島県相双地区の高校生たちをメンバーとした「みちのくウインド・オーケストラ」を改めて結成し、この夏サントリーホールでの演奏に向けて活動します。

 ※ 2012年公演は、サントリーホールは制作協力として携わっています。(主催:東京財団)

 なお、同公演・活動は、サントリー東日本大震災復興支援「サントリー東北サンさんプロジェクト」の一環として取り組むものです。

[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
   サントリーホール 広報部  TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007
   〒107-8403 東京都港区赤坂1−13−1  http://suntory.jp/HALL/

―   記   ―

響け!復興のハーモニー
被災地の高等学校吹奏楽部生による「みちのくウインド・オーケストラ vol.2」

【日程】

  (1)演奏会:2014年8月19日(火)於サントリーホール 大ホール(東京都港区)
(2)参加高校生と音楽家による事前交流
  <各楽器のパート練習と合同練習> 於さくらホール(福島県南相馬市)
   2014年6月14日(土)〜15日(日)/8月16日(土)〜17日(日)
  <林英哲による応援ミニライブ>
   2014年6月13日(金)於福島県立相馬高等学校(福島県相馬市)
   2014年6月16日(月)於仙台市立東沖野小学校(宮城県仙台市)

【出演】

  吹奏楽:福島県相双地区の高校生を中心に結成された吹奏楽団100名規模
 (参加校)いずれも福島県立高等学校
  原町高等学校/相馬高等学校/相馬東高等学校/小高工業高等学校/小高商業高等学校/富岡高等学校/
  双葉翔陽高等学校/相馬農業高校
特別ゲスト:林 英哲、英哲風雲の会(和太鼓)、現田茂夫(指揮)、庄野真代(司会)、 洗足学園音楽大学有志

【活動内容】

 (1)演奏会:被災地の高等学校吹奏楽部生による「みちのくウインド・オーケストラ vol.2」 

■日時:2014年8月19日(火)18:00開演(17:30開場)
■会場:サントリーホール 大ホール
■曲目:
 <第1部>
  福島弘和:「相馬流山」の主題による変奏曲
  J.バーンズ:交響曲第3番 作品89から
  レスピーギ:交響詩『ローマの松』から第3曲「ジャニコロの松」、第4曲「アッピア街道の松」
 <第2部>
  林 英哲、英哲風雲の会 による演奏
 <第3部>
  J. ヴァン・デル・ロースト:アルセナール
  岩井直溥:復興への序曲「夢の明日へ」
  松下 功:和太鼓協奏曲『飛天遊』(吹奏楽版)
  J. シュトラウスI/岩本伸一編曲:ラデツキー行進曲(※舞台・客席一緒に演奏)
■チケット料金:全席招待・要申込み
 <観覧申込み方法>
  ・WEB上(6/3 10:00〜から受付開始)
   サントリーホールWEBからお申込みください。(http://suntory.jp/HALL/)
  ・郵送
   官製はがき裏面に、(1)住所(2)氏名(3)来場希望人数(4)吹奏楽部生へのメッセージ を記入、
   〒107-8403 東京都港区赤坂1−13−1サントリーホール「みちのくウインドオーケストラ」係
   まで郵送。
 <応募締切>2014年7月13日(日) ※郵送の場合、当日消印有効
 <当選発表>2014年8月11日(月)までにチケット発送をもって当選連絡。応募多数の場合は抽選。

 ※観覧申し込みについての問い合わせ:サントリーホールチケットセンター TEL0570-55-0017

 (2)参加高校生と音楽家による事前交流 

8月19日の演奏会で共演する演奏家が、事前に現地を訪れ、高校生への技術指導、ワークショップ、稽古を行なうと共に、地元の方々との音楽交流を行ないます。

<各楽器のパート練習と合同練習>
■2014年6月14日(土)〜15日(日)9:30〜16:00
■2014年8月16日(土)〜17日(日)9:30〜16:00

  会場:さくらホール<福島県南相馬市鹿島生涯学習センター>
    住所:南相馬市鹿島区寺内字迎田22-1
指導者:林 英哲、英哲風雲の会(和太鼓)、洗足学園音楽大学教員および学生有志

<林英哲による応援ミニライブ>
■2014年6月13日(金)16:00開演/17:00終演予定
  会場:福島県立相馬高等学校(住所:福島県相馬市中村字大手先57-1)
■2014年6月16日(月)時間調整中
  会場:仙台市立東沖野小学校(住所:宮城県仙台市若林区沖野字高野南89)

事前交流(ワークショップ)はご取材可能です。
ご希望される場合は、サントリーホール広報部にお問い合わせください。(TEL:03-3505-1002)

 (3)その他、活動への支援 

<客席からの応援>

  8月19日のサントリーホールでの演奏会では来場者にも楽器を持参いただき、プログラムのフィナーレ(J.シュトラウスI/岩本伸一編曲:ラデツキー行進曲)を、舞台・客席一緒に演奏します。
※各パート楽譜は希望者に事前配布します。
※演奏エリア:大ホール舞台後方の客席ブロック(Pブロック)

<被災地の仲間による助け合い>

  震災直後より、被災3県の吹奏楽部生のための楽器支援活動を行ってきた『宮城県楽器BANK』 (宮城県吹奏楽部連盟)に携わる高校生達が、裏方スタッフとして公演を支えます。
 

<保護者やボランティアによる心の応援>

  東日本大震災の津波でダメになってしまった着物、反物生地を使い、参加校の保護者や地域の方、 また各地の有志が応援ストラップを作成します。
  2012年公演の様子
ホワイエ(ロビー) ホワイエ(ロビー)  
  ホワイエ(ロビー)
大ホール客席 舞台上で
  大ホール客席   舞台上で
【主催】 サントリーホール
【協賛】 サントリーホールディングス株式会社
【協力】 洗足学園被災地支援推進チーム、宮城県楽器BANK、国境なき楽団、カーニバルカンパニー
福島県吹奏楽連盟、宮城県吹奏楽連盟、東京都高等学校吹奏楽連盟、ぴあ(株)


以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷