ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.sh0109   (2011.8.18)

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011
ウィーン・フィルの特別プログラム
サントリーホールで10月に開催

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011 ウィーン・フィルの特別プログラム サントリーホールで10月に開催 ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011 ウィーン・フィルの特別プログラム サントリーホールで10月に開催 ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011 ウィーン・フィルの特別プログラム サントリーホールで10月に開催
昨年の「マスタークラス」より 昨年の「レクチャー&室内楽」より

首席フルート奏者によるマスタークラス
レクチャー&室内楽にはエッシェンバッハがピアノ出演

サントリーホールは、10月11日(火)「ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス」、14日(金)「レクチャー&室内楽」を開催します。サントリーホールとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、音楽文化の実りと豊かな発展という共通の願いのもと、未来の音楽家、聴衆を育むために「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011」期間中、開催する特別プログラムです。
ウィーン・フィルのメンバーは、自分たちが受け継いだ“伝統”を若い演奏家に伝えたいという強い意志のもとに、後進の指導に積極的に取り組んでいます。今年の「マスタークラス」は、講師に首席フルート奏者のウォルフガング・シュルツを迎えます。受講生を募集し、聴講を一般公開します。レッスンの最後に質疑応答も設けており、2010年、トランペットのマスタークラスでは、「トランペットにおけるウィーン・フィルの伝統とは何ですか」といった来場者からの質問に、首席トランペット奏者のハンス・ペーター・シューが熱心に答えていました。マスタークラスならではの演奏家と聴衆の交流です。このマスタークラスは、1999年「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン」開始以来、毎回行っており、のべ20人を超える首席奏者が講師として登場し、その後受講生のウィーン留学につながった実績もあります。(指導はドイツ語、日本語通訳あり)
「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン」の特別プログラムとしてお馴染みの「レクチャー&室内楽」。ヘルスベルク楽団長のレクチャーとウィーン・フィル メンバーによる室内楽のコンサートで、毎年、決まったテーマのもとに楽団長が膨大な資料から貴重な史実をお伝えし、ウィーン・フィルの名手たちがその講演に関連した室内楽作品を演奏します。音楽への愛と尊敬に満ちた楽団長の語りとともに、洗練された演奏をお楽しみいただく贅沢な一夜です。今年は、指揮者クリストフ・エッシェンバッハがピアニストとしてウィーン・フィルと共演。また、ウォルフガング・シュルツディーター・フルーリーワルター・アウアーの3名の首席フルート奏者が演奏します。モーツァルトピアノ四重奏曲やサントリーホールとも深い関わりのあった作曲家、武満徹エア、他をお聴きいただきます。(おはなしはドイツ語、イヤホンガイドによる日本語同時通訳あり)

   [写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
         サントリーホール 広報部
         〒107-8403 東京都港区赤坂1−13−1   TEL 03-3505-1002   FAX 03-3505-1025
   [チケットのお申し込み・お問合せ]
         サントリーホールチケットセンター   TEL 03-3584-9999
         サントリーホールWEBチケットぴあ   http://suntory.jp/HALL/

―   記   ―

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2011
ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス
Wiener Philharmoniker week in Japan 2011
Master Class by Principal of Wiener Philharmoniker

【日時】2011年10月11日(火)19:00開演(18:20開場)
【会場】サントリーホール   ブルーローズ(小ホール)

【出演】講師:ウォルフガング・シュルツ(フルート)Wolfgang Schulz, flute

プロフィール、過去の講師一覧はこちら

【募集要項】
受講対象:フルート奏者(音楽大学生、卒業または同程度の実力を有する25歳以下の方)
募集人数:2〜3名程度
受講料:無料(交通費・宿泊費は自己負担)
受付締切:2011年8月30日(火)当日消印有効
申込方法:受講希望者はサントリーホールのホームページ(URL=http://suntory.jp/HALL/)What's new欄(7月20日)より「受講申込書」をダウンロードして記入し、演奏録音(MDまたはCD)を添えて事務局宛に送付してください。審査の結果は9月11日(日)までに文書でお知らせします。書類および録音されたものは返却いたしません。
   送付先:〒107-8403   東京都港区赤坂1−13−1
                サントリーホール ウィーン・フィル マスタークラス事務局
問合わせ:03-3505-1010   (平日10:00〜18:00)

【主催】サントリーホール
【後援】オーストリア大使館

【聴講料】自由1,000円

【チケット発売】
下記にて8月26日(金)10時より発売します。

サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999
サントリーホールWEBチケットぴあ http://suntory.jp/HALL/
   ゲストWEB会員先行 8月21日(日)10時〜8月25日(木)
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:141-084】
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:31806】
CNプレイガイド 0570-08-9990

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011
レクチャー&室内楽 −クレメンス・ヘルスベルク楽団長とウィーン・フィルの仲間たち−
「サントリーホール開館25周年とウィーン・フィル」
Wiener Philharmoniker Week in Japan 2011
Lecture and Chamber Music
-Prof. Dr. Clemens Hellsberg and his Friends of Wiener Philharmoniker-
Wiener Philharmoniker & The Silver Jubilee of Suntory Hall

【日時】 2011年10月14日(金) 19:00開演(18:20開場)
【会場】 サントリーホール 大ホール
【出演】
   おはなし(ドイツ語):クレメンス・ヘルスベルク   Clemens Hellsberg, lecture
                                 (イヤホンガイドによる日本語同時通訳あり)

プロフィールはこちら

   演奏:クリストフ・エッシェンバッハ(ピアノ)Christoph Eschenbach, piano
            フォルクハルト・シュトイデ(ヴァイオリン)Volkhard Steude, violin
            ウォルフガング・シュルツ、ディーター・フルーリー、ワルター・アウアー(フルート)
               Wolfgang Schulz/ Dieter Flury/ Walter Auer, flute、他
【曲目】 武満 徹:エア
            クーラウ:3本のフルートのための三重奏曲 ロ短調 op. 90 から
            モーツァルト:ピアノ四重奏曲 ト短調 K478、他

【主催】サントリーホール/日本ウィーン・フィルハーモニー友の会
【後援】オーストリア大使館
【チケット料金】
指定4,000円   学生1,000円
※ 学生席はサントリーホールチケットセンターのみ取り扱い。
     25歳以下、購入時に学生証提示要。お一人様1枚限り。
【チケット発売】
下記にて8月26日(金)10時より発売します。

サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999
サントリーホールWEBチケットぴあ http://suntory.jp/HALL/
   ゲストWEB会員先行 8月21日(日)10時〜8月25日(木)
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:141-085】
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:31807】
CNプレイガイド 0570-08-9990

【日本語同時通訳 イヤホンガイドご利用について】
おはなし(ドイツ語)は、イヤホンガイドシステムによる日本語同時通訳をお聞きいただけます。開場時間よりロビーにてイヤホンつき受信器の貸出しを行いますのでご利用ください。貸し出し時にレンタル保証金1,000円(貸出し料は無料)をお預かりし、公演終了後、受信器と引換えで保証金を返金します。

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
    公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

《サントリーホール フェスティバル》 公演一覧
2011年10月1日(土)〜11月20日(日)

開館25年を機に、秋の約2ヶ月間、世界の一流演奏家が集うクラシック音楽の祭典
『サントリーホール フェスティバル』をスタートします。

■10月1日(土)
サントリーホール フェスティバル オープニング
サントリーホール25周年記念 ガラ・コンサート「響」

   出演:ウラディーミル・アシュケナージ&ヴォフカ・アシュケナージ、エフゲニー・キーシン(ピアノ)、
   サー・ジェームズ・ゴールウェイ&レディー・ジニー・ゴールウェイ(フルート)、譚盾、井上道義(指揮)、他
■10月3日(月)
サントリーホール オペラ・ガラ

   出演:ダヴィニア・ロドリゲス(ソプラノ)、フランチェスコ・デムーロ(テノール)、ディヤン・ヴァチコフ(バス)
   ジュゼッペ・サッバティーニ(指揮)、東京交響楽団、他
■10月4日(火)
譚盾プロジェクト 中国古代楽器『曾侯乙編鐘』〜3000年の刻(とき)を越えた悠久の舞楽

   出演:譚盾(おはなし)、黄豆豆(振付・舞踊)、湖北省博物館楽舞(編鐘)
■10月5日(水)
フランチェスコ・デムーロ テノール・リサイタル
■10月6日(木)
スペインの歌姫 ダヴィニア・ロドリゲス ソプラノ・リサイタル
■10月8日(土)
サントリーホール オルガンレクチャーコンサートシリーズ2011「ウィーン音楽散歩I」
■10月10日(月・祝)、23日(日)、11月13日(日)
キーシン・フェスティバル 2011
   〈共催〉
■10月11日(火)〜19日(水)
ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2011
クリストフ・エッシェンバッハ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
■10月26日(水)、27日(木)
NHK交響楽団 第1711回定期公演
   〈協力〉
■10月28日(金)、29日(土)
サントリーホール スペシャルステージ 内田光子 & ハーゲン・クァルテット
■11月3日(木・祝)
サントリーホール25周年記念 ベートーヴェン「第九」 イルジー・コウト指揮NHK交響楽団
■11月4日(金)、7日(月)
サントリーホール スペシャルステージ 内田光子 ピアノ・リサイタル
■11月14日(月)、15日(火)
デイヴィッド・ジンマン(指揮) ヨーヨー・マ(チェロ) チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
   〈共催〉
■11月16日(水)、17日(木) NHK交響楽団 第1713回定期公演   協力〉
■11月18日(金) 東京フィルハーモニー交響楽団 第807回定期演奏会   〈協力〉
■11月19日(土) 東京交響楽団 第594回定期演奏会   〈協力〉
■11月20日(日)
サントリーホール フェスティバル ファイナルコンサート
譚盾「マーシャルアーツ三部作〜映像付き演奏会」



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷