ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.sh0108   (2011.8.3)

サントリーホール オペラ・アカデミー
新体制でメンバー募集開始

サントリーホール オペラ・アカデミー 新体制でメンバー募集開始 ジュゼッペ・サッバティーニ サントリーホール オペラ・アカデミー 新体制でメンバー募集開始 オペラ・アカデミー公演(2010年12月)

ジュゼッペ・サッバティーニがエグゼクティブ・ファカルティに就任
9月に公開マスタークラス開催

サントリーホールは、日本の若い歌い手たちが世界一流の音楽家と交流し、研修と体験を行う場を提供する「サントリーホール オペラ・アカデミー」において、ジュゼッペ・サッバティーニをエグゼクティブ・ファカルティに迎え、新体制でスタートします。これを機に新たなアカデミーのメンバーを募集し、9月22日(木)・27日(火)にブルーローズ(小ホール)で公開マスタークラスを開催します。

「サントリーホール オペラ・アカデミー」は、ホール・オペラ®のために来日した世界のトップ・アーティストから直接学べる場を提供する目的で、1993年に発足しました。世界的な指揮者やコレペティトゥア、歌手によるレッスンを受けるのみならず、アカデミーのメンバー同士が互いのよき「耳」となり、歌を聴いて意見を述べることで啓発しあう研修会のスタイルが大きな特徴となっています。今回募集するアカデミーのメンバーは、コーチング・ファカルティを中心とする定例研修会(月2回程度)と、国内外で活躍する音楽家による研修会(年3回程度)に参加します。
この9月には、エグゼクティブ・ファカルティに就任するジュゼッペ・サッバティーニの研修会と、公開マスタークラスを実施します。公開マスタークラスでは2夜にわたり、古典歌曲やモーツァルト、ロッシーニ等を学ぶ「基礎テクニック編」と、受講生の自由課題曲による「楽曲解釈編」を開催。サントリーホールのホール・オペラ®でおなじみのジュゼッペ・サッバティーニは、世界的なテノール歌手としての経験を持ち、高い音楽性と深いスコアの読みで指揮者としてのキャリアも着実に切り拓いています。一般にも公開するこのマスタークラスは、歌を勉強する方のみならず、音楽ファンの皆様にも興味深いものになるでしょう。

サントリーホールは、次世代を担う若手音楽家を支援する「ENJOY ! MUSIC プログラム」の柱のひとつとして、学業期を終えてプロフェッショナルを目指す若手音楽家、すでにプロフェッショナルとして歩んでいる音楽家を対象に、育成と演奏の場を提供する「サントリーホール アカデミー」を、オペラと室内楽の二部門で開催しています。
「室内楽アカデミー」は2010年に開講、今年6月に2週間開催した「チェンバーミュージック・ガーデン」で、それまでの研鑽の成果を披露しました。「オペラ・アカデミー」のメンバーにも「チェンバーミュージック・ガーデン」や「オペラ・アカデミー公演」への出演の機会が与えられます。

   [写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
         サントリーホール 広報部
         〒107-8403 東京都港区赤坂1−13−1   TEL 03-3505-1002   FAX 03-3505-1025
   [チケットのお申し込み・お問合せ]
         サントリーホールチケットセンター   TEL 03-3584-9999
         サントリーホールWEBチケットぴあ   http://suntory.jp/HALL/

―   記   ―

サントリーホール オペラ・アカデミー
メンバー募集

サントリーホール オペラ・アカデミー   概要

プリマヴェーラ・コース・・・32歳以下
プロフェッショナル・コース・・・33歳以上

プリマヴェーラ・コースの研修期間は2年間を基本とする。(初年度は2011年9月〜13年12月)
ただし、入会オーディションは毎年開催する。
研修会は下記の要領で開催する。
1)コーチング・ファカルティを中心とする定例研修会(平日10:30〜16:30、月2回程度)
2)内外で活躍する音楽家による研修会(年3回程度)
   2011年9月/ジュゼッペ・サッバティーニ(エグゼクティブ・ファカルティ)
   2012年1月(予定)/田中久子(特別ゲスト・ファカルティ)
研修会では、各人の希望により古典から今日の作品まで、また歌曲からオペラまで、ソロ曲およびアンサンブル曲を取り上げ、楽譜の丁寧な読み方に基づいた解釈、発声・発音について学び、個々人本来の声に合ったレパートリーおよび精緻なアンサンブルの構築を目指す。
プリマヴェーラ・コースのメンバーには、日頃の研鑽の発表の場として、毎年6月にブルーローズ(小ホール)で実施する室内楽の祭典「チェンバーミュージック・ガーデン」への出演機会が与えられる。
アカデミーのメンバー全員に、毎年11月または12月にブルーローズ(小ホール)で実施するオペラ公演(2011年12月『セビーリャの理髪師』/2012年11月『こうもり』/2013年未定)の出演機会が与えられる(別途オーディション実施予定)。その他、演奏経験の場として、サロンコンサート等に出演の可能性がある。
プリマヴェーラ・コースのメンバーには、海外のオペラ研修所やコンクール受験の支援を行う。
メンバー募集要項
募集部門:ソプラノ、メゾソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス、指揮、ピアノ
応募資格
1)プリマヴェーラ・コース:プロフェッショナルを目指す若手音楽家。
     音楽大学またはそれに準じる専門性を有する大学卒業程度から32歳(2011年9月現在)まで。
2)プロフェッショナル・コース:すでにプロフェッショナルとして活動している音楽家。
     音楽大学またはそれに準じる専門性を有する大学の卒業資格を持つ33歳以上。
募集人数:各パート若干名
応募期間:2011年9月1日(木)〜9月12日(月)必着
応募方法:応募用紙を下記までお送りください。
用紙はサントリーホール ホームページからダウンロードできます。http://suntory.jp/HALL
送付先:〒107-8403 港区赤坂1-13-1 サントリーホール企画制作部「オペラ・アカデミー受講生募集」係
選考方法:第1次選考 書類
                 第2次選考 オーディション(会場:サントリーホール ブルーローズ)
                 2011年9月22日(木)13:00〜17:00、23日(金)17:30〜21:00、24日(土)17:30〜21:00
                 ※オーディション日時は、書類選考終了後、9月18日(土)までにご連絡します。
オーディション曲目
【声楽受験者(各コース共通)】
<課題曲>   モーツァルトまたはロッシーニのオペラ・アリア1曲
<自由曲>   ソロ2曲
   ※伴奏者の手配を希望する場合は、応募の際に伴奏譜も同封すること。
【指揮・ピアノ(各コース共通)】
<課題曲>   モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』または『ドン・ジョヴァンニ』
                     全曲より当日指定箇所の演奏
審査員長:ジュゼッペ・サッバティーニ
注意事項
・オーディション受験料・アカデミー参加料は無料、交通費など参加に必要な経費は本人負担です。
・オーディション後、簡単な面接を実施します。
・審査の内容についてのお問い合わせには応じられません。また、応募書類は返却いたしません。
お問合せ:サントリーホール 企画制作部 オペラ・アカデミー担当
TEL 03-3505-1010【平日10時〜18時 ※9月9日(金)休館日を除く】、FAX 03-3505-1025
2011年 研修会スケジュール

エグゼクティブ・ファカルティ:ジュゼッペ・サッバティーニ
9月22日(木)18:30〜 公開マスタークラス1(ブルーローズ)※オーディション受験者は全員聴講可
9月25日(日)10:30〜16:30   特別アカデミー1
9月27日(火)13:00〜17:00   特別アカデミー2
                   18:30〜 公開マスタークラス2(ブルーローズ)※オーディション受験者は全員聴講可

10月4日(火)、16日(日)10:30〜16:30   定例アカデミー
11月4日(金)10:30〜16:30   定例アカデミー
11月後半〜12月9日(金)   オペラ公演稽古   ※アカデミーメンバーは見学可
12月10日(土)オペラ・アカデミー公演『セビーリャの理髪師』
12月13日(火)、20日(火)10:30〜16:30   定例アカデミー
※特別アカデミー、定例アカデミーは一般には非公開ですが、ご取材につきましてはお問合せください。

運営体制、メッセージ、プロフィール

サントリーホール アカデミー・ディレクター:堤 剛
エグゼクティブ・ファカルティ:ジュゼッペ・サッバティーニ
オペラ・アカデミー・プロデューサー:眞鍋圭子(サントリーホール エグゼクティブ・プロデューサー)
コーチング・ファカルティ:古藤田みゆき、天羽明惠、野田ヒロ子、櫻田 亮、今尾 滋

メッセージ、プロフィールはこちら

サントリーホール オペラ・アカデミー
ジュゼッペ・サッバティーニ 公開マスタークラス

【日時】基礎テクニック編:2011年9月22日(木)18:30開始(18:00開場)
           楽曲解釈編:       2011年9月27日(火)18:30開始(18:00開場)
【会場】サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
【講師】ジュゼッペ・サッバティーニ
            (サントリーホール オペラ・アカデミー エグゼクティブ・ファカルティ/通訳付)
【受講】サントリーホール オペラ・アカデミー メンバー
【受講曲目】未定
【主催】サントリーホール
【聴講料】各日とも自由1,000円

【チケット発売】
下記にて8月24日(水)10時より発売します。

サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999
サントリーホールWEBチケットぴあ http://suntory.jp/HALL/
      ゲストWEB会員先行   8月19日(金)10時〜8月23日(火)
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:146-793】

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
   公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

(参考)

サントリーホール ENJOY! MUSICプログラム
ひろがれ!音楽の恵み。

サントリーホールは、1986年の開館以来、ホールの担うべき役割として音楽提供の場だけではなく、将来を担う創造的なあり方として、音楽の持つ深い喜びを分かち合える場となることに努めてきました。未来を担うこどもたちや若いプロフェッショナルな音楽家たちに向けたプログラム、すべての人に身近なホールとなるための様々な取り組み― これらの活動を、2010年より「サントリーホール ENJOY!MUSIC プログラム」と名づけ、各プログラムを「音楽に出会うよろこびを〜未来を担うこどもたちへ」「音楽を創るよろこびを〜若きプロフェッショナルたちへ」「より開かれたホールをめざして」の3つの柱に分けて実施しています。
サントリーホール・オープニング・シリーズのアイザック・スターンによる公開レッスンを皮切りに、 マスタークラス、オルガンのレクチャー企画、こどものためのオーケストラ定期演奏会など、以前から積極的に行ってきた取り組みを、2004年からは活動を一層強化し「サントリーホール エデュケーション・プログラム」として、ホール活動の主要な柱と明確に位置づけました。そして、06年には、カーネギーホールとエデュケーション・プログラムで提携し、「カーネギーキッズ」「プロフェッショナル・トレーニング・ワークショップ」など、この分野で世界最先端とされるカーネギーホールの音楽教育プログラムを開始。07年に行った全館改修工事では、全てのお客様にとって快適で開かれたホールとなるようユニバーサルデザインを充実させました。さらに、学生が自ら企画をプロデュースし演奏する「レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート」の新たな展開として、08年からは海外の著名音楽大学との交流を図る「レインボウ21インターナショナル」をスタートするなど、よりグローバルな取り組みを拡充しています。2010年10月、「室内楽アカデミー」を開講し、世界で活躍する歌手を輩出してきた「オペラ・アカデミー」(1993年開講)とともに、若手演奏家が一流の音楽家と交流し、音楽の現場を体験する場をつくっています。
これらの活動は、ホール落成記念委嘱作品『響』を作曲した故芥川也寸志氏から寄せられたメッセージ「よきホールは、そこに、よき音楽を育て、よき音楽家たちを育て、そして、そのまわりに、よき聴衆を育てる。これこそ、サントリーホールが将来担いうる、価値高き創造的な役割であり、それはまた、よきホールのみが手にすることのできる大いなる名誉でもあろう」 が原点となっています。



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷