サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > 日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーン 2021~22シーズン Vol.18

PDF版はこちら

ニュースリリース
  • No.sh0359(2021/10/8)

日本フィル&サントリーホール
とっておき アフタヌーン 2021~22シーズン Vol.18

指揮:坂入健司郎
©中川幸作

チェロ:佐藤晴真
©ヒダキトモコ

ナビゲーター:高橋克典

クラシックの「今」をシェアする、エレガントな平日の午後
話題の指揮者がサントリーホールデビュー&実力派のチェリストもシリーズ待望の出演!
有料オンライン(ライブ&リピート)配信も同時開催

 サントリーホールと日本フィルハーモニー交響楽団は、2022年2月2日(水)14:00より、大ホールで「日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーン」 2021~22シーズン Vol. 18を開催します。
 「とっておき アフタヌーン」は、平日の午後を優雅で豊かに過ごすオーケストラ名曲コンサートシリーズです。指揮には本公演がサントリーホールデビューとなる注目の若手・坂入健司郎を迎え、大迫力のレスピーギ『ローマの松』など、マエストロこだわりの華々しいオーケストラ音楽を披露します。ソリストには2019年ミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門で日本人初の優勝を飾り活躍中のチェロ:佐藤晴真が出演します。また、トーク付きのこのシリーズには欠かせないナビゲーターとして、俳優の高橋克典が出演し、聴きどころやアーティストが伝えたいことを自然体で紐解き、音楽の世界を魅力たっぷりに伝えていきます。特にクラシック音楽を初めて聴く方には、大変親しみやすいと好評です。
 公演チケットのグループ割引のほか、The Okura Tokyo、ANAインターコンチネンタルホテル東京がティータイムを彩る特別なプラン(特製スイーツ販売・アフタヌーンティー特別優待価格)をご用意するほか、コンサート前のリハーサル体験(事前申込制、無料)も開催予定。子育て世代のお客様にも安心してお楽しみいただくことができるよう、託児サービス(事前申込制、有料)もご利用いただけます。
 また、ご自宅やお好きな場所でも本公演をお楽しみいただけるよう「有料オンライン配信(ライブ&リピート配信)」を実施いたします。

[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール 広報部 TEL03-3505-1002 FAX03-3505-1007 http://suntory.jp/HALL/
 日本フィルハーモニー交響楽団 広報部 TEL03-5378-6311 FAX03-5378-6161  https://www.japanphil.or.jp/
[チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL0570-55-0017 (10~18時、休館日を除く)
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
 日本フィル・サービスセンター (平日11~16時)TEL03-5378-5911
 日本フィル eチケット♪ https://www.japanphil.or.jp/

― 記 ―

日本フィル&サントリーホール
とっておき アフタヌーン 2021~22シーズンVol. 18
JAPAN PHILHARMONIC ORCHESTRA & SUNTORY HALL
MATINEE CONCERT SERIES ON WEEKDAYS
Totteoki Afternoon” 2021-22 Season Vol. 18

【日時・会場】
2022年2月2日(水)14:00開演(13:20開場)
サントリーホール 大ホール

【出演】
指揮:坂入健司郎 Kenshiro Sakairi, Conductor
チェロ:佐藤晴真 Haruma Sato, Cello
ナビゲーター:高橋克典 Katsunori Takahashi, Navigator
日本フィルハーモニー交響楽団 Japan Philharmonic Orchestra 

※出演を予定しておりました沖澤のどか(指揮)は、2022年1月に出産予定となりましたため、本公演への出演を辞退されました。
代わりに坂入健司郎(指揮)が出演し、曲目の一部を変更いたしました。

プロフィールはこちら

【曲目】
グリンカ:オペラ『ルスランとリュドミラ』序曲
Mikhail Ivanovich Glinka: Overture to Ruslan and Lyudmila

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33(オリジナル版)
Pyotr Ilyich Tchaikovsky: Variations on a Rococo Theme in A Major, Op. 33 (original version)

サン゠サーンス:『動物の謝肉祭』より「白鳥」(チェロとハープによる)
Camille Saint-Saëns: “Le cygne” from Le carnaval des animaux (Cello and Harp)

レスピーギ:組曲『リュートのための古いアリアと舞曲』第3集
Ottorino Respighi: Antiche danze ed arie per liuto Suite No. 3

レスピーギ:交響詩『ローマの松』
Ottorino Respighi: Pini di Roma 

【主催】日本フィルハーモニー交響楽団/サントリーホール
【協力】The Okura Tokyo/ANAインターコンチネンタルホテル東京 

【チケット料金・発売】
S ¥5,500 A ¥4,400 B ¥3,300(全席指定、消費税込) 

一般発売 20211020日(水)より発売
日本フィル各種会員、サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売
20211014日(木)~19日(火)
※先行期間中はサントリーホール窓口での販売はございません。

日本フィル・サービスセンター TEL: 03-5378-5911(平日11~16時)、FAX: 03-5378-6161
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(オペレーター対応 10~18時、休館日を除く)
会員専用Pコード予約 0570-02-9595(音声自動応答、24時間受付)[Pコード:191-526]
窓口:10~18時、休館日を除く ※18時以降開演の公演がある場合は開演時刻まで営業いたします。
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/(24時間受付)
 ※メンバーズ・クラブは要事前登録(会費無料・WEB会員は即日入会可)
日本フィルeチケット♪ https://www.japanphil.or.jp/
チケットぴあ t.pia.jp
イープラス eplus.jp
ローソンチケット l-tike.com

(グループ割引)
3名以上で10%OFF(対象は1回券S、Aのみ)
*代表者による1回のお申し込みとなります。
*サントリーホールチケットセンター電話と窓口にて受付します。
 0570-55-0017(一般発売後の受付、10~18時、休館日を除く)
 ※18時以降開演の公演がある場合は開演時刻まで営業いたします。

◎託児サービス お子様お一人につき 2,000円(事前申込制)
イベント託児®マザーズにて、公演の1週間前まで受付。定員になり次第締切。
*事前に託児の空き状況をご確認のうえ、コンサートチケットをご購入ください。
*(株)マザーズは、0歳児保育一対一など、安心の体制が充実しています。
 申し込み先:0120-788-222(平日10~12時、13~17時) http://www.mothers-inc.co.jp/

◎サントリーホール&日本フィルのリハーサル体験
コンサートの前に、ラグジュアリーな雰囲気のサントリーホールのホワイエ周りと、普段見ることができないコンサート直前の日本フィルのリハーサルを体験できます。(開場前開催、定員20名、無料)
◆対象:公演チケットをお持ちの方/無料
◆申込方法:ハガキに(1)~(6)をご記入の上、下記までお申し込みください。
 〒166-0011 杉並区梅里1-6-1「日本フィルとっておきアフタヌーン」係
 (1)氏名(2)公演日(3)座席番号(参加人数分)(4)住所(5)電話番号(6)メールアドレス
◆Vol. 18申込締切:2022年1月11日(火)必着。応募者多数の場合抽選。
◆結果発表:当選者のみに詳細を郵送します。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応上、リハーサル体験が中止となる可能性がございます。

◎SNSキャンペーン
とっておき アフタヌーン公式Twitter @totteokiafternnをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすることで参加できるキャンペーン。抽選で出演者のサイン入りパンフレットをプレゼント。詳しくは、とっておき アフタヌーン公式Twitterでご案内いたします。

The Okura TokyoANAインターコンチネンタルホテル東京から特別なおもてなし>
お土産にThe Okura Tokyo特製ケークアソートを(The Okura Tokyo
The Okura Tokyoで人気のケーク3種(紅茶・オランジェ・ショコラ)をアソートにして販売いたします。異なる味を一度にお愉しみいただける今回限りの特別なセットです。
販売価格:2,800円(税込、限定30個)
会場:サントリーホール受付(公演当日の終演後にお渡しします)
*数量限定につき、予約個数に達し次第、受付を終了いたします。
※事前予約制…下記からご購入いただけます。
 https://www.hotelokura-tokyo.jp/fs/event/hot-40 (10/14チケット発売開始後、購入可能)

お問合せ:営業企画部 企画広報課 TEL: 03-3224-7688(月~金、10~17時、祝日除く) 

■公演の前後に“とっておき”のアフタヌーンティーを(ANAインターコンチネンタルホテル東京)
季節のテーマにあわせたフォトジェニックなスイーツやセイボリーをお愉しみいただけるアフタヌーンティーセット。公演当日のチケット提示により10%割引でご利用いただけます。テイクアウト(予約限定)もご用意しています。
会場:アトリウムラウンジ(2F)
※営業時間をご確認の上、事前予約をお勧めいたします。
ご予約・お問合せ:レストラン予約センター TEL: 03-3505-1185(9~21時) 

アクセス:サントリーホールから、The Okura Tokyoは徒歩5分、ANAインターコンチネンタルホテル東京は徒歩1分です。

営業時間など最新情報は、ホテル公式ウェブサイトをご確認ください。

【有料オンライン配信】
視聴券2,200円
※リピート配信あり、視聴可能期間:2022年2月8日(火)23時まで
[発売日、取り扱い]
一般発売:2022年1月7日(金)10時~
◆デジタルサントリーホール(サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB/チケットぴあ)/イープラスでの取り扱い 

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応上、出演者・曲目等に変更がある場合がございますので、あらかじめご了承ください。チケットセンターの営業時間など最新情報は、ホームページでお知らせします。
※就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。 

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/) 

【プロフィール】
■指揮:坂入健司郎 Kenshiro Sakairi, Conductor
慶應義塾大学卒業。これまでに井上道義、小林研一郎、フェドセーエフなどからアドバイスを受けている。東京ユヴェントス・フィル、川崎室内管を主宰。2018年に東京シティ・フィルに初客演。20年、日本コロムビアより『月に憑かれたピエロ』をリリース。21年に大阪響および名フィルに客演。

■チェロ:佐藤晴真 Haruma Sato, Cello
2019年、ミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門において日本人として初めて優勝。18年にはルトスワフスキ国際チェロコンクールにおいて第1位および特別賞受賞など多数の受賞歴を誇る。バイエルン放送響はじめ国内外の主要オーケストラと共演しており、リサイタル、室内楽でも好評を博している。20年、第18回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第30回出光音楽賞受賞。

■ナビゲーター:高橋克典 Katsunori Takahashi, Navigator
神奈川県横浜市生まれ。1993年『抱きしめたい』で歌手デビュー。その後、俳優として「サラリーマン金太郎」や「特命係長 只野仁」などのヒット作を得る。最近では2020年大河ドラマ「麒麟がくる」に出演するなど時代劇にも活躍の場を広げている。両親は共に音楽家で、小学生の頃はピアノとトランペットに親しみ、現在もロック、ジャズ、クラシックと音楽全般に関心をもっている。現在、毎週水曜日19:49~放送のBSテレ東「ワタシが日本に住む理由」に番組MCとして出演中。

■日本フィルハーモニー交響楽団 Japan Philharmonic Orchestra
1956年6月創立、楽団創設の中心となった渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。創立65年の歴史と伝統を守りつつ、“音楽を通して文化を発信”という信条に基づき、「オーケストラ・コンサート」、「エデュケーション・プログラム」、「リージョナル・アクティビティ」という三つの柱で活動を行っている。現在、首席指揮者ピエタリ・インキネン、桂冠指揮者兼芸術顧問アレクサンドル・ラザレフ、桂冠名誉指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、2021年9月より首席客演指揮者にカーチュン・ウォン、フレンド・オブ・JPO(芸術顧問)に広上淳一を迎え、充実した指揮者陣を中心に演奏会を行っている。11年4月より、ボランティア活動「被災地に音楽を」を開始。21年9月末までに301公演を数え、現在も継続している。BS朝日 毎週水曜夜10:54「Welcomeクラシック」出演。
オフィシャル・サイト https://www.japanphil.or.jp/

  

以上

 

PDF版はこちら

Page top