サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート2017 スペシャル サントリーホール×学生協働プロジェクト
ニュースリリース
  • No.sh0253(2017/9/29)

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート2017 スペシャル
サントリーホール×学生協働プロジェクト

2016年「レインボウ21」公演より

大学の枠を越えて、学生が協働で企画・制作を手がけるスペシャル・プロジェクト

 サントリーホールは音楽を学ぶ学生たちのプロデュース公演、レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート2017 スペシャル サントリーホール×学生協働プロジェクト11月29日(水)にブルーローズ(小ホール)で開催します。

 レインボウ21は、次代を担う音楽家や音楽業界を目指す学生たちがキャリアを築く出発点となることを願い開催するもので、21年目を迎える今年は、より広く学生から斬新なアイデアを集め形にすること願って、大学の枠にとらわれないサントリーホール×学生協働プロジェクトとしました。コンサートの立案に意欲を持って応募した国立音楽大学、武蔵野音楽大学、東京音楽大学の7名の学生によって「レインボウ21企画委員会」を組織し、「クラシック音楽の楽しさを知ってもらう」という課題に真っ向から取組み、瑞々しい感性で意見を交換しながら今年1月から約10ヶ月かけて立案、企画、制作してきました。各大学の在学生と卒業生の精鋭による歌曲や室内楽曲などの多彩な競演で「20~大人の愉しみ~」というテーマの演奏会に結実させます。

 「クラシック=お堅い・かしこまった」という印象を崩し、クラシック音楽の形が様々であることを知ってもらいたいという思いから、日本で成人とされる年齢「20」をキーワードに、多様な音楽が生まれた20世紀に焦点を当て、酒や社交場、愛に纏わる楽曲を取り上げます。「20」代の演奏家が奏でる「大人の愉しみ」を「20」歳以上のお客様をメインターゲットに聴いていただく「20」縛りの公演です。また制作の打合せやリハーサル様子についてもインスタグラムやツイッターで「20」代の学生自身の言葉で直接発信していきます。

 「レインボウ21」は音楽を専攻する大学生・大学院生がいま学び、取り組んでいる音楽について、形式や歴史、創造性など様々な角度で考察しコンサートを自ら企画・制作して、演奏会を行うものです。1996年に大学ごとの新人演奏会としてスタート、2004年からは学生による企画を大学単位で募集し、学生自身による企画のプレゼンテーションの結果、明確なテーマやねらいに基づいたプログラムを選考するスタイルになりました。この公演を企画した学生たちは、出演者、大学およびサントリーホールと連携し、当日の演奏のみならず、チラシやプログラムの制作、広報活動、チケット販売、舞台構成など、公演実施までの各工程を主体的に行います。21年目を迎える今年は、より充実した企画をめざして大学の枠にとらわれず個人で応募できる「企画委員会」スタイルとしました。

[チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007
 〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1  http://suntory.jp/HALL/

― 記 ―

レインボウ21
サントリーホール デビューコンサート2017 スペシャル
サントリーホール × 学生協働プロジェクト
20 ~大人の愉しみ~
RAINBOW 21 Suntory Hall Debut Concert 2017 Special
Suntory Hall and College Students Collaboration Project
Twenty ~Adult Pleasures~

【日時・公演名】
2017年11月29日(水) 19:00開演(18:20開場)

【公演紹介】
「クラシック=お堅い」というイメージを崩したい――。そんな大学生7人の思いからできた「オトナ」のためのクラシック音楽演奏会。
日本で成人とされる年齢20を起点とし、「オトナ」を連想させる、酒や社交場、愛に纏わる楽曲を20世紀の作品から選びました。
20代の演奏家が奏でる「オトナの愉しみ」に酔いしれてください。

【出演】国立音楽大学、東京音楽大学、武蔵野音楽大学 学生 卒業生

【曲目・出演】
マーラー:『大地の歌』より「春に酔える者」
Gustav Mahler: Der Trunkene im Frühling from Symphony Das Lied von der Erde
 秋山和哉(テノール)、寺本佐和子(ピアノ)
バーンスタイン:『ラ・ボンヌ・キュイジーヌ』
Leonard Bernstein: La bonne cuisine
 中山美希(ソプラノ)、久守あさひ(ピアノ)
ピアソラ:『タンゴの歴史』より「売春宿1900」「ナイトクラブ1960」
Astor Piazzolla:“Bordel 1900,” “Nightclub 1960” from Histoire du Tango
 佐々木大芽(ヴァイオリン)、山田唯雄(クラシックギター)
ルセル:夜のジャズ 作品38
Albert Roussel: Jazz dans la nuit, Op. 38
 村﨑 葵(ソプラノ)、佐原欧美(ピアノ)
ブリテン:キャバレー・ソング
Benjamin Britten: Cabaret Songs
 清水智紗子(ソプラノ)、大竹千寛(ピアノ)
サラサーテ:カルメン幻想曲 作品25
Pablo de Sarasate: Concert fantaisies on Carmen, Op. 25
 辻 彩奈(ヴァイオリン)、篠永紗也子(ピアノ)
メサジェ:オペレッタ『仮面の愛』より「恋人はふたり」
André Messager: “J’ai deux amants” from L’amour masque
 山口遥輝(ソプラノ)、清水 周(ピアノ)
レハール:オペレッタ『メリーウィドウ』より「女・女・女のマーチ」、「グリセットの歌」
Franz Lehár: “Wie die Weiber man behandelt,” “Grisetten-Lied” from Die lustige Witwe
 浅田眞理子、大塚 啓、新福美咲、照沼小雪(ソプラノ)、橋岡成海(テノール)、佐藤由基、島田恭輔、髙橋 駿、野寺研吾、山本 萌(バリトン)、寺本佐和子(ピアノ)
ヴォーン・ウィリアムズ(グラディ、アルムキスト編曲):『グリーンスリーヴスによる幻想曲』
Ralph Vaughan Williams: Fantasia on Greensleeves
 島田 明(フルート)、三谷真珠子(ハープ)
ドビュッシー(フリーへル編曲):『牧神の午後への前奏曲』(7重奏版)
Claude Debussy (arr. Henk de Vliger): Prélude à l’après-midi d’un faune (Septet Version)
 瀧本実里(フルート)、渡辺繁弥(クラリネット)、蒲地理音(ハープ)、金子英梨歌、日下部緑(ヴァイオリン)、三田 悠(ヴィオラ)、篠原和仁(チェロ)
スクリャービン(コニュス編曲):『法悦の詩』作品54(2台ピアノ版)
Alexander Scriabin (arr. Lev Conus) : “Le Poème de l’extase”, Op. 54 (Two Pianos Version)
 八谷晃生(ピアノ)、伊藤明子(ピアノ)

【企画担当】岡田 恵、加藤桃花、川口瑞穂、鈴木志織、丹野理佐、中村節子、安本 薫

【Instagramアカウント】Instagram @ rainbow21_2017 https://www.instagram.com/rainbow21_2017/
【Twitterアカウント】Twitter @ 2017rainbow21 https://twitter.com/2017Rainbow21

【会場】サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
【主催】サントリーホール
【協力】国立音楽大学/東京音楽大学/武蔵野音楽大学

【チケット料金】自由2,000円
【チケット発売】
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:341-882】
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 【Lコード:35323】

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/


以上

Page top