サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > サントリーホールのクリスマス 2016
ニュースリリース
  • No.sh0231(2016/9/2)

サントリーホールのクリスマス 2016

2015年公演より

サントリーホールの冬の風物詩 クリスマスコンサート
バッハ・コレギウム・ジャパン、東京佼成ウインドオーケストラが彩る3公演
サントリーホール開館30周年を記念してホテルオークラ東京とのコラボ企画も!

 サントリーホールは、2016年12月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)に、クリスマスコンサート3企画を開催します。世界トップレベルのアンサンブルを誇るバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)(23日・24日)と国内最高峰の吹奏楽団、東京佼成ウインドオーケストラ(25日)が出演します。サントリーホールならではのクリスマスの厳かな雰囲気と、楽しい演出をあわせてお楽しみいただきます。今年もお楽しみとして、お得なS席ペア(24日、25日)をご用意しました。また、新企画としてホテルオークラ東京の協力により、特別価格のディナー付S席(23、24日)とランチブッフェ付S席(25日)もご用意しました。

12月23日(金・祝) クリスマスコンサート2016 バッハ・コレギウム・ジャパン 『メサイア』
 サントリーホールのクリスマスシーズン定番で、年末のベートーヴェン『第九』と並ぶ冬の風物詩、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)による『メサイア』全曲演奏会。キリストの降誕から受難そして復活に至る生涯を描いた壮大なこの作品は、クリスマスの時期に世界中で演奏されます。BCJは、鈴木雅明が世界の第一線で活躍するオリジナル楽器のスペシャリストを擁して結成したオーケストラと合唱団。昨年創設25周年を迎え、国内外での評価が更に高まっています。BCJが奏でる極上の『メサイア』を、どうぞお楽しみください。

12月24日(土) クリスマス オルガンコンサート2016 クリスマス・ガラ with バッハ・コレギウム・ジャパン
 聖なるクリスマスを、美しい合唱とオルガンの響きとともに過ごすスペシャル・コンサート。気鋭の音楽家・鈴木優人が構成・演出を手がけ、クリスマス・キャロルの特別アレンジや、輝かしいオルガン曲を披露するなど、様々なフィールドの垣根を超えて活躍します。そして、メサイア公演の歌手ソリストたちが総出演する「世界各国のクリスマス・キャロル歌合戦」もあり、ヴァイオリンやショームバンド、トランペットなどのBCJの名手たちが次々に登場するなど、まるでアドベント・カレンダーを日めくりするようなワクワク感が盛りだくさん。華やぎに満ちたクリスマス・イヴを、じんわりと心温かくお過ごしいただけます。

12月25日(日) クリスマスコンサート2016 with 東京佼成ウインドオーケストラ Let’s Christmas!
 日本最高峰の吹奏楽団 東京佼成ウインドオーケストラと、放送音楽や著名なアーティストとのコラボレーションでも注目される藤野浩一が贈る、最高にロマンティックなクリスマス。ゲストには日本を代表するトランペット奏者エリック・ミヤシロ、若者から絶大な支持を得る声優中村悠一を迎え、「耳から幸せなクリスマス」をお届けいたします。

チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007
 〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1  http://suntory.jp/HALL/

 
 

― 記 ―

サントリーホール クリスマスコンサート2016
バッハ・コレギウム・ジャパン 『メサイア』
Suntory Hall Christmas Concert 2016
Bach Collegium Japan “MESSIAH”

【日時】2016年12月23日(金・祝)15:00開演(14:20開場)
【会場】サントリーホール 大ホール

【出演】
指揮:鈴木雅明 Masaaki Suzuki, conductor
合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan, chorus & orchestra
ソプラノ:レイチェル・ニコルズ Rachel Nicholls, soprano
アルト(カウンターテナー):クリント・ファン・デア・リンデ Clint van der Linde, countertenor
テノール:ニコラス・パン Nicholas Phan, tenor
バス(バリトン):加耒 徹 Toru Kaku, baritone

プロフィールはこちら

【曲目】
ヘンデル:オラトリオ『メサイア』HWV56 George Frideric Handel: Messiah, HWV56

【主催】サントリーホール

【協力】ホテルオークラ東京

【チケット料金】
S9,500円 A8,000円 B6,500円 P4,000円 学生1,000円

※学生席はサントリーホールチケットセンター(電話・WEB・窓口)のみ取扱い。25歳以下、来場時に学生証提示要。お一人様2枚まで。

※ホテルオークラディナー付S席についてはこちらをご覧ください

【チケット発売】下記にて2016年9月16日(金)10時より発売します。
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:9月9日(金)10時~9月15日(木)
 ※先行期間中は窓口での販売はございません。
バッハ・コレギウム・ジャパン チケットセンター 03-5301-0950
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:304-886]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード:34733]

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

 

サントリーホール クリスマス オルガンコンサート2016
クリスマス・ガラ with バッハ・コレギウム・ジャパン
Suntory Hall Christmas Organ Concert 2016
CHRISTMAS GALA with Bach Collegium Japan

【日時】2016年12月24日(土)16:30開演(15:50開場)
【会場】サントリーホール 大ホール

【出演】
オルガン:鈴木優人 Masato Suzuki, organ
指揮:鈴木雅明 Masaaki Suzuki, conductor
合唱:バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan, chorus
<スペシャル・ゲスト>
ヴァイオリン:若松夏美 Natsumi Wakamatsu, violin
三宮正満とショームバンド Masamitsu San’nomiya & Shawm Band
トランペット:ルドルフ・レーリンツ Rudolf Lörinc, trumpet
ソプラノ:レイチェル・ニコルズ Rachel Nicholls, soprano
カウンターテナー:クリント・ファン・デア・リンデ Clint van der Linde, countertenor
テノール:ニコラス・パン Nicholas Phan, tenor
バリトン:加耒 徹 Toru Kaku, baritone

プロフィールはこちら

【曲目】
ダカン:『オルガンのための新ノエル集』から
Louis-Claude Daquin: “Nouveau Livre de Noëls” pour l’Orgue, excerpts
J. S. バッハ:「まぶねのかたえに」BWV 469 *
Johann Sebastian Bach: Ich steh an deiner Krippen hier, BWV 469
ビーバー:ロザリオのソナタ第1番「受胎告知」
Heinrich Ignaz Franz von Biber: Mystery (Rosary) Sonata No. 1 “The Annunciation” for Violin and Continuo
「もろびと声あげ」*
Traditional: In dulci jubilo
イギリスの古いキャロル:「まきびとひつじを」*
English traditional: The first Noel
ギルマン:『ノエル第1巻』作品60 から
Alexandre Guilmant: Premier Livre de Noëls, Op. 60, excerpts
スザート『ダンスリー』から パヴァーヌ「戦い」
Tylman Susato:Pavane “La Bataille”, “Danserye”
歌手ソリストたちの饗宴!世界各国のクリスマス・キャロル歌合戦
CAROLympic 2016 with all soloist singers
 安部正義:「まぶねのなかに」
 Seigi Abe: Mabune
 メルヴィン・トーメ&ロバート・ウェルズ:ザ・クリスマス・ソング
 Melvin Howard “Mel” Tormé / Robert Wells: The Christmas Song
 南アフリカのフォークソング:ボーランドの恋人
 South African folk song: Bolandse Nooientjie
 ガントレット:ダビデの村に
 Henry John Gauntlett:Once in Royal David's City
 鈴木優人:ジングル・ベル2016
 Masato Suzuki:Jingle Bells 2016
 「ひさしくまちにし」*
 Traditional: Veni, veni Emanuel
 J. S. バッハ:パストラーレ ヘ長調BWV 590
 Johann Sebastian Bach: Pastorale in F major, BWV 590
鈴木優人:キャロル・メドレー 2012
Masato Suzuki: Carol Medley 2012
みんなで歌おう―グルーバー:「きよしこの夜」*
Let's sing a song - Franz Xaver Gruber: Silent Night

* 鈴木優人編(arr. Masato Suzuki)

【主催】サントリーホール

【協力】ホテルオークラ東京

【チケット料金】
S5,500円 A3,500円 S席ペア:10,000円(S席2枚)

※S席ペアは、サントリーホールチケットセンター(電話・WEB・窓口)、バッハ・コレギウム・ジャパンでの取扱い

※ホテルオークラディナー付S席についてはこちらをご覧ください

【チケット発売】下記にて2016年9月16日(金)10時より発売します。
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:9月9日(金)10時~9月15日(木)
 ※先行期間中は窓口での販売はございません。
バッハ・コレギウム・ジャパン チケットセンター 03-5301-0950
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:304-887]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード:34906]

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

 

【プロフィール】(23日、24日公演出演者)
■指揮:鈴木雅明 Masaaki Suzuki, director
1990年<バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)>を創設して以来、バッハ演奏の第一人者として名声を博す。グループを率いて欧米の主要なホール、音楽祭に度々登場しており、雄弁かつ透明なサウンド、本質に直結した演奏アプローチで、極めて高い評価を積み重ねている。2011年受難週にはボストン交響楽団30年ぶりの《ヨハネ受難曲》を指揮し「21世紀のバロック音楽の理想的アプローチ」と絶賛された。CD録音も精力的に行っており、特にBCJとの<バッハ:教会カンタータシリーズ>および声楽作品集には『この歯切れのよさ、明晰さ、そして峻厳な精神性の高さは、聴く者の心を動かさずにおかない(タイムズ紙)』と世界中の批評家から賛辞が寄せられている。2001年ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章、平成23年紫綬褒章など受賞。2012年ライプツィヒ市よりバッハの演奏に貢献した世界的音楽家に贈られる「バッハ・メダル」を受賞。平成25年度神戸市文化賞受賞。2013年度第45回サントリー音楽賞をバッハ・コレギウム・ジャパンと共に受賞。イェール大学アーティスト・イン・レジデンス、神戸松蔭女子学院大学客員教授、東京芸術大学名誉教授、オランダ改革派神学大学名誉博士。

合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan, chorus & orchestra
鈴木雅明が世界の第一線で活躍するオリジナル楽器のスペシャリストを擁して結成したオーケストラと合唱団。J. S. バッハの宗教曲を中心に、近年はメンデルスゾーンに及ぶ作品の理想的な上演・普及を主旨として活動。透明かつ劇的な合唱とオリジナル楽器による演奏は「アンサンブル全体が協和しながら光を発するかのような響きの美しさ(朝日新聞)」と高く評価されている。1992年より東京・神戸での定期演奏会を開始、99年から海外公演も本格化し、ライプツィヒ・バッハ音楽祭、BBCプロムス、カーネギーホール、コンセルトヘボウ等での演奏を通じて、その評価を高めている。15年5月にはプラハの春国際音楽祭などに出演、10~11月には器楽アンサンブルによるアメリカ公演(12都市)を実施。16年4月にはロンドン・ウィーンを含む6カ国12公演のヨーロッパツアーを実施、各地で絶賛を博した。スウェーデンBISより80点に及ぶCDをリリースし、多くの賞を受賞。2010-11年には『バッハ:モテット全集』が欧州3カ国のベスト・ディスク賞を獲得。2012年には震災チャリティCD『Bach for Japan』をリリース。95年から時系列順で取り組んできた<バッハ:教会カンタータシリーズ>が2013年2月、全曲演奏・録音(全55巻)を完遂し、2014年エコー・クラシック賞エディトリアル・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー部門を受賞。

■ソプラノ:レイチェル・ニコルズ Rachel Nicholls, soprano(23日、24日)
イギリス生まれ。英国王立音楽大学で、年間最優秀学生に与えられるロウズ杯を獲得。キャスリーン・フェリア記念コンクール第2位。サイモン・ラトル指揮『パルジファル』でロイヤル・オペラ・ハウスにデビュー。そのほかにスコティッシュ・オペラ、イングリッシュ・ナショナル・オペラなどに招かれ、バロックから新作まで多彩な作品の舞台に立っている。バッハ・コレギウム・ジャパンとは2005年以来共演を重ね、09年5月、新国立劇場『ポッペアの戴冠』ネローネ役、『リナルド』アルミーダ役(エジンバラ音楽祭及び東京公演)を見事にこなし絶賛を博した、16年4月BCJヨーロッパツアーにも参加、「豊かな音色」(英「クラシカル・ソース」)で聴衆を魅了した。

■アルト(カウンターテナー):クリント・ファン・デア・リンデ Clint van der Linde, countertenor(23日、24日)
10歳で少年聖歌隊学校で歌い始め、ボーイソプラノとして南アフリカの主要オーケストラと共演。イートン・カレッジ、英国王立音楽大学及び同大学修士課程に学ぶ。ロイヤル・フィル、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック、キングズ・コンソートなどのオーケストラやノリントン、シュライアーほか多くの指揮者と共演。ヘンデルなどのオペラでタイトルロールを多く歌い、2005年大野和士指揮R. シュトラウス『影のない女』でブリュッセル/モネ劇場にデビュー、09年夏のエディンバラ音楽祭で鈴木雅明/BCJとのヘンデル『リナルド』に出演、高い評価を得る。14年3月にはBCJのニュージーランド公演及びスペイン・フランスツアーに出演、注目を集めた。

■テノール:ニコラス・パン Nicholas Phan, tenor(23日、24日)
アメリカ出身。欧米の主要なオペラハウスで活躍する一方、J. S. バッハなどの古楽の歌唱にも定評がある。ニューヨーク・フィルやボストン交響楽団といった著名なオーケストラとの共演も多く、カーネギーホールでリサイタルを行うなど、幅広く活躍。ソロアルバム「Still Falls the Rain」(Avie) はニューヨークタイムズ紙のベスト・クラシカル・レコーディングスの一つに選ばれた。彼が参加したブーレーズ指揮『プルチネッラ』(CSO Resound)は2010年度グラミー賞を獲得。今、世界が注目するテノール歌手の一人。

■バス(バリトン):加耒 徹 Toru Kaku, baritone(23日、24日)
東京芸術大学大学院修士課程独唱科を首席で修了。声楽を福嶋敬晃、勝部太に師事。第55期二期会オペラ研修所マスタークラスを総代で修了し、最優秀賞および川崎靜子賞を受賞。第 15回 NEUE STIMMEN 2013国際コンクールセミファイナリスト。14 年シャネル・ピグマリオン・デイズアーティスト。歌曲演奏、コンサートソリストを中心に活動する傍ら、オペラの分野でも幅広く活躍しており、2015年11月には日生劇場オペラ公演『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロールを務めた。15年にはセカンドCD『加耒徹×ドイツ歌曲』をリリース。フェリス女学院大学非常勤副手。桐朋学園大学嘱託演奏員。二期会会員。

■オルガン:鈴木優人 Masato Suzuki, organ(23日※BCJメンバー、24日)
東京芸術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。鍵盤奏者・指揮者としてバッハ・コレギウム・ジャパンや東京交響楽団、読売日本交響楽団など国内外の公演に多数出演。音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開。調布音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はない。オフィシャルホームページ http://suzukimasato.com/

■ヴァイオリン:若松夏美 Natsumi Wakamatsu, violin(23日※BCJメンバー、24日)
桐朋学園大学、デン・ハーグ王立音楽院卒。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカのコンサート・マスターを務める。オランダの18世紀オーケストラのメンバー。東京芸術大学音楽学部古楽科非常勤講師。

■ショーム:三宮正満 Masamitsu San’nomiya, shawm(23日※BCJメンバー、24日)
武蔵野音楽大学卒業。2000年ブルージュ国際古楽コンクール第2位受賞。現在バッハ・コレギウム・ジャパンとクラシカル・プレイヤーズ東京の首席オーボエ奏者を務める。「アンサンブル・ヴィンサント」主宰。東京芸術大学古楽科講師。

■トランペット:ルドルフ・レーリンツ Rudolf Lörinc, trumpet(23日※BCJメンバー、24日)
ハンブルク音楽演劇大学、ブレーメン芸術大学に学ぶ。ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団在籍。バロックトランペット奏者のスペシャリストとしてBCJやコレギウム・ヴォカーレ・ゲント、イル・ガルデリーノ等のアンサンブルで共演を重ねている。

 

サントリーホール クリスマスコンサート2016
with 東京佼成ウインドオーケストラ
Let’s Christmas!
Suntory Hall Christmas Concert 2016
with Tokyo Kosei Wind Orchestra

【日時】2016年12月25日(日)14:00開演(13:20開場)
【会場】サントリーホール 大ホール

【出演】
指揮:藤野浩一 Koichi Fujino, conductor
トランペット:エリック・ミヤシロ Eric Miyashiro, trumpet
朗読:中村悠一 Yuichi Nakamura, reader
ベース:村上 聖 Hijiri Murakami, bass
ドラム:岩瀬立飛 Tappi Iwase, drum
ピアノ:斎藤 聡 Akira Saito, piano
吹奏楽:東京佼成ウインドオーケストラ Tokyo Kosei Wind Orchestra

プロフィールはこちら

【曲目】
メルヴィン・トーメ/ロバート・ウェルズ:ザ・クリスマス・ソング
Melvin Howard “Mel” Tormé / Robert Wells: The Christmas Song
ハープフェルド:アズ・タイム・ゴーズ・バイ
Herman Hupfeld: As Time Goes By
フレッド/カンダー:ニューヨーク・ニューヨーク
Ebb Fred/ John Kander: New York, New York
ウォーレン/ゴードン:ザ・モアー・アイ・シー・ユー
Harry Warren/ Mack Gordon: The More I See You

【主催】サントリーホール

【協力】ホテルオークラ東京

【チケット料金】
S6,000円 A5,000円 B4,000円 S席ペア:10,000円(S席2枚、50組100席限定)

※S席ペアは、サントリーホールチケットセンター(電話・WEB・窓口)での取扱い

※ホテルオークラランチブッフェ付S席についてはこちらをご覧ください

【チケット発売】下記にて2016年9月16日(金)10時より発売します。
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:9月9日(金)10時~9月15日(木)
※先行期間中は窓口での販売はございません。
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:304-888]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード:34736]

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

 

【プロフィール】(25日公演出演者)
■指揮・編曲:藤野浩一 Koichi Fujino, conductor & arranger
東京音楽大学卒業。NHK「青春のポップス」など数多くの音楽番組のレギュラースタッフとして作編曲活動をする。NHK紅白歌合戦では96、97、2002年にオープニングの作曲を担当している。2013年、2日間で54,000人を動員した水樹奈々コンサートや、布施明、渡辺真知子、藤澤ノリマサらとのオーケストラ・レコーディング等、音楽監督としてビッグネームからの信頼も厚い。2013年7月まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団・ポップスオーケストラ音楽監督。現在、札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、広島交響楽団とシリーズ化されたコンサートが進行中。

■トランペット:エリック・ミヤシロ Eric Miyashiro, trumpet
22歳でバディ・リッチ、ウディ・ハーマンなどのビッグバンドにリードトランペットとして招かれ世界中を回る。数多くのアーティストのリードトランペッターとして活動後1989年に来日。すぐに持ち前の読譜力、オールマイティーな音楽性でスタジオ録音、テレビ、アーティストのツアーサポートなどの仕事を始める。吹奏楽、オーケストラ、学校講師、クリニシャン、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとしても幅広く活動を広げ、95年に日本国内最高のメンバーを集めたビッグバンド“EM Band”を結成。2013年に“Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra”のリーダー/音楽監督として活動を始める。

■朗読:中村悠一 Yuichi Nakamura, reader
香川県出身。声優、ナレーターとしてアニメや洋画の吹き替え、テレビ番組のナレーターなど幅広く活躍している。主なアニメの出演作に「マクロスF」(早乙女アルト役)、「魔法科高校の劣等生」(司波達也役)、「おそ松さん」(松野カラ松役)が、洋画の吹き替えに「キャプテン・アメリカ」(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース役)、「ハンガーゲーム」(ゲイル・ホーソーン役)があり、人気作品の主要キャラクターを数多く演じている。

■吹奏楽:東京佼成ウインドオーケストラ Tokyo Kosei Wind Orchestra
1960年(昭和35年)5月、立正佼成会附属の「佼成吹奏楽団」として発足、その後1973年に「東京佼成ウインドオーケストラ」へ改称した日本が世界に誇るプロ吹奏楽団。吹奏楽オリジナル作品、クラシック編曲作品やポップス、ポピュラーまで幅広いレパートリーの演奏を通し高い音楽芸術性を創出し、多くの人が楽しめる管楽合奏を展開、各地のコンサートで好評を博している。また多くのレコーディング、テレビ・ラジオに出演し、吹奏楽文化の向上・普及・発展に尽力している。2014年1月より大井剛史が正指揮者、トーマス・ザンデルリンクが首席客演指揮者、藤野浩一がミュージック・アドバイザーに就任。

「サントリーホール開館30周年記念×ホテルオークラ東京」スペシャル・コラボレーション!
池田順之総料理長によるコンサート限定
≪クリスマス特別ディナーコース(12月23日、24日)≫
≪クリスマス特別ランチブッフェ(12月25日)≫

 

★サントリーホール クリスマスコンサート2016 バッハ・コレギウム・ジャパン 『メサイア』
【コンサート日時】2016年12月23日(金・祝)15:00開演(14:20開場)※18:00終演予定
【ディナー日時】2016年12月23日(金・祝)19:00~(18:30受付開始 ※食前酒のご用意あり)
【ディナー会場】ホテルオークラ東京 アスコットホール(地下2階)
【ディナーメニュー】
聖夜のアミューズ、フォワグラの前菜、伝統のコンソメスープ、舌平目・オマール海老、国産牛フィレ肉など全6品のフルコースメニュー(ドリンク付)
【チケット料金】
ホテルオークラディナー付S席 24,000円(税・サ込)

 

★サントリーホール クリスマス オルガンコンサート2016 クリスマス・ガラ with バッハ・コレギウム・ジャパン
【コンサート日時】2016年12月24日(土)16:30開演(15:50開場)※18:30終演予定
【ディナー日時】2016年12月24日(土)19:30~(19:00受付開始 ※食前酒のご用意あり)
【ディナー会場】ホテルオークラ東京 アスコットホール(地下2階)
【ディナーメニュー】
聖夜のアミューズ、フォワグラの前菜、伝統のコンソメスープ、舌平目・オマール海老、国産牛フィレ肉など全6品のフルコースメニュー(ドリンク付)
【チケット料金】
ホテルオークラディナー付S席 20,000円(税・サ込)

 

★サントリーホール クリスマスコンサート2016 with 東京佼成ウインドオーケストラ Let’s Christmas!
【コンサート日時】2016年12月25日(日)14:00開演(13:20開場)
【ランチ日時】2016年12月25日(日)11:30~13:30(11:00受付開始 / 13:00最終入場)
【ランチ会場】ホテルオークラ東京 アスコットホール(地下2階)
【ランチブッフェメニュー】
スモークサーモン、海の幸のグラタン、ローストビーフや中華点心、生春巻き、充実のスイーツなど30種類以上の豊富なメニューをご用意(ワンドリンク付)
【チケット料金】
ホテルオークラランチブッフェ付S席 13,000円(税・サ込)

【ご予約・お問合せ(各日程共通)】下記にて9月16日(金)10時~受付開始
ホテルオークラ東京イベント予約係:03-3224-7688(月~金 10~17時、祝日除く)
サントリーホールチケットセンター(電話※クレジット決済のみ、窓口):0570-55-0017(10~18時、休館日除く)
★特別ご宿泊プランあり:詳細・お問合せはホテルオークラ東京客室予約課 0120-00-3751(月~金 9~19時)
※ディナー付S席・ブッフェ付S席は、定員になり次第締め切らせていただきます。

以上

Page top