サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート -正装コンサート-
ニュースリリース
  • No.sh0216(2016/4/14)

サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート -正装コンサート-

©Marco Bresci/La Scala

©Shintaro Shiratori

過去の公演風景

サントリーホール開館30周年記念、特別のガラ・コンサート
ズービン・メータ、小澤征爾の二人の巨匠が、ウィーン・フィルと
 

 サントリーホールは2016年10月1日(土) 18:00開演、2日(日) 16:00開演 サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート-正装コンサート-を開催します。

 1986年10月12日の開館を記念し、アニバーサリーイヤーなどの節目に開催するサントリーホールのガラ・コンサート。国内外の一流のアーティストが一堂に会し、サントリーホールが1年間で最も華やかな雰囲気に包まれる特別なコンサートとして定着してきました。
 今年は、サントリーホール開館30周年を記念し、ズービン・メータと小澤征爾が登場します。巨匠二人が秋のフェスティバルを象徴する本コンサートを彩ります。演奏はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。ともに齢80歳、ウィーン・フィルの名誉団員(※)でオーケストラと強い信頼関係で結ばれている二人の指揮者が一夜を振りわけます。またソリストとして、アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)、ヘン・ライス(ソプラノ)が華を添えます。

※名誉団員:芸術における業績を讃え、長年にわたるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との相互の尊敬と、深い人間関係で刻印された絆の印として贈られる称号。

 ドレスコードは正装。お客様もドレスや着物、タキシードなどドレスアップしてご来場いただき、舞台だけでなく客席、ホワイエ(ロビー)も華やかに彩られる、まさに大人の社交場にふさわしい贅沢な空間となります。サントリーホールの30周年を記念した豪華な一夜、非日常のひとときを存分にお楽しみください。

[チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007
 〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1  http://suntory.jp/HALL/

 

 

サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート
-正装コンサート-
Suntory Hall 30th Anniversary GALA Concert
 (dress code: black tie)

【日時・会場】
Concert 1:2016年10月1日(土) 18:00開演(17:00開場/21:00終演予定) 大ホール
Concert 2:2016年10月2日(日) 16:00開演(15:00開場/19:00終演予定) 大ホール

【出演】
指揮:ズービン・メータ Zubin Mehta, conductor
   小澤征爾 Seiji Ozawa, conductor
ヴァイオリン:アンネ=ゾフィー・ムター Anne=Sophie Mutter, violin
ソプラノ:ヘン・ライス Chen Reiss, soprano

管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker, orchestra

プロフィールはこちら

【曲目】
<第一部 PART1
モーツァルト:オペラ『フィガロの結婚』K492から 序曲
Wolfgang Amadeus Mozart: Le nozze di Figaro, K492, Overture
シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759 「未完成」
Franz Schubert: Symphony No.7 in B minor, D759
<第二部 PART2
武満徹:ノスタルジア ―アンドレイ・タルコフスキーの追憶に―
Toru Takemitsu: Nostalghia-In Memory of Andrei Tarkovskij
ドビュッシー:交響詩『海』3つの交響的スケッチ
Claude Debussy: La mer, Trois esquisses symphoniques
<第三部 Part3
ヨハン・シュトラウスII:オペレッタ『ジプシー男爵』から 序曲
Johann Strauss II: Der Zigeunerbaron, Overture
ヨハン・シュトラウスII:ワルツ『南国のバラ」op. 388
Johann Strauss II: Rosen aus dem Süden, Walzer, op. 388
ヨハン・シュトラウスII:アンネン・ポルカ op. 117
Johann Strauss II: Annen-Polka, op. 117
ヨハン・シュトラウスII:ワルツ『春の声』op. 410
Johann Strauss II: Frühlingsstimmen, Walzer, op. 410
ヨーゼフ・ヘルメスベルガーII:ポルカ・シュネル『軽い足取り』
Joseph Hellmesberger II: Leichtfüßig, Polka schnell
ヨハン・シュトラウスII:『こうもり』から「チャールダーシュ」
Johann Strauss II: Csárdás, Die Fledermaus
ヨハン・シュトラウスII:トリッチ・トラッチ・ポルカ op. 214
Johann Strauss II: Tritsch-Tratsch-Polka, op. 214

【主催】サントリーホール
【特別協賛】サントリーホールディングス株式会社(10/1公演)
【協賛】ロレックス(10/2公演)
【チケット料金】S \50,000 A \45,000 B \40,000 C \35,000

【チケット発売日】
サントリーホール・メンバーズ・クラブ 先行受付 416日(土)10時~57日(土)
 サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00~18:00)
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/ (24時間受付)
 会員専用Pコード予約(音声自動応答、24時間受付) 0570-02-9595 [Pコード: 291-893]
一般発売 201658日(日)10時~
5/8(日)初日のみ特別電話による受付:
 0570-02-9995(オペレーター対応/18時まで)
 0570-02-9970(自動応答)
5/8(日)からのインターネット受付:
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
 チケットぴあ http://w.pia.jp/t/sh-gala/
5/9(月)以降の電話受付:
 サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(5/9休館日、5/10以降残席あれば受付)
 チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード: 291-893]

※1回のお申込みにつき、1公演・1席種・4枚まで。

※先行発売中は窓口での販売はございません。

※先行発売で売切れとなった席種は一般発売で販売しない場合がございます。

※一般発売日初日はサントリーホールチケットセンター(電話・窓口)での受付・販売はございません。

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

【プロフィール】

■指揮:ズービン・メータ Zubin Mehta, conductor
1936年インド・ボンベイ生まれ。1961年からモントリオール響の音楽監督、62年からロサンゼルス・フィルの音楽監督に就任し、それぞれ67年と78年まで在任。ロサンゼルス・フィル辞任後、ニューヨーク・フィルの音楽監督に就任し、91年まで在任した。81年よりイスラエル・フィル終身音楽監督に就任。2004年よりミュンヘン・フィル名誉指揮者。2006年6月までバイエルン州立歌劇場音楽総監督。特にウィーン・フィルとの関係は深く、2007年にウィーン楽友協会名誉会員となった。2015年1月には、ウィーン・フィル新年恒例のニューイヤーコンサートに5度目の出演し、全世界40カ国以上で生中継された。2016年に生誕80周年を迎え、世界各地で記念公演が開催される予定。

■指揮:小澤征爾 Seiji Ozawa, conductor
1935年、中国のシャンヤン(旧奉天)生まれ。1973年にボストン交響楽団の第13代音楽監督に就任、アメリカのオーケストラ史上でも異例の29年という長期にわたって務める。2002年秋には、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任、2010年春まで務めた。1984年秋山和慶とともに組織し発展させた音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」では総監督を努め、2015年より、「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」として新たなステージに踏み出した。実践を通して若い音楽家を育成するための 「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト”(2000年~)」、および 「小澤征爾音楽塾オーケストラ・プロジェクト”(2009年~)」を精力的に展開。2005年にはヨーロッパにおける音楽学生を対象にしたSeiji Ozawa International Academy Switzerlandをスイスに設立し、教育活動に力を注いでいる。これまでに、フランス・レジオン・ドヌール勲章オフィシエ、日本国文化勲章、ケネディ・センター名誉賞をはじめ国内外で多くの賞を受賞。

■ヴァイオリン:アンネ=ゾフィー・ムター Anne=Sophie Mutter, violin
クラシック音楽の将来に対するゆるぎないコミットメントを示しながら、長年に亘り並外れた活躍を続けているヴァイオリニスト。ドイツのバーデン州ラインフェルデン生まれ。1976年、世界デビューを飾った後、今日まであらゆる主要ホールで演奏を行っている。伝統的な名曲に加え、20~21世紀のレパートリーを積極的に披露しており、デュティユー、グバイドゥーリナ、ルトスワフスキ、ペンデレツキ、プレヴィン、リームなど現代を代表する作曲家達が彼女に作品を捧げている。録音は膨大な数にのぼり、複数のグラミー賞など多数の賞を受賞。2008年、国際エルンスト・フォン・ジーメンス音楽賞とライプツィヒ・メンデルスゾーン賞を受賞。2009年には、ヨーロッパ聖ウルリッヒ賞(平和に貢献した個人や団体に贈られる賞)と、クリストバル・ガバロン財団(スペイン)の国際舞台芸術賞を、2010年には、トロンハイムのノルウェー科学技術大学から名誉博士号を授与された。ドイツ連邦功労勲章一等、オーストリア科学・芸術功労十字章など、多くの栄誉を得ている。

■ソプラノ:ヘン・ライス Chen Reiss, soprano
イスラエル出身。ウィーン国立歌劇場、バイエルン州立歌劇場、パリのシャンゼリゼ劇場、スカラ歌劇場、ゼンパーオーパー、ベルリン国立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、イスラエル・オペラなど世界中の歌劇場から、いま引っ張りだこの歌手。最近では、ティーレマンの指揮ウィーン国立歌劇場で、『イドメネオ』のイリア、『薔薇の騎士』のゾフィー、『利口な女狐の物語』のタイトルロール、新プロダクションによる『ヘンゼルとグレーテル』のグレーテルを、またネーデルランド・オペラでは、『魔笛』パミーナを好演。今後は、テルアビブでの『フィデリオ』のマルツェリーナ、ウィーン国立歌劇場での『アラベッラ』のズデンカ、『薔薇の騎士』のゾフィー、『利口な女狐の物語』タイトルロールのほか、東京、テルアビブ、アムステルダム、リスボン、シカゴでの演奏会へ出演予定。2011年、ソロアルバム『LIAISONS』がディアパゾン金賞を獲得。まもなく、ピアノのチャールズ・スペンサーと『ナイチンゲールと薔薇(Die Nachtigall und die Rose)』をリリース予定。

■管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker, orchestra
1842年創立。常任指揮者は初代のニコライからエッケルト、デッソフ、リヒター、ヤーン、マーラー、ヘルメスベルガー、ヴァインガルトナー、フルトヴェングラー、クラウスと受け継がれ、1933年からは常任指揮者を置かず、客演指揮者によるコンサートを行っている。フルトヴェングラー、E.クライバー、クレンペラー、クナッパーツブッシュ、クラウス、ミトロプーロス、オーマンディ、シューリヒト、セル、ワルター、ショルティ、アバド、C.クライバー、メータ、小澤征爾などの名指揮者が指揮台に立っている。1898~1901年音楽監督を務めたマーラーをはじめ、ワーグナー、ヴェルディ、ブルックナー、J.シュトラウス2世、ブラームス、R.シュトラウスなどが、時には指揮者またはソリストとして共演し、自らの作品を世に送り出し、音楽史と共にある伝統あるオーケストラである。

サントリーホール フェスティバル 2016 公演一覧
<9月19日(月・祝)~11月26日(土)>

9月19日(月・祝) サントリーホールのオルガン・カフェ #3

9月21日(水) ヨーヨー・マ チェロ・リサイタル

9月26日(月)、29日(木) サントリーホールフロンティアプロジェクトatブルーローズ
総合芸術作品「祝水(はふりのみず)」(9/26)
声劇和楽団「源氏物語 ~陽光の姫 夕闇の君~」(9/29)

10月1日(土)、2(日)
サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート –正装コンサート-

10月4日(火)~10月9日(日) サントリーホール スペシャルステージ 2016 アンネ=ゾフィー・ムター
室内楽の夕べ ~ムター・ヴィルトージ(10/4)
ヴァイオリン・リサイタル(10/5)
スペシャル・コンサート ~アクティブシニアでいるために(10/7)
協奏曲の夕べ(10/9)

10月6日(木) N響90周年&サントリーホール30周年 パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団特別公演

10月7日(金)~10月16日(日) ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2016
大和証券グループ Presents ズービン・メータ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(10/7, 10, 12)
ウィーン・フィル奏者による公開マスタークラス<ハ―プ>(10/8)
無料公開リハーサル(10/10)
サントリーホール&ウィーン・フィルの青少年プログラム(10/12)
ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金 「こどもたちのためのコンサート」特別公演(10/16)

10月 アークヒルズ音楽週間2016(周辺イベント)

11月2日(水)
三菱鉛筆 創業130年スペシャル ヘルベルト・ブロムシュテット指揮バンベルク交響楽団
オール・ベートーヴェンプログラム・コンサート

11月4日(金)、5日(土)、8日(火)
内田光子 with マーラー・チェンバー・オーケストラ 協奏曲の夕べ(11/4, 8)
内田光子 with マーラー・チェンバー・オーケストラ 室内楽の夕べ(11/5)

11月12日(土) サントリーホール30周年記念作曲委嘱 <マーク=アンソニー・ターネジ>

11月18日(金)~26日(土) ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN
ホール・オペラ® ワーグナー:楽劇『ラインの黄金』(11/18, 20)
女優、イザベル・カラヤンによる一人芝居 『ショスタコーヴィチを見舞う死の乙女』(11/19)
首席奏者による室内楽の夕べ(11/21)
オーケストラ・プログラムI(11/22)
オーケストラ・プログラムII(11/23)
イェフィム・ブロンフマン ピアノ・リサイタル(11/26)

 

以上

Page top