サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2016 クァルテット・エクセルシオ ベートーヴェン・サイクルI~V
ニュースリリース
  • No.sh0213(2016/3/3)

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2016
クァルテット・エクセルシオ ベートーヴェン・サイクルI~V

©Naoko OGURA

室内楽の祭典『チェンバーミュージック・ガーデン』の名物企画
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲演奏に、いよいよ日本のグループが登場!
 

 サントリーホールは、6月5日(日)、9日(木)、12日(日)、15日(水)、18日(土)の5日間、「クァルテット・エクセルシオ ベートーヴェン・サイクルI~V」をブルーローズ(小ホール)で開催します。

 初夏の室内楽の祭典『チェンバーミュージック・ガーデン』(CMG)期間中に開催されるベートーヴェン・サイクルは、一つの弦楽四重奏団がベートーヴェンの弦楽四重奏曲を短期間に集中して全曲演奏する、世界であまり類を見ない名物企画です。CMGが始まって以来これまでに、パシフィカ・クァルテット(米/2011年)、ヘンシェル・クァルテット(独/12年)、ボロメーオ・ストリング・クァルテット(米/13年)、キュッヒル・クァルテット(墺/14年)、ミロ・クァルテット(米/15年)が演奏し、欧米の第一線で活躍するグループが、カルテットの真髄を披露し続けてきました。
 サントリーホール開館30周年の今年は、いよいよ日本の弦楽四重奏団、クァルテット・エクセルシオが登場します。
 あらゆる音楽家を魅了してやまない作曲家ベートーヴェン。その弦楽四重奏曲は、ベートーヴェンの人生の節目でそれぞれ作曲され、愛情と葛藤、名声と絶望、喪失そして病と死など、その内面の奥深い部分も表現された偉大な作品群です。16曲を全曲演奏することは、ベートーヴェンの人生を辿るものと解釈する演奏家も多く、短期間に集中して全曲演奏することは、技術だけでなく精神・体力面での充実を不可欠とする、極めて挑戦的なプロジェクトです。
 全16曲を5回に分けるプログラム構成にも、グループの個性が現れます。クァルテット・エクセルシオはベートーヴェンが書いた初期・中期・後期の作品を各回にバランスよく配置することで、5回いずれの公演を聴いても、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の醍醐味を感じていただけるものになっています。
 日本では稀少な常設の弦楽四重奏団として、結成から20周年超のエクセルシオ。その演奏キャリアが始まると同時にベートーヴェンに取り組み、音楽的に成長し続けるメンバーそれぞれの人生や音楽に対する想いをも、演奏の中で表現することになります。

 ベートーヴェンの人生を、そして演奏するクァルテット・エクセルシオの歩みをぜひ感じてください。

[チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB  http://suntoryhall.pia.jp/
[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007
 〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1  http://suntory.jp/HALL/

― 記 ―

クァルテット・エクセルシオ
ベートーヴェン・サイクル I~V
Quartet Excelsior - The Beethoven Cycle I-V

【日時・曲目】ベートーヴェン:弦楽四重奏曲(全曲)Ludwig van Beethoven: String Quartets

I 201665日(日)14:00開演(13:20開場)
 第2番 ト長調 op. 18-2、第11番 ヘ短調 op. 95「セリオーソ」、
 第6番 変ロ長調 op. 18-6、第12番 変ホ長調 op. 127
 No. 2 in G major, op. 18-2 / No. 11 in F minor, op. 95 “Serioso” /
 No. 6 in B-flat major, op. 18-6 / No. 12 in E-flat major, op. 127

II 201669日(木)19:00開演(18:20開場)
 第5番 イ長調 op. 18-5、第10番 変ホ長調 op. 74「ハープ」、
 第13番 変ロ長調 op. 130、大フーガ 変ロ長調 op. 133
 No. 5 in A major, op. 18-5 / No. 10 in E-flat major, op. 74 “Harfe”
 No. 13 in B-flat major, op. 130 / Grosse Fuge in B-flat major, op. 133

III 2016612(日)14:00開演(13:20開場)
 第4番 ハ短調 op. 18-4、第7番 ヘ長調 op. 59-1「ラズモフスキー第1番」、第16番 ヘ長調 op. 135
 No. 4 in C minor, op. 18-4 / No. 7 in F major, op. 59-1 “Razumovsky No. 1” / No. 16 in F major, op. 135

IV 2016615日(水)19:00開演(18:20開場)
 第1番 ヘ長調 op.18-1、第9番 ハ長調 op.59-3「ラズモフスキー第3番」、第14番 嬰ハ短調 op.131
 No. 1 in F major, op. 18-1 / No. 9 in C major, op. 59-3 “Razumovsky No. 3”
 No. 14 in C-sharp minor, op. 131

V 2016618日(土)19:00開演(18:20開場)
 第3番 ニ長調 op. 18-3、第8番 ホ短調 op. 59-2「ラズモフスキー第2番」、第15番 イ短調 op. 132
 No. 3 in D major, op. 18-3 / No. 8 in E minor, op. 59-2 “Razumovsky No. 2” / No. 15 in A minor, op. 132

【出演】
弦楽四重奏:クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior, string quartet
 第1ヴァイオリン:西野ゆか Yuka Nishino, 1st violin
 第2ヴァイオリン:山田百子 Momoko Yamada, 2nd violin
 ヴィオラ:吉田有紀子 Yukiko Yoshida, viola
 チェロ:大友 肇 Hajime Otomo, cello

プロフィールはこちら

【チケット料金】
指定4,000円 サイドビュー2,500円 学生1,000円 ※各日とも

*学生席はサントリーホールチケットセンター(電話・WEB・窓口)のみ取り扱い。
25歳以下、来場時に学生証提示要。

【主催】サントリーホール

【チケット発売】下記にて2016年3月12日(土)10時より発売します。
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:281-806]
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/

【プロフィール】

■弦楽四重奏:クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior, string quartet
年間70公演以上を行う、日本では数少ない常設の弦楽四重奏団。ベートーヴェンを軸とした『定期公演』、20世紀以降の現代作品に光をあてる『ラボ・エクセルシオ』、人気傑作選『弦楽四重奏の旅』、第一生命ホールの『クァルテット・ウィークエンド』の4シリーズを展開しつつ全国的に活動。1994年桐朋学園大学在学中に結成。第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール最高位、第19回新日鉄音楽賞「フレッシュアーティスト賞」、全曲演奏した「クロノイ・プロトイ第5回作品展~弦楽四重奏の可能性」公演が第9回佐治敬三賞、2014年第16回ホテルオークラ音楽賞、他受賞歴多数。アジアや欧米など国際社会における日本の文化交流も積極的に行っている。サントリーホール室内楽アカデミーでコーチング・ファカルティに就任、後進の指導にもあたっている。2014年に結成20周年を迎え、さらに弦楽四重奏の魅力を伝えるべく邁進している。
http://www.quartet-excelsior.jp/

 

以上

Page top