サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > 国産最軽量となる110gの4Lペットボトルを「角瓶」などの酒類商品に導入
ニュースリリース
  • No.12660(2016/5/24)

国産最軽量となる110gの4Lペットボトルを「角瓶」などの酒類商品に導入

 サントリースピリッツ(株)は、国産最軽量となる110gの4Lペットボトルを、サントリーウイスキー「角瓶」「トリス〈クラシック〉」など酒類商品に6月から順次導入します。

 今回、酒類の4L商品に使用しているペットボトルを110gへと軽量化します。これまでの134gまたは120gから最大18%軽くすることで、ペット樹脂の使用量を削減し、年間のCO2排出量が約460トン(17%)削減されます。
 今回の取り組みはペットボトルメーカーとの共同開発によるもので、従来のペットボトルで採用していた把手部分を外し、ボトルの中央に深いグリップ部を新たに採用することで、使いやすさにも配慮した上で軽量化を実現したものです。

※2016年製造計画に基づく当社試算

 当社はこれからも、ニーズに合わせた商品開発や容器を取り巻く環境対策に積極的に取り組んでいきます。

<ご参考資料>サントリーグループのペットボトル開発における環境負荷軽減の取り組みについて

 

以上

Page top