ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.12067   (2014.5.22)

「日比谷BAR WHISKY−S II」オープン
―  サントリー白州蒸溜所の世界観が楽しめるウイスキー専門店  ―

「日比谷BAR WHISKY−S II」オープン

高解像度画像


 サントリー酒類(株)は、(株)日比谷Barとの共同開発による「日比谷BAR WHISKY−S」の2号店として、サントリー白州蒸溜所の世界観が楽しめる「日比谷BAR WHISKY−S II」を5月23日(金)から東京・銀座にオープンします。

 「日比谷BAR WHISKY−S」は、ウイスキーの様々な楽しみ方をお伝えするべく2003年にオープンしたウイスキー専門店です。ウイスキーの奥深さを訴求する1号店では、日本初の蒸溜所である山崎蒸溜所の貯蔵樽を使用した内装や、同店でしか味わえない特別なウイスキーに加えウイスキーと相性抜群の料理などに多くのお客様からご好評をいただいています。

 今回、2号店としてオープンする「日比谷BAR WHISKY−S II」では、“森の蒸溜所”で生まれた「白州」のソーダ割「白州 森香るハイボール」や、女性やウイスキーのエントリーユーザーにもおすすめのオリジナルカクテルを提供します。また、白州蒸溜所が位置する山梨県の名産品を使用した料理とウイスキーとのマリアージュもお楽しみいただけます。
 入口の天井や壁には、貯蔵庫をイメージし、ウイスキー樽をディスプレイしました。また、緑と茶色を基調としたシンプルなデザインの店内は、ウイスキー熟成の様子を表現したディスプレイをはじめ、南アルプスの森や尾白川といった白州の豊かな自然の写真を展示するなど、“森の蒸溜所”「白州蒸溜所」をコンセプトにした空間となっています。

【主な提供メニュー】(予定) (税抜)  
〈ドリンク〉
  「白州 森香るハイボール」 760円
「ウイスキーソニック」 670円
「森の恵みカクテル」 940円
〈フード〉
  「紫蘇べったら漬け」 580円  
「鰆の塩マリネ」 750円
「森林鶏のグリル 特製白味噌ソース」 780円
「海老カツサンド」 1,130円
「バナナと木の実のフロマージュ」 700円

―   記   ―

▼店名 日比谷BAR WHISKY−S II(ウイスキーズ ツー)
▼所在地 東京都中央区銀座5丁目6番5号 NOCO 8F
▼営業開始日 2014年5月23日(金)
▼営業時間 [5月23日(金)〜6月1日(日)]
  17:00〜23:30
[6月2日(月)〜]
  平日 14:00〜23:30
  土・日・祝日 12:00〜23:30
▼電話 03−3573−8011
▼席数 77席(店内57席、屋上テラス20席)


以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷