ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11963   (2014.1.30)

『サントリー環境ビジョン2050』策定
―  あわせて「2020年目標」を設定  ―


 サントリーグループは、「人と自然と響きあう」という企業理念のもと、自然の恵みに支えられている企業の責務として環境経営を推進し、「天然水の森」での森林保全活動や容器包装の軽量化など、さまざまな活動を続けています。今回、サントリーグループの企業活動がよりグローバル化していることを踏まえ、2050年に向けた『サントリー環境ビジョン2050』を策定するとともに「2020年目標」を設定しました。

■『環境ビジョン2050』

  サントリーグループは、自然の恵みに支えられている企業の責務として「自然環境の保全・再生」「環境負荷低減」を柱に、持続可能な地球環境を次代へ引き渡すことを目的に、2050年に向け、以下に挑戦します。
 挑戦1: 主要な事業展開国における自然環境保全・再生への積極的な取り組み
 挑戦2: 事業活動における環境負荷(自社工場での水使用、バリューチェーン全体のCO2排出)を2050年までに半
※1

■「2020年目標」

  『環境ビジョン2050』達成に向けて、以下2020年目標を掲げます。
(1)「自然環境の保全・再生」
 ▼生物多様性の象徴である野鳥の保護活動をグローバルに展開
   −国内すべての「天然水の森」においてワシ・タカ類の営巣・子育てを実現
   −海外における野鳥保護活動の支援
 ▼「天然水の森」の面積を12,000haに拡大
   −国内の自社工場で使用する地下水量を育む面積の2倍に拡大
(2)「環境負荷低減」
 ▼サントリーグループ※2の自社工場での水使用を35%削減※1
 ▼サントリーグループ※2のバリューチェーン全体のCO2排出を24%削減※1

※1 2007年における事業領域を前提とした原単位での削減
※2 サントリーグループ売上高(2012年)の80%以上を占める事業会社群(海外を含む)


以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷