ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11942   (2014.1.13)

サントリーホールディングス(株)によるビーム社買収について


 サントリーホールディングス株式会社(以下、サントリー)(本社:大阪府大阪市、社長:佐治信忠)とビーム社(Beam Inc.)(NYSE:BEAM)(本社:アメリカ、イリノイ州 ディアフィールド、CEO:マット・シャトック)は、1月12日(日)(アメリカ東部時間)、サントリーがビーム社の全発行済株式を1株あたり83.5ドル※1、総額160億ドル※2で取得し、買収することについて最終合意しました。

 本取引は、両社の取締役会における全会一致の承認を得ており、今後ビーム社の株主ならびに規制当局の承認およびその他必要な手続きを終了後、完了する予定です。

 現在、サントリーは日本国内でビーム社商品を、ビーム社はシンガポールをはじめとした東南アジアでサントリー商品を販売するなど、両社は日本国内外で非常に良好な関係を築いています。

 ビーム社とサントリーのスピリッツ事業をあわせた売上高は、43億ドル※3を超え、世界のプレミアムスピリッツ市場において第3位※4のポジションを築くことになります。

 特に、ブランドポートフォリオは、バーボンウイスキー「ジムビーム」「メーカーズマーク」「ノブ クリーク」、スコッチウイスキー「ティーチャーズ」「ラフロイグ」「ボウモア」、カナディアンウイスキー「カナディアンクラブ」、コニャック「クルボアジェ」、テキーラ「サウザ」、ウオツカ「ピナクル」、リキュール「ミドリ」のほか、ジャパニーズウイスキー「山崎」「白州」「響」「角瓶」といった充実したラインナップ※5となります。

 買収後は、世界最大のスピリッツ市場※6である米国をはじめ世界の様々なエリアにおいて、両社の強力なブランドの展開に加え、販売流通網の拡大や技術交流の深化によって、グローバルな成長の実現を図ります。なお、ビーム社は、今後も引き続き現ビーム社CEO以下経営陣が、米国・イリノイ州シカゴ近郊の本社にて経営する予定です。

※1   1株あたりの買収金額は、ビーム社の1月10日の終値66.97ドルを25%上回っており、過去3ヶ月の売買高加重平均株価を24%上回っている。
※2   ビーム社負債含む。
※3   2012年の売上高(酒税抜き)。サントリーのスピリッツ事業は1ドル105円で計算。
※4   IWSRデータより推定。
※5   「ジムビーム」「メーカーズマーク」「ノブ クリーク」「ティーチャーズ」「ラフロイグ」「カナディアンクラブ」「クルボアジェ」「サウザ」「ピナクル」はビーム社商品。「山崎」「白州」「響」「角瓶」「ボウモア」「ミドリ」はサントリー商品。
※6   ローカルスピリッツ(白酒等)を含まない金額換算。
  本取引のための資金は、サントリーが保有する手元資金および三菱東京UFJ銀行から調達予定。
  サントリーの財務アドバイザーは三菱UFJモルガン・スタンレー、法務アドバイザーは Cleary Gottlieb Steen & Hamilton LLP。ビーム社の財務アドバイザーはCredit SuisseとCenterview Partners、法務アドバイザーはSidley Austin LLP

合意に関する両社のコメントは以下の通りです。

●サントリーホールディングス(株)代表取締役社長 佐治信忠

  「今回、「ジムビーム」「メーカーズマーク」等の世界的ブランドと販売網を有するビーム社と契約の締結に至り、大変嬉しく思います。この提携によって、世界でも類を見ない強力なポートフォリオを持つスピリッツ事業が誕生することになり、グローバルにさらに大きく成長できることを確信しています。
ビーム社の優秀な経営陣や従業員の皆様と共に成長していくことを心から願っています」

●ビーム社CEO マット・シャトック

  「この度の合意は、当社の株主に大きな価値をもたらし、将来の成長に向けた強固な事業基盤をもつ、より強力なグローバルカンパニーとなる礎になります。両社が一緒になることで、幅広いカテゴリーを網羅する世界第3位のプレミアムスピリッツメーカーとなります。世界のスピリッツ市場の成長を牽引しているプレミアムウイスキーカテゴリーでは、バーボン、スコッチ、カナディアン、アイリッシュ、そしてジャパニーズウイスキーを有する、他に類をみない充実したポートフォリオとノウハウを併せ持つことになります。全世界の販売網の拡大と商品開発力のさらなる強化により、競争優位を築くことができると考えています。ビーム社従業員もサントリーのノウハウや資金力を活用し、共にグローバルな成長を続け、両社が受け継いできた伝統あるブランドをさらに成長させていきたいと思っています」

●ビーム社会長 デイビッド・マッカイ

  「ビーム社の成長を実現した優れた戦略と全世界の従業員の卓越した実行力により、今回株主に対して魅力的な価値を提供することができました。2011年10月ビーム社単独上場時からの株主に対するリターンは106%になります」

<サントリーグループについて>

  1899年創業。グループ計の売上高1兆8,516億円(2012年)、従業員数28,767人(2012年12月31日時点)。ウイスキー「山崎」、ビール「ザ・プレミアム・モルツ」のほか、ワイン、RTDを含む酒類および食品を製造・販売。特に、ウイスキーは世界的な酒類コンペティションにおいて、数々の賞を受賞し、海外で高い評価を得ている。2009年にニュージーランドの清涼飲料メーカー「フルコア・グループ」、フランスの清涼飲料メーカー「オランジーナ・シュウェップス・グループ」の買収をはじめ、2013年には英国グラクソ・スミスクライン社から飲料「ルコゼード」「ライビーナ」を取得するなど、海外食品事業を拡大。また、2013年には子会社であるサントリー食品インターナショナル株式会社が東京証券取引所市場第一部に上場。現在サントリーグループは、日本以外にも亜豪州、欧州、米州、アフリカなどで事業を展開。
サントリーホームページ: https://www.suntory.co.jp/

<ビーム社について>

  世界有数のプレミアムスピリッツメーカーで、世界中のお客様に愛されるものづくりを行っている。「ジムビーム」「メーカーズマーク」「ノブ クリーク」バーボン、「サウザ」「オルニトス」テキーラ、「ピナクル」ウオツカ、「カナディアンクラブ」ウイスキー、「クルボアジェ」コニャック、「ティーチャーズ」「ラフロイグ」スコッチウイスキー、「スキニーガール」カクテル、「クルーザン」ラム、「キルベガン」アイリッシュウイスキー、「ラリオス」ジン、「DYC」ウイスキーなどビーム社商品は、世界中で広く親しまれている。ビーム社は規模とスピードを兼ね備えた経営を行い「Creating Famous Brands」「Building Winning Markets」「Fueling our Growth」を戦略の柱に優れた経営成績の実現を目指している。従業員3,400人の努力により2012年売上高25億ドル(酒税抜き)、販売数量3,800万ケース(9L換算)を達成。また急成長を遂げた新商品を数々世に送り出している。本社はシカゴ近郊のイリノイ州ディアフィールド。ニューヨーク証券取引所(NYSE:BEAM)に上場し、S&P500、MSCI ワールドインデックスに数えられている。
より詳細な情報、社会的責任の取り組み:www.beamglobal.comwww.drinksmart.com

将来の見通しに関する記述に係る注意事項  
本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法で定義される「将来の見通しに関する記述」が含まれている場合があります。一般的には、かかる将来の見通しに関する記述は、「する予定である(will)」、「予想する(expects)」、「信じる(believes)」その他これらに類似する語句によって識別することができます。実際の結果は、見通しに関する記述中の予測または見込と大きく異なる可能性があります。実際の結果が大きく異なり得る要因には、以下に関連するリスクまたは不確実性(ただし、これらに限定されません。)が含まれます。すなわち、企図される取引の完了に係る前提条件の成就(株主および監督当局の承認を含みますが、これらに限定されません。)、当該取引に関連する想定外の困難または費用、当該取引の公表後にビーム社その他の者に対し開始され得る法的手続、当該取引の公表および未了状態により生じる現状の計画および事業運営の頓挫、当該取引の公表および未了状態の結果生じ得る従業員維持の困難、当該取引の公表に対する顧客、流通業者、仕入先および競合他社の反応、ならびにその他Form 10−Kにて作成され米国証券取引委員会(SEC)に提出された2012年12月期のビーム社の年次報告書に記載された要因です。法律上定めがある場合を除き、当社およびビーム社は、本資料中の情報を更新する義務を負いません。これらの将来の見通しに関する記述は本日現在のものであり、これらに過度に依拠することがないようお願いいたします。

追加情報およびその取得場所  
本書は、企図される当社によるビーム社の買収に係る勧誘文書と見做される可能性があります。当該企図される取引に関連して、ビーム社は、Schedule 14Aを用いた同社の委任状を含む関係書類をSECに提出する予定です。SECに提出されるビーム社の委任状を含む関係書類には企図される取引に関する重要な情報が含まれることから、同社の証券保有者におかれましては、これらの書類をすべてお読みになるようお願いいたします。投資家および証券保有者の皆様は、これらの書類をSECのウェブサイト(http://www.sec.gov)にて、無償で入手することが可能となる予定です。また、ビーム社により提出される書類につきましては、ビーム社のウェブサイト(www.beamglobal.com)(「Investors」のタブから「Investor Info」の項目内に進み、その中の「SEC Documents」の項目をご参照下さい。)にて、無償で入手することが可能です。加えて、ビーム社によってSECに提出される委任状およびその他の書類(入手可能となったもの)については、ビーム社に直接請求することにより、ビーム社から無償で入手することが可能です(問合せ先:Beam Inc. Office of the Secretary、住所 510 Lake Cook Road, Deerfield, Illinois 60015、電話番号 +1-847-948-8888)。

勧誘への参加者  
ビーム社および同社の取締役および執行役員は、企図される取引に関し、ビーム社の普通株主に対する委任状勧誘への参加者と見做される可能性があります。証券保有者の皆様は、ビーム社とその取締役および執行役員に関する情報(それぞれの氏名および利害関係に関する情報を含みます。)を、Form 10-Kにて作成された同社の2012年12月期の年次報告書(2013年2月26日付でSECに提出)および同社の2013年定時株主総会に係る最終委任状(2013年3月12日付でSECに提出)を参照することで入手可能です。2013年定時株主総会に係る最終委任状に記載されているビーム社証券保有数から変更が生じた場合は、かかる変更は、Form 4にて作成されSECに提出される、所有権の変更に関する報告書に反映されます。当該参加者の利害関係に関する追加情報は、企図される取引に関する委任状を(当該委任状が入手可能となった段階で)参照することにより入手可能です。

▽本件に関するマスコミからの問い合わせ先
 サントリーホールディングス(株)広報部 TEL.03-5579-1150 06-6346-0835
 
 アシュトン・コンサルティング・リミテッド(ジョン・サンリー/ブレンダン・ジェニングス)
 TEL.03-5425-7220(海外マスコミ対応)
 
 ビーム社(クラークソン・ハイン)TEL.+1-847-444-7515

▽本件に関するビーム社の投資家の皆様からの問い合わせ先
 ビーム社(トニー・ディアズ)TEL.+1-847-444-7690



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷