ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11794   (2013.5.28)

「サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング」
新発売
―  ナチュラルミネラルウォーターを100%使用した
きめ細かな泡の無糖炭酸水  ―

「サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング」新発売

高解像度画像


 サントリー食品インターナショナル(株)は、炭酸入りナチュラルミネラルウォーター「サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング」を7月16日(火)から全国で新発売します。

 近年、健康志向の高まりを背景に、昨年度の無糖炭酸市場は、2010年に比べ約6割増と急激に伸長しています。また、30代から40代を中心に仕事の合間や風呂上りなどのリフレッシュしたい時に炭酸水をそのまま飲用する方が増えていることが当社の調査から分かっています。
 これらをふまえ、今回、「天然水をベースにした炭酸水がほしい」といったお客様の声にもお応えしようと、「サントリー 南アルプスの天然水」から炭酸入りナチュラルミネラルウォーター「サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング」を新発売します。

●中味の特長

   雄大な南アルプス・甲斐駒ケ岳のふもとで汲み上げた、ナチュラルミネラルウォーターに炭酸を加えました。きめ細かな泡と口当たりのよい刺激が特長で、そのまま飲んでいただいても美味しい炭酸水です。

●パッケージの特長

   「サントリー 南アルプスの天然水」の象徴である「南アルプスの山々」を肩部のボトルに立体的にデザインし、清冽で爽やかな世界観を出しながら、“炭酸水(スパークリングウォーター)”であることを分かりやすく表現しました。なお、環境負荷の少ない植物由来原料を30%使用したペットボトルを採用します。

〈サントリーの水源涵養活動について〉
サントリーグループは、「水と生きる SUNTORY」をコーポレートメッセージに掲げ、水および水を育む自然環境との共生を目指した企業活動を推進しています。『サントリー「天然水の森」』は、地域や学識経験者と連携しながら、水源涵養林として高い機能を持つ森に育てるとともに、生物多様性を保全する活動です。主に工場の水源涵養エリアで実施しており、2011年には、工場で使用する以上の地下水を育み、水資源のサステナビリティを守るのに必要な水源涵養面積の7,000haに到達し、現在では、サントリー「天然水の森」の総面積は7,600ha超えとなっています。

―   記   ―

▼商品名・容量・希望小売価格(税別)および梱包
 「サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング」
    500mlペットボトル    100円    24本

▼発売期日    2013年7月16日(火)

▼発売地域    全国

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先
 サントリーお客様センター
   フリーダイヤル 0120−139−320  〒135−8631 東京都港区台場2−3−3
 サントリーホームページ https://www.suntory.co.jp/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷