ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

2012年12月21日

〈ご参考資料〉

サントリーホールディングス株式会社

サントリー「天然水の森 おおさか島本」協定締結
―  サントリー山崎蒸溜所の水源涵養エリアの森林整備活動を強化  ―


 サントリーホールディングス(株)は、サントリー山崎蒸溜所(工場長:藤井敬久、大阪府三島郡島本町)の水源涵養エリアにあたる森林の整備活動を強化するため、12月21日(金)大阪府三島郡島本町および大阪府と協定を締結しました。

 当社は2005年に島本町および大山崎町、森林所有者、地域住民、学識経験者、ボランティアの皆様とともに「天王山周辺森林整備推進協議会」の設立に参加し、島本町と大山崎町にまたがる天王山周辺の森林(約250ha)において、水源涵養を目的とした森林整備活動を推進してきました。

 今回は、「天王山周辺森林整備推進協議会」が整備対象とするエリアとは別に、島本町の町有林および財産区有林、大阪府と島本町が契約する府行造林地のあわせて約35haをサントリー「天然水の森 おおさか島本」として、森林整備活動を開始するものです。「天王山周辺森林整備推進協議会」と平行して、植生調査の実施や人工林の間伐、作業道の開設など、水源涵養機能の向上を目指した総合的な活動を実施していきます。

 当社は今後も引き続き、全国13都府県16ヶ所にわたるサントリー「天然水の森」において、科学的な知見を共有しながら、より質の高い効率的な水源涵養活動を推進していきます。

<サントリーの水源涵養活動について>
 当社は「水と生きる SUNTORY」をコーポレートメッセージに掲げ、水および水を育む自然環境との共生を目指した企業活動を推進しています。サントリー「天然水の森」は、地域や学識経験者と連携しながら、水源涵養林として高い機能を持つ森に育てるとともに、生物多様性を保全する活動です。主に工場の水源涵養エリアで実施しており、2011年には、工場で使用する以上の地下水を育み、水資源のサステナビリティを守るのに必要な水源涵養面積の7,000haを超え、現在では、サントリー「天然水の森」の総面積は約7,600haとなりました。

〈ご参考〉サントリー水源涵養活動についてはこちら

―   記   ―

サントリー「天然水の森 おおさか島本」

▼対象エリア:大阪府三島郡島本町大字尺代・大沢

▼面積:約35ha

▼活動内容:人工林の間伐、作業道の開設、広葉樹林の整備、土壌流失防止対策など



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷